注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

要注意な仕手株を見分ける方法を解説!手口や見抜くポイントとは?

公開日:  | 0件のコメント

仕手株と言うと、あまり手を出したくないと考える方も多いのではないでしょうか?

実際に、仕手株は資産を奪われてしまう可能性があると言われています。そこで今回は、仕手株かどうかを見極める方法について、ご紹介していきます。

 

仕手株を行う仕手筋の手口とは?

株式投資を始めたばかりの方は「仕手株が危険である」という認識はしていても、実際にどのような手口があるのかまでは分からないという方もいらっしゃるでしょう。

よくある手口としては、投資家にバレないように資金を集めつつ、突然株価を上げて利食いするというものです。そのため、仕手株を行う仕手筋は、仕手株かどうかの見分け方を把握しきれていない株式投資を始めたばかりの人を狙います。

 

具体的には、仕手株として比較的資金が集まりやすい銘柄を選び、それを数日~数ヶ月という期間をかけて投資家から資金を集めていきます。

株価が安いうちに目標株数に集め、株価を一気に引き上げます。株価が急に上がると、上昇した仕手株に投資家がさらに乗ってしまう可能性があるのです。高値で株価を買う投資家が増えれば、その分ランキングで上位になりさらに株価が上昇してしまいます。

 

仕手筋はそうして得た保有株を一気に売り、大きな利益を生もうと企んでいるのです。仕手株と気付かず高値で買ってしまった場合、一気に株価が下がり大きな損失を生む可能性があります。

仕手株では、株価が上がるような明確な理由がなくても上昇するという傾向があります。

実際に仕手株で損失を出した投資家は、株価の急騰を目の当たりにして波に乗ったパターンが多いです。しかし、その後株価が急落し、多大な損失を生み出す結果となっています。

株価は上昇スピードが急であれば、下がる時も急に訪れるケースが多く見られます。逆に、ゆっくり上昇した株価はゆっくり下がっていくため、損失が大きくなる前に損切りすることができるのです。

 

仕手筋に狙われやすい銘柄を見抜こう

まず、仕手筋にとって狙いやすい銘柄とそうでない銘柄とが存在します。

仕手株を見極めるためにも、まずは狙われやすい銘柄を理解することが大切です。

 

発行株数が少ない

仕手筋に狙われやすいのは、普段誰も気にしないような株です。

業績が悪い企業や出来高などによって、発行株数は変わってきます。このような銘柄は、株価を操作しやすいと判断されることが多く、仕手株になる可能性が高いでしょう。

 

低位株である

株価が安い銘柄の場合、1株100円やそれ以下という低位株も多く存在します。

しかし、これほどまで株価が安い銘柄の場合、値動きしやすいという特徴も持っているため、仕手筋に狙われやすくなります。

仕手筋は、利食いするために少しでも安い株を大量に買い占める必要があるため、普段投資家が誰も注目しないような銘柄で儲けを出すことが多いです。

逆に、投資家が普段から注目するような有名企業や大企業は、株価が高く株の流通量も多いため株価を操作しにくく、仕手筋からも狙われにくいと言われています。

 

仕手株かどうかを見極めるために

仕手株は、短期間で株価が急上昇し、その後急に株価が下がるという特徴があります。

では、仕手株を見極めるにはどのようなことに注意しなければならないのでしょうか?

 

仕手株の特徴として、株価が上がっているのに明確な理由がわからないという点が挙げられます。

それと同じように、出来高が増えているのに明確が理由がない場合、急に株価が上がりランキング上位に入ったがそれに伴う理由がないなど、仕手株には明らかに不審な値動きが見られるのです。

 

こうした特徴が見られた場合、たとえ株価が上昇しているからと言って手を出さずに、仕手筋が狙いやすい銘柄かどうか確認するようにしましょう。

株価が急に上がるということは、その企業に何らかの理由・材料があるのが一般的です。業績や出来高を見て、株価が上昇する理由があれば、安心して投資することができるでしょう。

 

株価が急騰すると多くの投資家はそれに注目し、自分もその波に乗ろうと考えますが、目先の株価だけを見て安易に手を出すことなく、しっかりと企業分析を行うことが大切です。

また、万が一仕手株と気付かず買ってしまった場合は、仕手株と気付いた時点ですぐに売って損切りするようにしましょう。

株価が下がり始めた時点ですぐに売れば、損失を大きくせずに済みます。損切りできずに持ち続けてしまうと、配当金も見込めず厳しい状況に陥る可能性もあります。

仕手株と気付いたら、その時点で損切りすることが重要です。

 

今回は、仕手筋の手口や仕手筋に狙われやすい銘柄、仕手株の特徴について詳しく紹介してきました。

株式投資を始めると、少しでも利益を上げようと上昇している銘柄の波に乗ってしまう可能性があります。しかし、株を買う時には企業分析仕手株の可能性をしっかり踏まえ、検討することが大切です。

 

仕手株かどうかをしっかりと判断できれば、大きな損失を出してしまうリスクを避けることができるでしょう。

コメントを残す

9 + 6 =