注目のキーワード 株探 ニチダイで大損害

元手500万からの株式投資。勝つために大事な3つのポイント

公開日:  | 0件のコメント

資産運用を考えている方の中で、株式投資を視野に入れている方はどれほどいらっしゃるでしょうか。

株式投資は高リターンが期待できるため、元手を多めに用意できれば高い収益も期待できます。しかし、実際に始める場合、勝つために必要なポイントについて知っておくことも大切です。

今回は元手500万円の場合、株式投資で勝つためのポイントはどのようなことが挙げられるのか、ご紹介していきましょう。

投資積み立て

元手500万円投資を積み立てで考えると?

500万円の用意ができる場合、まず積立で計算してみると良いでしょう。

例えば、元手500万円で1年3%のリターンを20年間運用するとした場合、903万円となります。元手が500万円なので、もしダメだったとしても、魅力的に感じる方もいることでしょう。

 

当然毎月の積立額を多くすれば、それだけ利益も大きくなるということも理解しておかなければなりません。

同じように20年間運用・3%リターンで、毎月1万円ずつ積み立てしたとしましょう。

 

そうすると、500万円の運用で約1230万7000円になり、結果的に20年間で730万7000円の高リターンとなるのです。

これはあくまでも積み立て投資での計算ですが、株式投資の場合これ以上の高リターンが期待できるということにもなります。

 

勝つためのポイント

安く買って高く売るに尽きる

勝つためのポイント

株式投資の運用で勝つためのポイント1つ目は、安く買い、高く売るという基本の考えを持つということです。

 

ただなんとなく株を買う場合、その株の価値を理解する必要があります。

株の価値を理解し、適正な株価を考えおくことが最も重要で、目先の感情に左右されることなく、その株の銘柄が安いと判断できる根拠を見つけてから買うようにしましょう。

 

適性株価算出方法に関する知識を学び、現在の価格が高いのか安いのかを判断してみましょう。

株を安く買うことができれば、その分高く売れる可能性も上がるというわけです。

 

適性株価算出方法は、企業分析や銘柄選びの際にも役立ちます。

500万円という大きな元手が用意できるのであれば、損失を大きくしないためにも、しっかり知識を身に付けておくようにしましょう。

 

外国株式と国内の株式を両方買ってみる

株式投資をする際には、良く知る国内の企業の方が投資しやすいと感じる方も多いです。

しかし、外国株式は国内の株式よりも高リターンが望めるメリットがあります。

 

というのも、外国に上場している企業は非常に多く、成長が著しい国もあるからです。

国内の取引所に上場していなくても、証券会社の海外取引の口座を開設すれば日本から直接投資することもできます。

 

もちろん、国内に上場している外国株式は円建てで買うことができますし、個人でも購入しやすいのが特徴です。

外国株式には、海外の優良企業・成長企業に投資できるという点と、為替変動のリスクがあっても高リターンが狙える可能性が高いという点です。

国内の企業で、元手500万円でコツコツ稼ぐというよりは、外国株式と国内の株式を両方買って運用するというのも1つの選択肢と言えるでしょう。

 

投資顧問を利用する

投資顧問

元手が500万円もあれば、株式投資で失敗するのは避けたいと思うことでしょう。

 

そこでおすすめなのが、投資顧問を利用するということです。

株式投資では、負けないこと・失敗しないことを意識すればするほど、良い結果をもたらす傾向にあると言われています。

投資顧問は、投資で利益を積み続けるために、リスクを避けるための助言やアドバイスを受けることができるというメリットがあります。

 

投資顧問は、株式投資に関する投資のプロとして細かい市場調査や有力投資情報などをしっかりと分析した上で、資産形成に関するサポートを行ってくれるのです。

そのため、細かいリスクが重なり大きなリスクになる事態を避け、銘柄の展望や市場の動向を見ながら慎重に判断できます。

 

また、短期投資のデイトレードや短中期投資のスイングトレードなどといったトレードテクニックについてもしっかりと提供しているため、プロの目線から見たトレードテクニックを身に付けることができるでしょう。

株式投資をするにあたり投資情報を把握することは非常に大切なことです。業界でも実績の高い雅投資顧問などは、個人投資家では真似ることが難しい売買判断をしているためおすすめできるでしょう。

投資顧問の利用も1つの手段として考えてみてください。

 

投資顧問を選ぶ際の注意点

投資顧問は、株式投資を始める際に利用することを推奨しますが、中には違法業者もあるため注意が必要です。

投資顧問による事業運営を行う際には、金融商品取引業者の登録をする必要があります。しかし、登録を行わずに運営を続けている違法業者があるため、事前に金融商品取引業者の登録番号の記載があるかどうかしっかり確認しておきましょう。

 

また、違法業者を利用してしまった場合、個人情報漏えいのリスクが伴います。

検討している投資顧問業者が、個人情報の取り扱いについてしっかり管理しているかどうかも、判断材料にすると良いでしょう。

 

投資にも計画、準備が必要

投資計画

今回は、元手500万円で株式投資で勝つためのポイントを紹介してきました。

POINT

  • 安く買って高く売るに尽きる
  • 外国株式と国内の株式を両方買ってみる
  • 投資顧問を利用する

元手が500万円もあれば、分散投資もしやすいため、自身の判断で株を買うと言った方も多いかもしれません。

しかし、できるだけ株を安く買って高く売り高リターンにするためには、企業分析や銘柄をしっかりと分析し、株式投資に関する知識を付けておくことが大切です。

 

そのためには、投資顧問を利用して株式投資をサポートしてもらうのがおすすめです。

当サイトでも様々な投資顧問の無料銘柄相談の精度を検証してきましたが、先ほどの雅投資顧問の無料銘柄相談はおすすめできます。もともと機関投資家向けに運営していたこともあり、的確な回答でした。

また、優良企業や成長企業に投資するためには、外国株式を視野に入れてみるのも方法の1つです。

勝つための方法を知り、しっかりと計画を立てて投資するようにしましょう。

コメントを残す

two × 2 =