注目のキーワード 株探 ニチダイで大損害

下落相場でどう動くべき?立ち回りやおすすめの投資顧問をご紹介!

公開日:  | 0件のコメント

初めての下落相場!適切な投資法で恐怖を減らそう

2018年の株式市場は、日銀の異次元金融緩和やコーポレートガバナンス・コードなどといった政策効果がようやく表れた時期で、消費者の購買意欲・企業の成長意欲が高まった年となりました。

アメリカの景気に引っ張られた形にもなったのですが、2019年は新年号を迎えるということもあり、株式市場にも何らかの影響がありそうです。

 

そこで不安になってくるのが、やはり下落相場になった時の立ち回りではないでしょうか?

株式投資に慣れている人であれば対応の仕方を熟知しているので問題ありません。

しかし、まだ株式投資を始めたばかりだという方にとって、今後下落相場に落ち込んでしまった時、どう対応していいか悩んでしまい、対応が遅れてしまうことでより大きなリスクを背負ってしまう可能性があります。

 

そこで今回は、下落相場で投資家はどのような動きを取るべきなのか、ご紹介していきましょう。

下落相場での投資法を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

信用買いされている銘柄はできるだけ避ける

銘柄企業

信用買いというのは銘柄企業に期待し、株を購入することを指します。

一見、信用買いが多い銘柄は株価が上がって利益を得られるように感じられますが、信用買いの場合だと買い方金利がかかってしまったり、最低保障金維持率を保つ必要があったりと様々なリスクが出てきてしまいます。

また、このような銘柄は現在以上に暴落した時に維持率を保つため未だ損切りできていない人が投げ売り、一気に株価が下がる可能性があります。

そのため、下落相場時に信用買いの多い銘柄は狙わない方が良いです。

 

決算ギャンブルは行わない

決算

決算ギャンブルとは、各企業の決算が発表される直前にその企業の株を買っておき、良い決算結果を期待して株価アップを狙っていく方法です。

 

その名前からも分かる通り、ギャンブル要素も強くハイリスク・ハイリターンとなっています。

しかも現在の相場観として、決算結果が増益だったとしても「好材料が出尽くしてしまった」ということで株価が下がってしまうことがあります。

決算報告で上がるのは、例えば数十%~数百%の上昇、これまで赤字だったものが黒字転換された場合程度です。

つまり、現在決算ギャンブルでの投資法を行ってもリスクが大きすぎます

 

いくらマイナス分を取り戻そうと思っていても、あまりにリスクが高い方法に手を出していては、利益を取り戻すことはできません。

ですから、決算ギャンブルは行わないほうが良いのです。

 

事前に損切り設定を行っておく

これは下落相場が来る前に行っておきたいことですが、事前に損切り設定を行っておくと良いでしょう。

事前に損切り設定を行っておくことで、下落した場合でもリスクを最小限に抑えられます

ただ、せっかく損切り設定を行っていたにも関わらず、下落相場になった瞬間パニックになってしまい、損切り設定を無視して自ら投資法を変えてしまう方がいます。

もちろん、それで上手くいくこともありますが、大抵は失敗してしまうでしょう。

 

例えば、暴落に巻き込まれてしまった時パニックを起こしてしまい、どうすればいいか分からなくなってしまいます。

その間にどんどん下落していき、あらかじめ決めていた損切りラインすら越えてしまう場合があります。

気付いた頃には大きく下落していて、その時ようやく売りを連打し、ようやく売れたと思ったらリバウンドしたというケースは少なくありません。

まずは慌てずに、自分の設定したルールに従って損切りを行えば最低限のリスクは回避できるでしょう。

 

下落相場に強い投資顧問を活用する

顧問

その時期のおすすめ銘柄を紹介してくれる投資顧問サービスの中には、下落相場にも強い業者があります。

そのような投資顧問を活用しておけば、今後下落相場になってしまった時にも安心です。

 

下落相場に強い投資顧問を活用したいという方は、様々な投資顧問を見てきた管理人としては「TMJ投資顧問」を活用してみていただきたいです。

以前に推奨銘柄の検証をしたのですが、TMJ投資顧問は下落相場での短期売買に非常に長けている印象があります。

TMJ投資顧問で1,600万円の利益!下落相場でも勝つ売買を分析

 

TMJ投資顧問には、無料で銘柄相談からコラム情報の閲覧ができるサービスもあります。

無料でもTMJ投資顧問に在籍しているアナリストが銘柄診断を行ってくれますので、まずは無料の範囲で試してみるのもアリでしょう。

 

ちなみに、有料会員にはさらに効率的な投資助言を行ってくれます。

例えば、下落相場時にどう対応していいか分からないという方も、TMJ投資顧問の有料会員になればその相場に合わせて最適なリスクマネジメントを取ることもできます

あまり株式投資に慣れていないという方には特に、下落相場にも強いTMJ投資顧問がおすすめです。

 

まとめ

下落相場での投資法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

下落相場になると、どうしても焦ってしまいミスを引き起こしやすいです。その結果、リスクもどんどん大きくなってしまいます。

できる限りそのようなミスを起こさないためにも、今回ご紹介した投資法を実践していきましょう。

また、そういった対応を自分が取れるか不安だという方は、投資顧問の活用も一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

one × four =