貯蓄から投資にまわす資金の割合はどう決めるべき?

公開日:  | 0件のコメント

株式投資というのは当たり前のことではあるがそれなりの資金がないと行うことはできない。

例えば2000円の株を100株購入するとなると、最低でも20万円必要であり、さらに手数料などが差し引かれたり、1つの株に集中してしまうと損失した際のリスクが高まってしまうため、分散投資するための資金も必要となる。

そのため、多くの人はそれなりに資金がある状態で投資を始めることとなるだろう。

 

貯蓄から投資にまわす時、どれくらいの割合が最適なのか?

現在貯蓄がある状態で株式投資を始めようと考えた場合、どれくらいの割合を株式投資にまわせば良いのだろうか?

 

まず株式投資にまわす割合を考える際に気を付けたい点として、貯蓄がどれくらいあるのかを把握することが大切だ。

例えば貯蓄500万円持っている人と、貯蓄50万円持っている人とでは投資にまわす資金の量にも違いが出てくるだろう。そうでないと万が一損失した際に出費に耐えられる程度の資金がないと、借金を抱えてしまうことになるからだ。

 

少額から投資を始めることのメリット

現在、少額からでも始められる投資は増えてきている。

このようなものを利用することもできるが、手数料が高い場合もあるので気を付けなくてはならない。

そもそも、貯蓄が少ない人はまず貯蓄を増やすことに専念すべきだと言えるだろう。

 

 

どれくらいの貯蓄を確保しておくべきか?

貯蓄を投資にまわす割合というのは、各個人によっても異なるが、あまり多くの資金を投じてしまうとリスクを負ってしまった時の生活費がなくなってしまう可能性もある。

 

そこで、投資にまわす資金は、3ヶ月~半年程度の生活費に加えて急な出費に備えられるように100万円程度を合わせた貯蓄以外で行うべきだ。

100万円というのはあくまでも目安ではあるものの、例えば病気になって入院費がかかったり、冠婚葬祭に使ったりしなくてはならないことも考えられる。

 

 

投資はあくまでも余剰資金で行う

「備えあれば憂いなし」という言葉があるように、あらかじめそれくらいの貯蓄はキープしておくべきだと言えるだろう。

1ヶ月の生活費を20万円とした場合、3ヶ月で60万円に急な出費のための100万円がプラスされるため、160万円から200万円程度は貯蓄として残しておいた方が良い。

 

あくまでも投資に使えるお金というのは現在使う予定がない資金で行っていくことが重要だ。

例え少額だったとしても使う予定がある資金から抽出してしまっては、投資の意味もなくなってしまうだろう。

 

投資にまわす資金は年齢も考慮する

上記はあくまでも目安であり、必ずそうした方が良いというわけではない。なぜかというと、若い世代はもっと貯蓄から投資にまわす割合を高くしても問題ないためだ。

 

若い世代は損をしてしまったとしても、まだ働ける年齢であったり、お金を借りやすい年齢でもある。

もちろん、損をしないことが一番良いのだが、万が一大きな損失を生んでしまっても巻き返しを図ることも可能なのだ。

 

40代を超えてからの投資資金は要注意

しかし、40~50代となると話は変わってくる。

多くの人は家族を持ち、家や子どもにかかる教育費など、様々な出費も増えてくるだろう。それなのに若い世代と同じ割合で投資をしてしまうと万が一のことが起きた時に対応が難しくなってしまう。

40~50代は特に投資にまわす割合を少し減らし、資産自体が大きく減ってしまわないように注意すべきだ。

 

このように、貯蓄から投資にまわす割合は年齢を考慮しつつ、必要な分の貯蓄を差し引き、今使わない、もしくは今後使う予定がない資金から決めることが大切だ。

上記でも紹介したように現在は少額から投資できる商品も増えてきている。だからこそ、今一度貯蓄から投資にまわす割合を見直すべきなのだ。

 

ぜひ今回の記事を参考に、自身が生活に困らないための、貯蓄から投資にまわす割合を決めてみてほしい。

コメントを残す

13 + eleven =