注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

日経平均が下がる時、保有株はどうする?押さえる4つのポイント

公開日:  | 0件のコメント

株式市場における不測の事態によって、日経平均株価が下がってしまうことは考えられます。

今回は、日経平均株価が下がってしまった時に押さえておきたい4つのポイントをご紹介しましょう。

1:市場全体が下がっているのか確認する

株価

株価が下がる原因は2つあります。

・保有銘柄のみが下がっている場合

・株式市場全体が下がっている場合

株式市場全体が下がっている場合は、それから元に戻っていくことも考えられます。

しかし、保有銘柄のみが下がっている場合は期待している株価まで戻ることは難しくなっています。そのようなケースにおいては、損失を少なくする方法を考えると良いでしょう。

株価が暴落した際には、損切りをする勇気を持つことも大切だということです。

 

株価が下がることでパニックになってしまうかもしれませんが、株式投資を始める前に自分なりのルールを決めておくことで、冷静な投資ができるようになります。

 

2:株価水準の高低を確認する

株価水準

株価が下がってしまった場合は、損切りをする勇気を持つことも大切ですが、株価水準の高低を確認することも重要なポイントになります。

利益や配当、純資産に対して株価の下がり幅が大きい場合は、それに対応することは難しくなってしまうでしょう。その場合は、投資の縮小を検討することも必要になると言えます。

 

下落の許容範囲ラインを設定

株価水準の高低を確認するためには、企業の動向を把握する必要があります。

もしも、投資信託のような形で株式を保有しているのであれば、どの程度まで下落しても大丈夫なのかを確認しておくことも大切です。しばらく使用する予定がない資金であれば、許容範囲内の下落であればそこまで問題視する必要もありませ

 

リスクを見越した投資

株価が下がるという事実はすでに発生してしまった出来事なので、起こってしまった出来事に対してどう対応すべきかをはっきり決めるようにしましょう。

投資家の多くは、損してしまう可能性を意識して投資を行っています。大きな損失が出てしまえば、ショックを受けるのは当たり前です。

しかし、そのような時に損をしてしまうリスクを見越した投資をしていれば、その後の見通しも立てやすくなるはずです。

 

3:同銘柄への投資は非合理的

銘柄

保有している銘柄が大きく下がってしまった場合、多くの人は同じ銘柄で取り戻したいと考えます。

株価が下がって損をしてしまったということは、値動きを見誤ってしまったからです。もしも、値動きを見誤ってしまった原因を把握できているのであれば、同じ銘柄での取引も非合理的だとは言えません。

しかし、同じ銘柄で巻き返したいからという理由で原因を探らなければ、同じミスを犯してしまう可能性もあるでしょう。損をしてしまった場合には、どのような理由が考えられるのかを見直し、これからの投資に活かすことが大切ということです。

 

買うタイミングの見極め

また、この他にも非合理的な投資方法はあります。良いと思う銘柄が見つかった時、買うタイミングを見誤ってしまうことです。

気になり始めた頃には、段々と株価が上がっている銘柄の場合、買おうと思った時が一番高いという可能性もあります。そうなってしまうと、気になった時点で買っておけば良かったという気持ちになり、意地になって購入するということもあるでしょう。

 

感情的な投資は危険

「この銘柄であれば大丈夫だ」と思えた時点で、すぐに買うことがポイントということになります。

感情的な投資は、損を生み出してしまう可能性が高いので、相場をしっかりと見極て行く必要があるということです。

感情的な投資をしないためには、エントリーした根拠を忘れずに、自分がやりたかったことは何かを頭に入れておきましょう。そうすることで、揺れ動く相場の中で本来の目的を忘れることなく、合理的な取引を実現することができると考えられます。

 

4:焦らないためのメンタルセット

投資家の多くは、投資で成功したいと考えているはずです。

しかし、現在投資家として成功している人であっても、始めたばかりの頃は大きな損失を被った経験を持っています。

日経平均株価は予想に反した動きをすることももちろんあります。予想に反した動きをした結果、大きな損失を被ってしまったという経験を持つ投資家は少なくないはずです。

 

ミスから成長する

そのような事態を乗り越えるためには、メンタルを鍛える必要があります。

しかし、メンタルというものはすぐに強くなるものではありません。何年も投資を続け、何回もミスを繰り返す中で投資家として成長することができるのです。

 

相場と自分のメンタルの距離感

投資家として成功したいのであれば、焦ることなく相場と向き合い続けることが大切になります。

経験の中で、リスクのコントロールができるようになり、大きなリターンを得ることができるようになれば、自分自身が相場と向き合うちょうど良い距離感を見つけることができるでしょう。

株式投資をしていると、日経平均株価の変化にメンタルも左右されてしまいます。しかし、きちんと向き合い方を自分の中で確立することができていれば、万が一下落してしまった時も前向きな投資を行えるようになるでしょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。日経平均が下がる状況でも慌てない様に、これらポイントを押さえ投資を進めていきましょう。

4つのポイント

1: 市場全体が下がっているのか確認
2 :株価水準の高低を確認する
3 :同銘柄への投資は非合理的
4 :焦らないためのメンタルセット

 

その他には投資顧問会社を利用をする手もあります。含み損中の銘柄があれば無料銘柄相談を利用するなどし、ポートフォリオの整理を行うことも大事でしょう。

コメントを残す

nineteen + 2 =