少額でも株式投資はできる!投資スタートする方法とポイント

 | 0件のコメント

初めてなら少額からコツコツと

株式投資と言うと、高額な投資方法と感じてしまう方も少なくない。

そもそも株式投資は、単元100株から買うことができるが、実際に業績も好調な企業を見て見ると、最低単元100株で50万円を超える株価になっているところもある。

しかし証券会社の中には、100株以下で単元未満の株購入可能なサービスを提供しているところもあるため、無理に100株もの高額な投資から始める必要はない。業績好調の企業でも、1万円以下で株が購入できる場合もあり、初めてで少額から始めたいという方はそちらが適していると言える。

単元未満の株投資サービスでは証券会社によって愛称が付けられており、プチ株やまめ株などと呼ばれている。口座を所有している方であれば、買い付け余力を踏まえた上で何株でも購入可能だ。

株価は銘柄によって500円からあるため、予め予算を決めて購入することでコツコツと無理なく株式投資を進めていくことができる。

たとえ1株の購入であっても、正式な株主として登録されるため、配当金や銘柄によって株主優待の権利を持つものもあるが、株主総会や議決権などはなく、気軽に始めることができるのだ。

単元未満株から購入するためには?

では、単元未満株は実際にどのように購入すれば良いのか?

証券会社の口座を持っていれば、そこで単元未満の株を扱っているか確認する必要がある。

単元未満株の取り扱いがあれば、その中から選択して購入することもできるが、取り扱いがない場合は、単元未満株を扱っている証券会社で新たに口座を開設しなければならない。野村證券をはじめ、SBI証券やカブドットコム証券、マネックス証券などは単元未満株の取り扱いがある。

証券会社の口座を複数持つことについては、手数料が最も安い証券会社で取引できたり、幅広い金融商品の取引が可能となるため、メリットが多いと言われている。

証券会社の口座を開設したら、次に国内株取引画面で単元未満株を選択し、購入できる範囲で銘柄と株数を入力。預かり区分に関しては、単元未満であっても少額投資非課税制度のNISAで購入可能なため、安心して始めることができる。取引画面で注文内容を確認して注文すれば、取引成立を待つのみだ。

単元未満株の手数料が高め?

単元未満株を購入するにあたって事前に理解しておきたいのは、手数料についてである。

単元未満株は証券会社にもよるが10%以上のコスト比率となる場合が多く、手数料が高くなってしまうため注意が必要だ。

また、買い付けについては成行のみとなり、希望する株価の指値ができない。取引の途中の売買もできないため、前場寄り付きまたは後場寄り付きのみとなることも理解して頂きたい。

高額でなくても少額から株式投資を始めることは可能であり、自分のペースでコツコツ購入したいと考えている方にはオススメの方法と言えます。ただ、その分儲けだけを考えて短期投資をしたいという方は、100株単元などの投資方法の方が適していると言えるのだ。

株式投資の心得

そもそも株式投資をスタートするにあたって大切なことは、その企業の経営方針や将来を期待したり賛同したりする気持ちだ。

株式投資において単元未満株の購入をすることは、銀行の積立預金のような感覚で楽しむことができるだろう。

業績が好調な企業へ投資することで、連続増配となれば年々配当収入が増え、株価の大きな影響を受けるリスクも軽減できる。株式投資を始める上では生活資金に手をつけずに、余裕資金だけでゆとりを持って続けるということをしっかりと意識して欲しい。

損失を出したことで熱くなったり、生活資金を投入するようなことは避け、無理のない範囲で少額から始めるというのも1つの方法だ。

また自分一人で株式投資を行うことに不安があるなら、投資顧問のサポートを受けてみるのもいいだろう。以前紹介した投資顧問ベストプランナーTMJ投資顧問などが急騰銘柄の推奨や売買サポートに長けておりおすすめできる。検討してみてはいかがだろうか。