注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

コーア商事ホールディングス(9273)|IPO・初値・上場後の値動きについて考察

公開日:  | 0件のコメント
コーア商事ホールディングス株式会社 HP画像

コーア商事ホールディングス(9273)とは

コーア商事ホールディングス(9273)は、ジェネリック医薬品原薬の仕入販売、製剤の製造販売及び仕入販売、製剤に係る製造受託を手掛けている企業です。自社開発品のみならず、他の医薬品メーカーとの共同開発品の製造や販売を手掛けています。その上国内大手メーカー等からの製造受託を積極的に行っています。

ジェネリック医薬品を中心に、医薬品業界における多様なニーズに対応できる事業を展開する企業と言えるでしょう。

また今後はジェネリック医薬品のみならず、原薬・注射剤・医薬品包装受託・OTC(一般用医薬品)などの総合的な切り口からジェネリックのパートナーを目指していくとしています。

コーア商事ホールディングスのIPOにおける注目点とは

コーア商事ホールディングスは、2018年6月21日に東証2部に上場を果たしています。

上場前のIPOの概要は、以下のとおりでした。

IPO情報

公募株数 369,600株
主幹事 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
売出株数 189,600株
O.A分 55,400株
吸収金額 1,130,000,000円
単元株数 100株
仮条件 2,590~2,670円
上場市場 東証2部
業種 卸売業

IPOスケジュール

ブックビルディング期間 2018年6月5日~6月11日
公募価格 2,670円
購入期間 2018年6月13日~6月18日
上場日 2018年6月21日
初値 4,000円

コーア商事ホールディングスのIPO資金の用途は、医薬品製造販売事業を営む当社子会社の新規生産設備の購入設備資金、残額を当該設備資金借入の返済資金として充当予定との事でした。比較的資金用途が明確である事もあり、東証2部に上場する企業としては規模の小さい案件であると言えるでしょう。

上位株主にロックアップが掛かっています。ベンチャーキャピタルの保有は無いようなので需給面は悪くありません。したがってコーア商事ホールディングスのIPOは、公開株数も少なめである事から値動きが軽く、需給的に初値が上がりやすくなる想定がされます。

当初の想定価格が卸売業というセクターの割には強気である印象を受けました。つまりその時の全体相場はよほど悪くなければ、株価の躍進が見込めるという事ですね。

またコーア商事ホールディングスは、医薬品という今後の高齢化社会に正面から対応するセクターに属している点も市場の期待を後押ししたのかもしれません。

 

将来性に関して不安な面も

IPOにおける人気度を測ると、コーア商事ホールディングスは医薬品という分野でもそこまで高くないと考えられます。

何故なら原薬の仕入販売、製剤(医療用医薬品・一般用医薬品)の製造販売、および仕入販売、製剤に係る製造受託とは、あくまで製造、卸というポジションなので同社独自の強みに欠けるという印象は否めません。

また、将来性に関しても不安が拭えない部分もあります。

コーア商事ホールディングス(9273) チャート

コーア商事ホールディングス(9273) 業績推移

コーア商事ホールディングスは2015年に創立された新しい企業ですが、先2年度分の決算を見ると既に頭打ち感すら見えています。それでも当初の想定価格であった2,590円から換算すると、PER7.48倍・PBR0.7倍・配当利回り0.55%となっており、複数の類似企業と比較しても割安感があります。

類似企業のPER、PBR、配当利回り

類似企業のPER、PBR、配当利回り

初値の4,000円で換算しても、まだそこまで割高と言える水準ではないでしょう。ただ、2018年6月期の本決算予想が弱気となっています。

コーア商事ホールディングス(9273) 業績推移2

コーア商事ホールディングス(9273) 業績推移2

売上高成長率は-0.4%とまだまだ危険水準ではないものの、利益面での縮小率はさらに大きく経常増益率が-15.5%、最終利益変化率は-32.7%となっています。纏めると地味目の業態で業績の推移も今一つといったところですね。

これらは市場のセンチメントも積極的な取引を避ける方向に向かわせる要因にもなり、上場初日の株価推移に大きな影響を与えるかもしれません。

さらに6月21日は、SIGとzuuも同時上場する日となっています。この2社と比較すると、バックグラウンドに対する期待値に劣勢が見られる事で資金分散の影響を受けそうだという事。

また同様の観点から、コーア商事ホールディングスを初値から持ち越す価値を見出し難い事は疑いの余地がありません。

コーア商事ホールディングスの初値とその後の展開

コーア商事ホールディングスは先述のとおり、6月21日に東証2部に上場を果たしました。

コーア商事ホールディングス(9273)  チャート

コーア商事ホールディングス(9273)  チャート

初値は4,000円を付けほぼ市場予想の範囲内となりました。

大手の予想会社や市場の予想は、公募価格に幾何かのプラスという事で、概ね3,000円が予想されていました。そこから考えると、4,000円という初値はなかなかの快挙と言えるでしょう。この時点で株価は既に公開価格のほぼ1.5倍となっています。

その後は小幅に上振れるも、4,150円の高値を付けてからは利益確定の売りに押されていきます。まあそれも無理は無いのかもしれません。コーア商事ホールディングスの株価は、薄い期待値の中で予想を大きく上回る初値を付けたため、ここぞとばかりに利益を確定しようという動きが出るのは、想像に難しくありません。

さらに引き受け証券会社やベンチャーキャピタルの持ち分も無いため、買い支えられる事がありません。したがって、株価を上げたいという思惑が薄いため、成すすべなく売られる事となります。

 

上場日からは下落し続けている

上場日から3日間は反発もあったりと波も形成されていたものの、以降は毎日下窓を空けながら現在まで下落を続けています。ただ、当初の予想価格となっていた3,000円下では買いが入ってきている模様で出来高が増えています。

該当日となる6月28日には長い下髭を付け、株価はその日の高値付近で引けています。また、この水準では割安感も強まってくる事もあるため、買い意欲が出てくるのも必然と言えるでしょう。

もちろん現時点ではまだまだトレンドを転換させるような動意になっているとは判断出来ません。まずは前日の高値、および算出されだした5日移動平均線を超えるかが注目点となります。

ただ段階に入ってくると、IPOによる売り買いの思惑ではなく、コーア商事ホールディングス自体のポテンシャルが問われてきますね。そうなるとやはり弱い業績予想が市場の積極性を抑制する可能性は考えられますが、それでもバリューは割安ですので、コーア商事ホールディングスの株価は乖離縮小に向けた買いが入りやすい水準にある事は間違いないでしょう。

コメントを残す

seventeen + eight =