注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

今注目されている!iDeCo(個人型確定拠出年金)の始め方

 | 0件のコメント

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは?

近年、少子高齢化の影響で老後に不安を抱く人が多く、老後の資金を確保する1つの方法としてiDeCoが注目されている。iDeCoは個人型確定拠出年金で、簡単に言えば自分で作る年金制度のことだ。

加入者が毎月一定の金額の積立(掛金の拠出)をすることによって、あらかじめ用意された定期預金・保険・投資信託などの金融商品を自ら運用し、60歳以降に一時金で受け取るという仕組みとなっている。そのため、老後資金を作るためには最適な仕組みであると言え、老後の資金を自分でカバーしようとする考えの人も増えていると言う。

実際にiDeCoは老後の資金不足における資産運用の方法の1つとして位置付けされているのが特徴だ。近年、日本人の平均寿命は相対的に伸びていると言われている。しかし、長生きすればするほど老後の生活費もかかり、無職の夫婦の平均生活費は約23万円と言われている一方で、年金は20万円ほどで足りていない状況だ。

また、そこに入院治療費や介護費用なども含めれば、さらに負担が大きくなってしまうため、老後の資金として自分達である程度用意しておくことが必須となる。

iDeCoを始めるには?

iDeCoは、老後の生活費を毎月積立の資産運用でカバーすることを目的としており、iDeCoを扱っている金融機関で20歳以上60歳未満であれば誰でも申し込むことができ、加入資格かんたん診断を使えば資格対象者かどうか見極めることもできる。

投資対象商品は金融機関で異なるが、投資信託や保険が一般的だ。月々5000円から始めることができ、それ以上積み立てたい場合でも1000単位で上乗せすることができるが、職業によって上限金額が設けられているため事前に確認する必要があるだろう。老後給付金としての受け取りは60歳となり、解約は原則としてできない。

また、農業者年金の被保険者やiDeCo加入負荷の企業型確定拠出年金の加入者などは加入することができないほか、国民年金の保険料免除や納付していない人なども加入できないので注意が必要だ。

受け取るときには一時金として一括で受け取る方法と年金として受け取る方法、一時金と年金を組み合わせで受け取る方法パターンがある。iDeCoを始めることで、積立金額はすべて所得控除の対象となり、所得税や住民税の節税ができる。また、運用で得た定期預金利息や投資信託運用益は非課税となり、受け取るときには公的年金等免除・退職所得控除の対象となるなど、メリットも大きいのだ。

注意しておきたいデメリット

iDeCoのデメリットとしては、まず1つに60歳まで運用中の資金を引き出せないことがまず挙げられ、途中で解約することができないこともあり、老後資金以外では使わないという強い意思がなくてはできない。

また、iDeCoでは口座開設・維持にそれぞれ手数料が発生し、加入時に最低で2777円、運用期間中も月額167円の支払いがあり、iDeCoの取り扱いがある金融機関によっては、さらに手数料がかかる場合がある。

iDeCoは長い期間の投資になるため、トータルでかかる手数料についても意識して金融機関を選ばなければならない。iDeCoを始める場合は、生活費や教育費用などを除いた余剰資金で行うことが望ましいと言える。

iDeCoで利用できる金融機関は1社のみとされているので、老後までの長い付き合いとなる金融機関選びは非常に重要な選択なのだ。
加入時や運用期間中に支払う手数料や金額などをある程度把握し、手数料が安い金融機関を選ぶようにしよう。

またiDeCoの取り扱い金融機関によっては、WEBサービスやコールセンターなどサポートが充実している所もあるし、金融商品についても商品のバリエーションが豊富な金融商品機関であれば、加入者も選択肢が広がりやすいと言える。このような点を踏まえ、iDeCoを検討するようにしよう。