注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

サラリーマンが不動産投資で失敗しやすい3つの理由

公開日:  | 0件のコメント

不動産投資で失敗してしまう理由

投資にも様々な方法があるが、中でも近年サラリーマンを中心に人気が高いのが不動産投資である。マイナス金利であっても高利回りで不労所得を得られるという理由から手を出す人は多い。

しかし、手を出す人が増えてきた分、失敗している人が多く見られるのも実情だ。不動産投資で失敗してしまうのは何故なのか、原因を探ってみる。

まず一つ目に、空室がなくならないという点だ。不動産投資において不労所得を得るためには、賃貸物件の空室をなくさなくてはならない。ではどうすれば空室がなくなるのかと考えると、多くのオーナーは「家賃を下げれば空室はなくなる」と考えるだろう。しかし、実際に家賃を下げても空室が埋まらない可能性は十分にあり得る。

特に、築古のアパートを安く購入した場合、家賃を低く設定したとしてもローン返済との兼ね合いは取りやすいだろうと考える人も多い。しかし、築古のアパートがなぜ安い価格で販売されているのか考えると、必ずそれ相応の理由が隠されているのだ。

アパートを選ぶ人はどのようなことで選ぶかというと、「とにかく家賃の安いところ」というよりも、家賃と設備や清潔さ・間取りなどといった住環境とのバランスを見て借りることが多い。

家賃がいくら安くてもボロボロで間取りも狭いところはなかなか選ばれないが、それなりの家賃の高さであっても設備や清潔さなどのバランスが取れていれば借りる人もいるだろう。しかも家賃を下げると周囲の競合物件も同様に家賃を下げてくる可能性が高い。

家賃が下がれば入居者の質も下がってしまい、家賃滞納が発生する恐れもあるだろう。つまり、値下げすることで悪循環を引き起こしかねないのだ。

物件管理は管理会社に任せるべきか、自分で行うか

二つ目に、物件管理を全て自分で行った場合の失敗が挙げられる。不動産を購入する際に家賃滞納などのリスクを割けるため、毎月の手数料を支払えば管理委託をしてもらえる場合が多い。しかし、この管理委託をコスト削減のために自身が行ったとしよう。

最初は特に家賃滞納などの問題は起きていなくても、いつトラブルが発生してしまうか分からない。自身で管理することになると、その入居者に対して電話をかけたり訪問したりして家賃回収を行うのは全て自分で行わなくてはならないことになるのだ。

そうなると、自身の負担はかなり大きいものになってしまう。特に不労所得だけで生活しているのではなく、サラリーマンとして仕事をこなしながらもこうした物件管理を行うのは身体的にも精神的にも辛いものになってしまう場合がある。

好立地でも家賃を下げなくてはいけない可能性も

三つ目は、好立地・好条件であったとしても家賃を下げなくてはいけない可能性があるという点だ。なぜ好立地・好条件であったとしても家賃を下げなくてはならない可能性が潜んでいるのだろう?その理由として、好立地であるために周囲に多くの競合物件があることが考えられる。

不動産業者は人気の土地・エリアを中心に賃貸アパートやマンションの建設をどんどん増やしていこうとする。そうなると、周りには競合物件がひしめき合うことになってしまうのだ。

しかも、いくら好立地であったとしても物件数がニーズを大きく超えてしまっては空室が増えてしまうのも無理はない。新築物件だと家賃設定も比較的高くなってしまうばかりでなく、ローン返済との兼ね合いを考えるとなかなか家賃を下げられない状況に陥ってしまうのだ。

供給過多な地域は意外と多く、名古屋などのベッドタウンでもこのような状態になってきていると言われている。

サラリーマンで不動産投資を考えている人は、上記のような失敗をしてしまう可能性があるため気を付けた方が良いだろう。ただ、成功している人がいないわけではないので、不動産投資は不動産業者の言いなりにならず、自分で慎重に判断するべきだ。

不動産投資に自信が無い人には、株式投資も選択肢に入れてはいかがだろうか。資産運営に自信がない人も、サポートが充実している投資顧問は探せばあるものだ。例えば以前当サイトでも紹介した雅投資顧問TMJ投資顧問、そして投資顧問ベストプランナーなどがおすすめである。

コメントを残す

eighteen − thirteen =