注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

戸松信博のIPO投資・速習マスタープログラム

公開日:  | 0件のコメント

IPO投資・速習マスタープログラムの講師はどんな人?

今回検証するのは、「IPO投資・速習マスタープログラム」というセミナーコンテンツです。

 

内容としては、IPOを行う上での基本知識や当選するためのテクニック、およびセカンダリー投資のノウハウをセミナーにて伝授するというものです。

プレゼンターを務めるのは、以前当サイトでも取り上げたことのある「グローバルリンクアドバイザーズ株式会社」の代表取締役である「戸松信博」氏ですね。

グローバルリンクアドバイザーズ株式会社 戸松信博氏

グローバルリンクアドバイザーズ株式会社 戸松信博氏

グローバルリンクアドバイザーズは、複数のアナリストが集結している第二種の金商登録のある投資顧問、および運用業者です。そこを束ねる戸松氏は業界でも著名人であり、その実力は株予想サイトなどで発揮されています。

戸松信博氏

戸松信博氏

戸松氏の特異な経歴としては、いち早く中国株に注目し投資研究を積んだ点ですね。中国株の取引は、一時期日本でも大流行しましたが、戸松氏は既に1999年の時点でインターネットによる中国株の情報配信を行っていました。

 

また、その分野では講演や出版物の執筆も多く手掛けています。

戸松氏 執筆書籍

戸松氏 執筆書籍

今や中国に限らず外国株全般、そしてマクロ経済の解説にも度々メディアに登場しています。

近年は「IPO投資・速習マスタープログラム」のほかにも「四季報トレード攻略プログラム」など、セミナーコンテンツの販売を何度か行っているようですね。

※「四季報トレード攻略プログラム」については現在サイトの公開が終了しています。

 

IPOの「当選確率を上げる」技術はあるのか?

先述の通り「IPO投資・速習マスタープログラム」は、IPOで利益を上げるノウハウを戸松信博氏が教授するという内容です。

 

基本的にIPOは、当選し初値で売れば高確率で利益を得られるものですが、この上に教示するとなるとIPO銘柄の選定の仕方を教えるのかと想像しました。

IPO銘柄の中でも、公開数量、ロックアップの有無、セクター等により、想定できる利益は大きく変わるためです。

 

もちろん、それも含まれていると思いますが、セールスレターに書かれている内容を見ると「当選確率を上げるための技術」と書かれています。

IPO投資・速習マスタープログラムより

IPO投資・速習マスタープログラムより

IPOに当選する確率を上げるための作業であれば、下記のようなことが思いつきます。

POINT

  • 証券口座の複数開設、および申し込み
  • 主幹事証券会社への応募
  • 申込数量の増強
  • 2回抽選に参加
  • 普段からの継続的な取引
  • 支店への申し込み

しかしこれらは、IPOに何度か参加したことのある人にとっては常識的な範疇であるため、これをわざわざ戸松信博氏がセミナーで話すのかというと疑問です。

そもそも「技術」と言う位ならかなりの高確率なハズでしょうが、果たしてそのようなものはあるのでしょうか。証券会社の支店長や役職者との裏取引くらいしか思いつきません。

 

セカンダリー投資における特別な方法とは?

続いて「IPO投資・速習マスタープログラム」では、セカンダリー投資におけるノウハウも伝授するとセールスレターに書かれています。

IPO投資・速習マスタープログラムより②

IPO投資・速習マスタープログラムより②

まず、セカンダリー投資の優位性を説いていますが、その内容は「上場した勢いによるさらなる上昇に乗る」というものです。

たしかに初値を付けた後に、勢いよく躍進する銘柄はありますが、逆に初値後に下落していくケースも少なくありません。それをあたかも「初値以降は上昇していくのが当たり前」と取れるような表現をするのは、いささか乱暴な気もしました。

 

しかしここでも「IPO投資・速習マスタープログラム」には、戸松式セカンダリー投資法という特別な方法があると綴っています。

ポイントは「板」と「歩み値」を見るとのことですが、上場したばかりの銘柄は目安が無い上に変動が激しいので、この二つをみるのは至極当然のことでしょう。したがって、何がそれほど特別なのか首を傾げてしまうところです。

戸松信博氏ほどの実力者が「特別」というのですから、その中にも優位性の高いロジックがあるのかもしれませんが。

 

「IPO投資・速習マスタープログラム」の総評

IPOはたしかに短時間の中で高確率で利益を獲得できる機会と言えます。

「IPO投資・速習マスタープログラム」は、テーマをそこに集約した具体性のあるものですし、講師が著名かつ実力者である戸松信博氏ということで、悪徳的な要素を疑う必要は無いと思われます。

ただ戸松氏は「簡単に気軽に身に付けられる技術ではない」「真似するだけで儲けられるほど甘いものではない」と述べています。それは当たり前のことなので、少なくとも再現性が高いロジックではないことが想像できます。

それを「IPO投資・速習マスタープログラム」の4時間のセミナーの中で、どこまで習得ができるのか…。

 

トレードにおける技術吸収に貪欲な人なら良いかもしれませんが、単純に利益を求めているだけの人にとっては、4時間で49,800円は高いと感じるのではないでしょうか。

利益を求めるだけならば投資顧問を利用して、投資判断を丸投げにした方が効率的かと思われます。

サイト名 IPO投資・速習マスタープログラム
URL https://toushi-school.net/tomatsu/sl1802cp-ipo/
アナリスト名 戸松信博
利用料金 49,800円
運営会社 株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿6-7-22エルプリメント新宿353
運営責任者 高橋 慶行
メール support@f-inte.jp
電話番号 03-6380-6063

コメントを残す

eleven + five =