注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

40代から始めても遅くない、マネープランと老後資金積立

公開日:  | 0件のコメント

老後資金、貯められていますか?

40代というとプライベートなども安定し、ベテランとして企業の中核を担うという人も多いだろう。しかし、一方で収入に今ひとつ満足していないという人も多いというのが実情だ。

しかも子どもは中学・高校・大学などにも進学するため教育費がかさみ、さらに住宅ローンの返済も引き続き行っていかなければならず、家計は苦しい状況が続いていることだろう。独身者であってもこのまま独り身が続いてしまうのだろうかと将来に不安を抱いている人もいるかもしれない。

総務省の家計調査によると、1ヶ月の平均収入が最も多いのは50代、次いで40代になるのだが、その分支出も増えており、家計収支で見ると実は収入の多い40〜50代に比べて30代の方が収支が多くなっている。

つまり、その分お金にも余裕があるということだ。以前は子どもが大学を卒業してから自身が定年退職するまで5〜10年程の時間があったため、その間に老後資金を貯めていけば問題なかった。退職金で住宅ローンをまとめて返済しても老後資金は残っているため、生活は十分に送ることができる。

しかし、現在では晩婚化の影響からか定年退職後であっても子どもの学費負担が残っているケースは少なくない。住宅ローンは返済できたとしても老後資金を貯めている余裕がなかったため、老後資金がゼロの状態で老後生活をスタートしなくてはならない世帯が増えてきているのだ。

また、50代で老後資金がないことに気付き、急いで貯めようとハイリスク・ハイリターンな投資商品に手を出してしまう人もいる。もちろん、余裕のある段階でこうした投資商品に手を出すことは問題ないが、余裕のない中でこのような商品に手を出してしまうと損失を出してしまった時の影響はかなり大きい。

もし余裕があるなら、株式投資もおすすめできる。例えば以前紹介した、TMJ投資顧問、投資顧問ベストプランナー、雅投資顧問ならサポートも充実しているので安心して利用できるだろう。

40代からでもマネープランを作ることは遅くない

お金に余裕のない状態で50代を迎えるよりも、40代からマネープランを作成し、50代・60代に向けて備えることは重要である。

40代からでは遅いのではないか?と思われるかもしれないが、40代からでもマネープランを作成することは決して遅くはなく、むしろ50代から焦って始めるよりも十分備えられる時間があると言える。では、どんなことから始めれば良いのだろう?

まず、現在の家計支出と将来の家計予算を出すことから初めてみることが大切だ。大きな生活の変化がない限り現在の家計支出と5年後・10年後の家計支出はあまり変化はないと言える。

しかし、子どもの成長によって支出が膨らむケースも十分に考えられるだろう。こうした変化がいつ起こるのか、今は必要だが将来減えらせる費目はないのかをチェックすることで支出を抑えることも可能である。

40代だからこそやっておくべきこと

40代の今だからこそ、できることはたくさんある。例えば、医療保険の見直しは50代で慌てて行うよりも今の内にどのような商品があるのか、比較検討しながら商品を見直していくことで自身に合った保険を選択できる。

20代の頃から同じ保険をそのまま使っている人や子どもの年齢を考慮せずに保険期間を設定しなかった人は保障額を十分に確保できない可能性もあるので注意が必要だ。家族の現在に合わせて、そして将来ライフスタイルはどう変化するのかも考慮しつつ保険の見直しを行うべきだろう。

また、40代からでも老後積立は行っておくべきと言える。どうしても住宅ローン返済や教育費などにお金をかけてしまい老後資金には手を回しにくいが、並行して準備しておくことが重要である。企業に財形制度が用意されているようなら「財形年金」を利用するという手もあるだろう。

また、そうでない場合も「確定拠出年金」を利用すれば所得税や住民税の節税にもつながり、受取開始も60歳からと途中で引き出すことができないため、しっかりと老後資金にまわすことができる。40代は支出が多い時期でもあるが、だからこそ老後資金のことも考え、投資をうまく取り入れていくべきと言えるだろう。

 

コメントを残す

four × three =