シンボル(投資顧問)に大注意!※利用危険※な理由とは

公開日:  | 0件のコメント
シンボル
https://symbol-trade.com/

今回検証するのは、シンボルという投資顧問サイトです。

早速、無料会員登録をしてメンバーズサイトに入ると、不審な点がいくつも目につきます。※詳しくは後半にまとめています。

銘柄の推奨実績に関しては記載があるので、今回はこの中からサンバイオ(4592)を検証していきたいと思います。

 

サンバイオ(4592)の検証

サンバイオ(4592)

サンバイオ(4592)の業績を確認する

米国で創業したバイオベンチャーです。

主に、中枢神経系疾患領域の再生細胞薬を開発しており、現在は日本を核に再編しています。

再生細胞という、いわゆるテーマ株となります。

未知数が大きい分野である事もあり、サンバイオの事業の殆どは研究開発が占めています。

したがって、業績は基本的に赤字となっていますね。

2018年1月期は、前年同期比で大きく落ち込みましたが、2019年1月期においてはSB623の開発協力金収入等の収入の計上により、事業収益は飛躍的に伸びた事による大幅な減損が予想されています。

サンバイオ(4592)業績推移

サンバイオ(4592)業績推移

直近の第2四半期の決算でも、概ね当初の目論見通りの運びになっているようですね。

前年同期比から、大きく改善しています。

 

シンボルが10月17日にサンバイオを買い推奨したのは、恐らく前日の陰線から陽線に変わったことで、今後の値動きの流れが良くなる(上がっていく)と予想したためでしょう。

サンバイオ(4592)チャート

サンバイオ(4592)チャート

しかしこの時点では、一目均衡表の基準線と先行スパンに阻まれているため、動意と判断するのは早尚であると思われます。

 

結局、10月30日に3,115円の安値を付けています。

11月に入り、サンバイオが開発中の細胞治療薬「SB623」の日米での国際共同治験において、主要評価項目を達成したと公表した事により株価は急騰します。

サンバイオ(4592)急騰ニュース

サンバイオ(4592)急騰ニュース

サンバイオが11月8日を高値と判断したのは、3営業日連続のストップ高となっていることによる3空踏み上げ(3日連続で窓を開けて上昇している値動き)を考慮してのことでしょう。

 

ただその翌日の11月7日は寄り付きからほぼ上昇一辺倒であり、高値引けとなっています。サンバイオはこの日の手仕舞いを見送り、売りが強くなってきた8日で見切りを付けたのだと考えられます。

しかし上昇が一本調子でまだ一段な点、加えてドラゴンパターンでは8,000円が目安となるため、8日の見切りは早かったのではないかと感じてしまいます。

 

現に11月13日には押し目を付け、転換線のサポートにより8,000円に到達しています。

ファンダメンタルでも、サンバイオが主要評価項目を達成した事で、条件付き早期承認を目指すことが出来るようになるため、まだ売らなくても良い場面だったと言えるでしょう。

シンボルの投資判断は、投資顧問としてはどうも単調である気がしてなりません。

 

雅投資顧問などと比較すると、売買指示のタイミングは圧倒的に劣っているのがわかります。

 

シンボル(投資顧問)の基本概要

シンボル(投資顧問)の会員サイトは未完成?

シンボルに無料会員登録をしてメンバーズサイトに入ってみると不審な点がいくつか目につきます。

シンボル投資顧問メンバーズサイト

シンボル投資顧問メンバーズサイト

その中の「サービス案内」と「ご利用方法」というメニューは機能していませんね。もしかするとまだ未完成なのでしょうか。

ちなみに「提供情報」も変ですね。表示されるのは、テクノスジャパン(3666)に関する事柄です。

シンボル投資顧問提供情報|テクノスジャパン(3666)

シンボル投資顧問提供情報|テクノスジャパン(3666)

文章はフィスコからの引用となっていますが、独自性の求められる相場分析などではなく、あくまでIRの通知ですね。現にフィスコからの引用については株探などでもそのまま引用されていますので、問題にはならないでしょう。

 

しかし「情報一覧に戻る」というメニューがありますが、表示されるのは画像の2つだけで一覧と呼べるものではないですね。

シンボル投資顧問提供情報一覧

シンボル投資顧問提供情報一覧

これは、今までに情報の提供をしていた実績がほとんど無いというのは、十分な懸念点と成りえます。

 

運営はペーパーカンパニー

さらに、シンボルの運営会社であるCosmos mythology Limitedの登録所在地は、セイシェル諸島の私書箱となっていますね。

これはいわゆるタックスヘイブンのペーパーカンパニーです。

当然、日本において金商登録はできませんね。シンボルは無登録業者ということになります。

 

取扱商品と表記されている「情報レポートの販売」というのが、そんなコンテンツか判りませんが、先述のサンバイオのように銘柄推奨を行っている実績が事実であれば、シンボルが行っていることは投資顧問の投資助言業の範疇です。

 

シンボル(投資顧問)の総評

この会社は日本の登記ではない上に実態も無いので、やりたい放題です。

仮にシンボルに関わった人が何らかの詐欺に遭ったとしたら、訴えを出す人もいると思います。

 

しかし弁護士や警察も、他所の国のノミニーを付けているペーパーカンパニーの操作など、まともにするとは考え難いです。

それなりの被害件数にならない限り、まともに捜査すらされないでしょう。

 

実態が無いという検証結果も踏まえれば、ここまで悪条件が揃っているにも関わらず料金を支払って利用したいとまで考える人は皆無でしょう。

これまで様々な投資顧問を分析・検証してきましたが、投資判断力に優れた信頼できる投資顧問も存在します。

 

無登録業者を選ぶかどうかは個々の自由ですが、被害を受けても泣き寝入りになる可能性を十分理解しておく必要があります。

サイト名 シンボル
URL https://symbol-trade.com/
運営会社Cosmos mythology Limited
所在地P.O.Box 606,West Corendry House,Victoria,Mahe,Seychelles
運営責任者Lu Jinjin
メールinfo@symbol-trade.com
電話番号+448455280610
金商

コメントを残す

2 + fourteen =