注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

ビットコインを購入するメリットと最適な購入方法

 | 0件のコメント

ビットコインが急速に普及した背景

現在、ビットコインをはじめとする仮想通貨の話題をよく耳にするが、世界的に見てもビットコインは爆発的な広がりを見せていると言えるだろう。

それは単なるバブルではなく、様々なメリットがあるということが背景にある。ビットコインの送金にかかる時間は約10分と早く、トランザクションをビットコインユーザーが監視することにより安全性の担保を保つことができている。

また、国内送金の場合ネット銀行の普及に伴い一瞬で送金が完了するほか、海外送金であってもどこでも約10分で完了するのだ。

ビットコイン管理は、専門の管理会社に任せる必要があるが、手数料が非常に安いのもメリットではないだろうか。カード番号や住所の入力も不要で、個人情報が漏えいするリスクを回避できるため、安全性も高い。

2009年に運用が開始されて以降、すでに時価総額は1兆円にまでに上っているビットコイン。ここまで普及させた背景には、以上のようなメリットが大きいと言えるだろう。

 

ビットコインの購入方法

ビットコインを購入方法としては、いくつかの購入方法があるが、中にはクレジットカードやコンビニで入金を行うことで購入できるというものもある。

そもそもビットコインを購入するためには取り扱う仮想通貨取引所において口座の開設を行う必要があるが、取引所によって、個人情報を含む項目の入力を行い、手続きを済ませなければならない。

また、OTC取引と呼ばれる相対取引ビットコインATMなどは取引所を介さずに購入することができる方法である。ただ、ビットコインATMは導入台数が現段階で非常に少ないため、手数料も高いというデメリットもある。

そのため、ビットコイン取引においてはそのほとんどが取引所を通じて行われるケースが多く、取引所の口座開設を行えば販売所・取引所などで購入することができる。販売所での購入はその運営企業が定めたレートとなるが、販売所の提示する価格に合意すればすぐに購入できるというメリットがある。

取引所で購入する場合手数料が安く済み、販売所で購入するよりも有利なレートで取引できる可能性が高いのが魅力だが、数量では発注してもその条件に合う取引者がいなければ注文が成立しないこともあるため注意しなければならない。

 

クレジットカードやコンビニでも

クレジットカードでビットコインを購入する場合クレジットカードの決済枠を利用して取引することができるため、すぐに購入することができるというメリットがある。

だが販売所と同じく運営企業が定めたレートとなるほか、クレジットカード決済に伴うコストもかかり手数料が割高になってしまう。

取引所によって手数料は異なるが、中には10%を超える場合もあるため、事前に確認しておく必要があるだろう。

また、すべての仮想通貨取引所でクレジットカード購入ができるわけではなく、取引所によって購入可能額や使えるカードの銘柄に違いもあるため、デメリットもある。

コンビニでも仮想通貨取引所への入金が可能で、ビットコイン購入資金の入金が気軽にできるとあって利便性が高い。入金はすぐに反映され、機動的に購入を行うことができるのがメリットだが取引所によって手数料が割高になることも多いため、コストを含めた上で検討する必要がある。

またクレジットカード同様すべての仮想通貨取引所でできるわけではないため、対応可能な取引所なのか確認しよう。

便利な購入方法ほど手数料のコストがかかることが多いため、早急な入金の必要性やコスト、手間などを考慮してそれに合った購入方法を選ぶことが大切。

取引方法や入金方法を考えて仮想通貨取引所を選ぶ重要性も理解しておきたい。

コメントを残す

twelve − four =