注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

投資で大損失・・|メンタルマネジメントを行う大切なポイントとは?

公開日:  | 0件のコメント

非合理的な行動は取らないこと

投資をしていた銘柄で大きな損失が出てしまった場合、多くの投資家は損失を取り返そうとする。そのような感情になるのは、誰でもあるため否定することはできない。しかし、その時に損失を出してしまった銘柄で損失を取り戻そうとする投資家が多いのは不思議だ。

人間の心理ではあると思うが、悔しさから同じ銘柄で取り戻そうとするのは非合理的であるとしか言えない。損失を出してしまったということは、銘柄の値動きを読み誤ったからなので、その理由を分かった上で同じ銘柄に投資するのであれば問題ないが、理由も分からないまま同じ銘柄に投資を繰り返してしまうのは手法として間違っている。

また、良いと思う銘柄を見つけたときに株価が上がりつつあるというケースがある。このような場合に、押し目を作ることを待っていると失敗してしまう傾向がある。上昇しきったタイミングで買ってしまうと、それが天井だったりするのだ。

この銘柄であればいけると思ったタイミングで買ったり、値上がりし始めた時点で買うことが出来なければ、非合理的な投資になってしまうのである。このような投資の仕方は感情的な手法であるため、一度冷静に考え、距離を置くことで大きな損失を防ぐことができ、メンタルマネジメントとしても有効と言える。

メンタルが強い投資家になるためには時間がかかる

投資を始めたばかりの人にとって、損失は非常に恐ろしいものであり、損失を出さないために必死になるはずだ。現在どんなに成功しているディーラーやトレーダーであっても、過去には何度も辛い思いや怖い思いをしながら投資をしてきたのである。

そのような投資家は、どのような失敗が損失につながってしまったのか、成功したトレードはどうだったのかなど毎日のトレードを振り返り、自分と向き合い続けてきた。投資を続けていくためのメンタルを鍛えるためには、自分と向き合うことがなによりも大切である。

相場の勢いに乗ってうまく稼げるタイミングももちろんあるが、それを実力だと思ってしまう投資家は難しい相場の時にうまくいかなくなる。投資は簡単に稼げるものではなく、リスクと向き合ってコントロールし、リターンを出すものだ。

相場と自分自身と向き合う力を身につけることで、失敗を次回のトレードに活かすこともできるはずだ。お金を稼ぎたい気持ちや大物トレーダーになりたい気持ちも分かるが、そこにたどり着くまでには長い道のりがある事を覚えておいて欲しい。

投資をする際のメンタルを身に付けるためには

投資をする際には弱いメンタルではすぐ心が折れてしまう。投資家として継続していくためには強いメンタルが必要になるが、そのメンタルを身に付けるためには時間がかかる

メンタルマネジメントがしっかりできている投資家は、どんな状況で売買するのか、どのくらいの損は受け入れることができるのか、収益はどのくらいを期待しているのか、どんなときにそれを実現できないのか、実現できない状況に陥ったときにどのような行動をすべきかが分かっている。

しっかりと投資や自分自身と向き合っていれば、起こる可能性がある最悪の状況を事前に知ることができ、仮に損失が出たとしても大きな恐怖や不安にはつながらない。損失に怯えて投資をするとどうしても消極的になり失敗を招く可能性も高くなるが、恐怖が少なくなれば冷静な判断をすることもできるため、トレードの成功率も高くなるだろう。

投資をする際のメンタルマネジメントを行いたいと考えている投資家は、しっかりとした投資のプランだったり行動のプランを立てる必要がある。

どうしても感情に支配されがちになってしまうが、自制心を持ち、冷静にトレードできる投資家は収益を得やすい傾向があるという認識で、自身のメンタルマネジメントにもつなげてみてはいかがだろうか。

コメントを残す

13 + 10 =