武者陵司|中国経済などの調査レポートの評判は?

公開日:  | 0件のコメント

武者陵司の銘柄予想、実績を検証

武者陵司氏は、日本の投資ストラテジストです。

現在、ドイツ証券グループアドバイザー兼、埼玉大学大学院客員教授を務めています。

 

ストラテジー分析の特徴は、論理性と独自性の追求にあり、論理一貫、独立不羈、歴史的国際的視野をモットーとしています。

 

日本の株式市場においても、マクロ視点での分析が主となっており、武者氏が執筆するブログも国外に関するものも多いですね。

BLOGOS 武者稜司 記事一覧

BLOGOS 武者陵司 記事一覧

 

中国に対するネガティブな見解は論理的

中でも中国に関する記述は特に多く、最近では中国に対するネガティブな見解が目立つ印象を受けます。

 

論客まとめニュース YouTube

論客まとめニュース YouTube

 

要因となるのは、やはり米中貿易戦争としていますが、これにより武者氏は中国が追いつめられる主な理由を「アメリカは世界最大の顧客であり、お客様は神様である事」「唯一の決済手段ドルの威光が顕著になっている事」として挙げています。

 

一見、どこの専門家でも述べていそうな内容ですが、この二つは一貫した論理且つ普遍的な国際的事由であるため、まさに武者氏がこの2つの要因を大々的に挙げている様は、先述のモットーに忠実であると言えるでしょう。

 

武者氏は現在までに多くの著書を出版していますが、ここでも中国のネガティブな見解を記したものがあります。

 

武者陵司氏 書籍一覧

武者陵司氏 書籍一覧

 

この著書の中では、中国が技術・資本・市場のフリー・ライドで経済成長した国である一方で、米国がイノべーションを次々に生み出し、今日に於いてもインターネット・サイバー空間を作り上げ、ビジネスと人々の生活を一変させた程の地力を有している事に触れています。

 

中国は米国がフリー・ライドを禁止すれば成長が止まり、中国経済の黄金時代は終焉を迎えると述べられています。

 

武者陵司と投資顧問サイトとの関連性

公表されている部分においては、武者氏が投資顧問と関わりを持っているような情報は見受けられませんでした。

武者氏が運営しているのは、「武者リサーチ」という会社です。

 

武者リサーチ

武者リサーチ

 

「武者リサーチ」はレポート等を元にした投資戦略を提供しており、そこには武者氏のマクロ視点から見た理論が詰め込まれているとの事です。

 

昨今はまさに、米中貿易戦争の動向が相場に影響を及ぼしています。

 

そのような背景から、「武者リサーチ」の代表分析者である武者氏のレポートは、まさにタイムリーな内容であり、一部の投資家の間で評判になっていましたね。

 

その一方で「武者リサーチ」では、日本の株式市場をテーマとしたレポートも配信しています。

先述の中国に対する見解とは逆に、武者氏は日本経済の将来に対しては楽観的な見方をしているようですね。

 

そう考えると、「武者リサーチ」は投資顧問という直接的な立場でないにしろ、いずれ投資顧問業を生業とし出す事もあるかもしれません。

 

では実際の「武者リサーチ」からレポートを提供されている人の評判はどうか?

ネット等で色々探してみましたが、残念ながら傾向的な批評サイトのもの以外に見つける事は出来ませんでした。

 

シルバーホーク総評

既に論じる事が愚行と思える位、武者氏は非常に著名なストラテジストです。

武者氏の見解は質の高いものであり、且つストラテジストであるためアナリストが発信する見解と比較すると、より実戦的な印象があります。

 

ただ質の高さに平行して、内容が非常に専門的であるために、素人が実トレードに落とし込めるかと言えば難しいところでしょう。

 

慣れた人でも、長期的な目線で挑むしか選択肢は無いと思われます。

したがって、トレードのための情報ツールとしては正直向いていないかもしれません。

 

それでも月に15,000円という利用料に対する内容の充実度は高そうなので、トレードに限らず広範囲にわたる知識向上を深める目的なら良いかもしれません。

コメントを残す

7 − three =