中・長期のトレーダー必見!将来的に株価上昇銘柄を見つけるポイント

 | 0件のコメント

株価が上がる銘柄を見つけるには

株式投資を行う上で利益を出すためには、比較的割安な銘柄の中で株価が将来的に上がるだろう銘柄を選んで購入し、株価が上がった時に売りに出すことを繰り返し行うこととなる。

まだまだ成長する可能性のある割高な株を購入するという手もあるが、やはりこれまで割安だった株が一気に値上がりしていった時、自分の分析・予想が当たっていたと考えると利益があった喜びだけではない嬉しさもこみ上げてくることだろう。さらに中・長期保有できれば高配当金を得ることもできる。

ただし、この銘柄を見つけるということは簡単なことではない。株価が上がる銘柄を見つけるためには、自分なりに企業やトレンドなどを分析していく必要があると言えるだろう。

では、今後株価が上がる銘柄を見つけるにはどうすれば良いのだろうか。単純に注目されている株を購入しても、結局他の人も買っているため割安とは言えない。そもそも株価が落ちるタイミングをまずは知っておくべきだ。

どのタイミングで株価が落ちるか判断できれば割安株を探す時も楽になる。例えば市場全体の株価が暴落している場合や市場内で他の企業が経営破綻・倒産に追い込まれてしまった場合、もしくは権利落ち日の銘柄も確認してみると良いだろう。

 

黎明期を迎えている市場を狙う

株価が上がる可能性のある銘柄を見つけるためには、まず市場を見つけることが重要だと言える。

中でも現在はまだ実用化に至っていない、もしくは研究段階、発売されて間もないといった商品・サービスを展開している企業があったとする。

認知度が低いとなかなか手が出しにくい部分もあるかもしれないが、こういった黎明期にあたる市場は今後株価が上昇する可能性は高い。

例えば、以前「自律走行車」の技術が出始めた頃、大きな注目を集めたがその後は少しずつブームが去っていったような印象を受ける人も多いかもしれない。しかし、現在自律走行車はすでに実用化を目指しており、近い将来自律走行車のシェアが拡大することも十分に考えられる。

このように、以前黎明期を迎え注目されていた技術は一時的に注目は去ってしまっても本格的に実用化されれば大きな株価上昇につながっていくだろう。自律走行車の例で見ると、自動車関連というより自律走行車は人工知能技術が必要となってくるため、AI関連の市場が現在大きく伸び始めている。

このことから、今の段階で黎明期を迎えている銘柄を割安な内に購入しておけば、今後技術開発が進み実用化への動きが見られるようになれば株価上昇も期待できるというわけだ。

 

今後伸びるだろう市場は?

今の時点であまり認知度は高くないものの、今後技術開発が進められていけば産業の革新に大きな影響を与えるかもしれないものは意外と多く見つかる。

こういった技術に注目している企業を見つけることができれば、将来株価が値上がりする銘柄を探し当てられるかもしれない。

例えば「5G」は現在実用化を目指し研究開発が行われている移動通信システムだ。

これまでスマートフォンなどでインターネットを利用する際は4G回線を使っていたが、5G回線になることによって移動通信におけるトラヒック量(ネット上を流れる情報量)は約1000倍以上にすることができ、これによってネットワーク環境は再び一変することになると言われている。5G関連の市場としては、例えばモバイルネットワークや関連機器メーカー、プロバイダなどが挙げられる。

またブロックチェーン技術も注目すべき技術の一つと言える。

ブロックチェーンというと仮想通貨をイメージするかもしれないが、仮想通貨にも利用されているブロックチェーン技術が幅広い分野の中で活用されていくことによって、機能向上など企業はもちろん、消費者にとっても嬉しいシステムとなる可能性が高い。そのため、ブロックチェーン技術を導入したシステムの研究開発を現時点で行っている企業に関しては注目していくべきだ。

特にブロックチェーンや仮想通貨関連などのテーマ株の選定は投資顧問ベストプランナーが得意としている。無料相談で将来性のある有望株を聞くのもいいだろう。

このように、様々な市場がある中で今後実用化が期待される技術を見つけていくことも、将来的に株価が上がる銘柄を見つけるポイントになってくるだろう。さらに長期保有すれば得られる利益は増大である。宝物を探すような感覚かもしれないがぜひ挑戦してみてはいかがだろうか。

 

コメントを残す

twelve − eleven =