注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

経済の長期的衰退に陥ってしまった日本…その理由と対策手段

 | 0件のコメント

日本が長期的衰退に陥ってしまった理由

これまで終戦後は高度経済成長期によって日本は世界の先進国として並べられる程の国家へと進化を遂げていった。

しかし、現在はそこから徐々に下り坂に入っており、国際社会の中で日本の立場はどんどん低下していくのではないかと考えられる。

なぜ、日本は衰退という流れに陥ってしまったのだろうか?

 

理由として考えられる点がいくつかある。

一つは中央集権が現代にそぐわない昔の組織体系を維持しているという点だ。

例えば、中央集権だけではなく企業でも言えることだが、組織の中には未だに「年功序列」という制度が見られ、若手よりも長年勤めてきた者を大事に扱う傾向がある。

もちろん、それが必ずしも悪い作用を起こすわけではないのだが、若い意見が取り入れられない日本は、いつまで経っても昔の制度が残ってしまっているままになってしまう。

 

さらに、海外では既に多くの国でフィンテックが取り入れられているが、日本は先進国にも関わらずフィンテックの導入に遅れを生じているという点も挙げられる。

これは、銀行側がフィンテックを導入して儲けることを考える前にクレジットカードを導入して儲けていること、そしてATMが整備されており、海外の銀行に比べて国民が抱く銀行へのイメージが悪くないため、フィンテックへの導入が遅れてしまっているのだ。

 

今、注目されるフィンテックといえば、仮想通貨やクラウドファンディング、ネットバンキング、電子決済などが挙げられる。これらは今ようやく日本でも広がり始めているが、諸外国に比べると遅れている感は否めない。

 

成長が目覚ましい中国との比較

衰退の一途を辿っている日本と比べ、現在中国の経済成長が目覚ましく発展してきている。

ただ、本当に中国の経済は成長しているのだろうか、日本よりも発展してきているのかと疑問に思う人もいるだろう。

 

例えば株式を公開してから10年未満の比較的新しい企業の時価総額を見てみると、日本が0.6兆ドルに対し、中国は2.8兆ドルという数字を出している。

また、フィンテックの一つでもあるモバイル決済に関しても、中国の規模は1000兆円であり世界中のモバイル決済割合の約半分が中国で占められているのだ。

この中国のモバイル決済の規模は、日本のGDPと同じくらいの規模と言われており、規模の大きさが分かってくるだろう。

 

現在、一人当たりGDPに関しては日本が3.9万ドル、中国は0.8万ドルと、日本の方が圧倒的に高い数値として表れている。

しかし、日本の一人当たりGDP水準は90年代後期のデフレから全く上昇しなくなり、2010年半ばになってようやく持ち直してきたものの、諸外国が約2倍にまで伸ばしている水準を、日本は1.3倍にまでしか上げられていないのだ。

これでは、中国にいつか追い抜かれてしまうことも十分考えられると言えるだろう。

 

日本が経済で成長していくためには

中国の目覚ましい経済成長によって既に日本を追い抜いてしまっている部分もあるが、日本が経済で中国を含む諸外国に負けないためにはどうすれば良いのだろう。

 

優先すべきことは、日本の若者が抱く将来への不安を取り除くことだ。現代はインターネット社会であり、誰でも起業しやすい時代ではあるのだが、多くの若者がそれをしないのは将来に対する不安があるためだ。

国が若者を支援・サポートすることによって経済はどんどん活発化されていくだろう。

 

また、仕事が軌道に乗っていけば収入アップにもつながり、子どもの生みやすい状態を作り出すこともできる。

経済だけではなく少子高齢化対策にもつながっていくと言える。このように、日本は長期的にでも若者に対するサポート体制を充実させていくべきなのだ。

コメントを残す

5 − five =