注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

【利用厳禁】悪質投資顧問の「5大」特徴はコレだ!

公開日:  | 0件のコメント

投資顧問を利用して、株式投資を行う個人投資家の方はいらっしゃると思います。投資のプロの方から助言を受けることができるため、心強く感じる方も多いのではないでしょうか?

その一方で、投資顧問のうちの7割は悪質な業者であるとも言われています。

 

悪質な業者を避けるためには、まず悪質投資顧問の特徴を理解しておくことが大切です。

そこで今回は、悪質投資顧問の5大特徴についてご紹介していきましょう。

 

金商の登録がない

まず、悪質投資顧問の大きな特徴として挙げられるのが、金商登録の表記がないということです。

株式投資に関する助言を行う場合は、財務局への申請をした上で許可を得る必要があります。

 

金商登録は公的な営業許可番号を取得するようなもので、営業資格を持っているという証明です。きちんと金商登録していれば、「○○財務局長・金商○○号」というような表記がされていることになります。

しかし、その記載がない投資顧問は、財務局に無許可で営業をしているということになるので違法です。情報閲覧だけに法外な費用を請求されたり、突然サービスが終了したりする危険性があるでしょう。

国内の投資顧問の中で、きちんと金商登録しているのは3割程度と言われており、残りの7割は悪質な営業をしていることになります。

 

電話サポートの対応が悪い

悪質な投資顧問は、電話担当者の言葉遣いが悪かったり、自社サービスの過剰な営業をしてくる可能性が高いです。

例えば、電話口で「うんうん、そうだね」などとタメ口で話したり、急に不機嫌になったりする場合です。

 

特に悪質な投資顧問は、利用者を「株式投資に無知」と認識している傾向があるため、上から目線で話し、しつこく勧誘してくることがあります。電話対応が悪いということは、投資顧問会社の社内教育が十分行われておらず、利用者の立場に立って物事を考えることができないということでもあります。

気になる投資顧問が悪質なのか確認する際には、まず電話口の対応を確認すると良いでしょう。

 

勧誘が多い・しつこい

上記でも触れましたが、自社サービスや有料会員への勧誘が激しく、しつこいといった点も悪質な投資顧問に見られる特徴の1つと言えます。

無料のメルマガや電話を通じて、有料プランへの勧誘を毎朝・毎晩繰り返すことも同様です。良い投資顧問会社は、質の高い情報を提供するために過剰な宣伝を行わないという傾向があります。

それは、質の高い情報は無料メルマガであっても同じなので、その情報の魅力を感じた場合は自ずと有料会員になってくれるからです。

過剰に無料メルマガや有料会員を集められないということは、質の高い株式投資の情報を持っていないということにもなります。

 

行政処分を受けたことがある

無登録のまま営業していたり、詐欺行為を行っていたりと違法な営業活動を続けていると、過去に何かしらの行政処分を受けているケースもあります。

特に悪質な投資顧問か疑われる場合は、過去に行政処分を受けた事実があるかどうか、しっかりと確認すると良いでしょう。

中には行政処分を受けたにも関わらず、その後も問題を野放しにし続け、無断で営業を続けているケースも少なくありません。

 

また、「口コミ」や「評判」を事前に調べてみるのもおすすめです。

悪質な投資顧問であれば、ネット上で被害について公開されていることがありますし、被害を受けた方々が集って法廷で争うことを前提にグループを組んでいることもあります。

マイナスな口コミや評価が多いという場合も、質の高い情報を提供してくれる可能性が低いため、避けるようにしましょう。

 

会社の所在地や責任者の名前がない

投資顧問会社は、基本的に問い合わせ先や会社の所在地、責任者の名前をホームページなどに記載しています。

しかし悪質な投資顧問の場合、「必ず」「確実」「100%」というような断定的な言葉を目立たせるばかりで、肝心な問い合わせ先や所在地、責任者が不明であるケースが多いのです。

 

問い合わせ先の記載があっても連絡がつかないといった例が実際にあるため、事前にサービス内容について連絡を取ってみるというのも1つの方法になります。投資顧問会社を決める場合は、まず会社の所在地や責任者、問い合わせ先についてもしっかり確認しておくようにしましょう。

 

優良投資顧問も存在する

今回は、悪質な投資顧問の特徴を5つ紹介してきました。

悪質な投資顧問会社に騙されないようにするためには、悪質な投資顧問を理解し、避けなくてはなりません。

金商登録を有している業者であっても悪質なサービスを提供しているケースもあるため、良質なサービスを提供しているかどうかは、今回挙げた5つのポイントから総合的に比較してみると良いでしょう。

悪質投資顧問の特徴まとめ

  1. 金商登録がない
  2. 電話サポートの対応が悪い
  3. 勧誘が多い・しつこい
  4. 行政処分を受けたことがある
  5. 会社の所在地や責任者の名前がない

投資顧問は約7割が悪質投資顧問と言われていますが、残りの3割はしっかりと金商登録をしており、質の高いサービスを提供している投資顧問もあります。例えば投資顧問ベストプランナーはその内の1つです。

 

国内には投資顧問は4000社ほどあると言われていますが、その中で金商登録をしている会社に絞ると約1000社あるとされているのです。

質が高い投資顧問は、安心して利用できます。まずは無料銘柄相談から試してみるのもおすすめです。

しっかりとした投資顧問を見つけるためにも、ポイントを参考に投資顧問選びを行いましょう。

 

コメントを残す

10 + nine =