ミリオンストック投資顧問の評判は?推奨の1435の結果は

公開日:  | 0件のコメント

昨今、投資顧問にまつわる評判でTATERU(1435)の銘柄名がよく出てきます。どうやら複数の業者が同銘柄を推奨しているようですね。

今回は、ミリオンストック投資顧問による推奨経緯について検証してみようと思います。

ミリオンストック投資顧問のTATERU推奨日は10月15日です。

 

TATERU不祥事による急落で株価が割安化

TATERUは顧客の預金残高を改ざんしていたことが8月に発覚したため、株価が急落。

発覚当時に2,100円であった株価は、9月の前半には1/7の300円近くまで急落しました。

 

TATERU預金残高改ざん発覚後の株価急落

預金残高改ざん発覚後の株価急落

 

現在でもTATERUでは、特別調査委員会を設置し事実関係の究明に取り組んでおり、市場でも経過が注視されています。

 

特別調査委員会からの調査報告書受領時期に関するお知らせ|TATERU

特別調査委員会からの調査報告書受領時期に関するお知らせ

 

そのようなキナ臭い局面であるにも関わらず、TATERUは一部の投資家の間で人気化しています。

その理由は、不祥事による急落で株価が割安化していることによります。

TATERUは、2018年12月期第二四半期の決算において、売上高が第二四半期時点で過去最高、営業利益も前年同期比で119.9%を達成するという好業績を達成していました。

2018年11月12日に下方修正されましたが、今回取り上げるミリオンストック投資顧問が推奨対象とした時期は、まだその下方修正はされていません。

上昇余地も十分にありますし、多くの投資家が反発狙いで買い始めている頃です。

 

ミリオンストック投資顧問の投資判断を検証

ミリオンストック投資顧問がTATERUを推奨したのは、10月15日です。

 

ミリオンストック投資顧問 買い推奨

ミリオンストック 買い推奨

 

ミリオンストック投資顧問が買い判断に至った根拠を分析してもこれと言った要素が見当たりません。

あえて言うなら、少しづつ株価が下がっているなかで前日の12日に少し長めの陽線が発生し株価が上昇したことをミミリオンストック投資顧問は動意と見たのかもしれません。

そして15日の終値はほぼ安値で引けるも12日の安値は割り込んでおらず、加えて移動平均5日線と25日線が接近していたことからゴールデンクロス短期の移動平均線が、長期の移動平均線を上に抜ける現象)を目論んだ可能性も考えられます。

しかし、これは叶っていませんね。ミリオンストック投資顧問が思った通りの反発は起こらず、再度株価は下落相場に戻ります。

 

そもそも5日線も25日線も下向きの確度が強いので、ここで交差しても上に抜けることは考えにくくゴールデンクロスが成立したとは言い難いでしょう。

また、12日に株価が上昇し陽線の伸びがあったとはいえ、それはあくまで一時的なものであり、実線ベースでは売りに押され、2日前の10日の高値を突破できていません。

したがって、反発する可能性は非常に薄いと言えます。

 

ミリオンストック投資顧問の買い判断はまったくもって浅はかと感じました。

ミリオンストック投資顧問の他にも大反発を目論んで買い参戦する業者はいくつかありましたが、この下落基調で利益を取るのは簡単なことではないでしょうね。

 

TMJ投資顧問の推奨経緯を考察

TATERUは、ミリオンストック投資顧問以外にも、TMJ投資顧問でも推奨していました。ミリオンストックよりはだいぶ早い段階での取引ですが、このリスクを多く含む相場でもしっかり利益を確定させていました。

TMJ投資顧問は、他銘柄の取引でも短期の取引判断に特に長けていましたが、今回はその得意分野がピッタリとはまった的確な推奨だった印象です。

同投資顧問が、TATERUを買い推奨をしたのは9月13日。この日はまさに株価急落後の下値を付けていますし、一目均衡表の26日目の変化日にも当たるので、反転が期待できるポイントです。

 

TMJ投資顧問 買い推奨

TMJ 買い推奨

 

つまり、その反転の起点をピンポイントで見事に捕えたということですね。案の定、その後株価は反発していきます。急落直後なので必然と言えばそれまでですが、ここが最も反発が大きい買い場でした。

先述のとおり、多くの投資家達が反発を狙ってTATERUに挑むも敗れたのは、恐らくこれより後の話でしょう。

当時のPER(株価収益率)9.74倍という割安水準に一部の投機家が乗ってくるのも、急落直後という売りが少ない状態であったことによって成せることです。

 

しかし株価が一度反発すれば、当然のように売りが増えてきます。

売り買いが拮抗してくれば、株価自体が低位に落ち着くため、大反発は時間が経つごとに望めなくなっていきます

だからこそTMJ投資顧問は最初の反発のみを狙って買い参戦し、早々に利益を確定させたのでしょう。早々とは言っても株価は+156.0%上昇し充分な利益を確保できています。

このTATERUの推奨では、TMJ投資顧問の特に短期取引の判断精度の高さを見せつけられることとなりました。

 

総評

今回は、TATERUのようなチャンスとリスクが混在している銘柄に対する投資判断の仕方に大きな違いが出たと思います。結論から言うと狙える局面はどこかを理解しているかどうかです。

TATERUに対しては、少なくない数の投資顧問が反発を目論んで参戦しているそうです。しかしそれは叶わず、慢性的となっている下落基調に苦しめらているみたいですね。

 

チャートを見れば解るとおり、今回検証したミリオンストック投資顧問は狙い所を見誤っていると言わざるを得ません。

ミリオンストックはネット上の至るところで宣伝をしていますが、今回の推奨経緯を見ていると口コミなどの評判がイマイチなのも頷けてしまいます。

 

やはり利用料を支払うのであれば、今回のTMJ投資顧問のように狙い所をわきまえて居る投資顧問を利用したいものですね。

 

サイト名 ミリオンストック投資顧問
URL http://million-stock.jp
運営会社株式会社NEO
所在地東京都渋谷区渋谷 3-26-18 矢倉ビル 5F
運営責任者稲垣明徳
メールinfo@ask.million-stock.jp
電話番号03-6450-6268
金商関東財務局長(金商)第2801号

コメントを残す

15 − 13 =