5G関連銘柄|急騰間近!?人気テーマの注目銘柄を公開

 | 0件のコメント

次世代通信規格「5G」の関連銘柄が再び脚光を浴びそうな気配です。

既に韓国では、商用でも5Gがスタートしており、日本も2020年の東京五輪やIoT化により動きが加速してきています。

今回は5G関連銘柄の注目銘柄を厳選公開。

次世代移動体通信システムである5Gとは?

5Gとは、世界で開発されてきた移動体通信システムの第5世代目という意味です。

それ以前にある4Gまでの移動体通信システムとはどのように異なるのでしょうか?

 

4G以前は商用化が急務だった

2G(第2世代)にデジタル化されてから今回の5世代目に至るまで、通信システムは進化してきました。

特にスマートフォンが誕生して以降の高度なデータ通信システムの需要は、度重なる様々な高性能機種の登場もあり飛躍的に巨大化。

回線数の増加も手伝って、商用通信システムの強化が急務となっていきます。

その証拠に3Gから4Gへの移行は、世間の需要に対して実用化が間に合わず、「LTE」というデータ通信のみに特化した新システムを介しました。

その後改良を重ねたLTEが、今日使われているの4Gとして誕生することになります。

5G 関連銘柄 4GLTE

5G 関連銘柄 4GLTE

 

5GはIoT社会に必須の次世代規格

2019年に日本でも商用化予定の5Gは、単なる通信を高速化したシステムではなく、間近に迫るIoT社会を想定したものとなっています。

例えば4Gがスマートフォンのための通信システムと位置付けるなら、5Gは全ての端末、およびアプリケーションのためのシステムと位置付けられます。

IoTは、スマートフォンやPC等の従来の通信デバイスのみならず、家電から自動車といった身の周りに存在するあらゆる物をインターネットに繋げる構想です。

5G 関連銘柄 IoT

5G 関連銘柄 IoT

したがって、全体のデータ通信料が飛躍的に拡大することは火を見るより明らかです。

またNTTドコモが5Gを利用したクラウドを開発したことからも解るとおり、5Gが実用されることでクラウド上での活動も飛躍的に増加するでしょう。

いわゆる5G自体が新しい社会を創造する胆であり、5Gを活用した新しい社会づくりの一翼を担おうとしている企業も多数存在しています。

 

大きなポテンシャルを秘めた5G関連銘柄

5Gは、これから社会の大部分に浸透するであろう媒体であるため、無限の需要が予想されます。

その予想に対し、先んじて開発等を行っている5G関連銘柄の株価は、いつ躍進してもおかしくない状況にあると言えるでしょう。

既に市場でも5G関連銘柄の物色は行われていますが、比較的出遅れ感のあり、急騰する可能性が高いと思われる銘柄を挙げてみたいと思います。

 

フェローテックホールディングス(6890)/JASDAQスタンダード

主力事業は、太陽電池や半導体設備向けの部品の製造です。

半導体装置向け部品に使われる真空シールは世界シェア6割で、装置や材料、消耗品も手掛けています。

5G,関連銘柄 フェローテックホールディングス(6890)/JASDAQ

5G,関連銘柄 フェローテックホールディングス(6890)/JASDAQ

2018年は下降の一本調子でしたが、途中に戻りが見られません。

直近安値を鑑みても、そう少し下落余地はあるかもしれませんが、戻りからの下落が一服すれば、だいぶ安い水準で反転を期待できることになるでしょう。

 

JIG-SAW(3914)/マザーズ

クラウドやサーバーを対象にした自動監視システムを展開している企業です。

5G 関連銘柄 JIG-SAW(3914)

5G 関連銘柄 JIG-SAW(3914)

2016年4月には初値から10倍近く急騰したこともありましたが、2018年12月には上場来安値を更新しています。

したがって上昇余地は非常に大きいです。

 

PALTEK(7587)/東証2部

独立系の半導体商社です。主力事業は外国製半導体の販売です。

それに伴い、自社による設計受託や生産も行っており、自社製品の開発も推進しています。

5G 関連銘柄 PALTEK(7587)

5G 関連銘柄 PALTEK(7587)

2017年6月に高値を取った上昇の調整は、一旦完了したという様相です。

年足では12年の移動平均線にサポートされており、このまま上昇に向かう可能性もあります。

 

理経(8226)/東証2部

IT機器を輸入販売している技術商社です。新技術に対する目利きと衛星通信分野に強みを持っています。

また、大学、官庁からの受注が多い企業です。

5G 関連銘柄 理経(8226)

5G 関連銘柄 理経(8226)

190円の支持ラインを2018年12月にブレイクアウトし、大きく落ち込んだものの、その間の売りを消化したことで買いが入ってきています。

119円のラインは2012年から節目として機能しており、現在でも強い支持ラインとして機能しています。

 

ネクストジェン(3842)/JASDAQスタンダード

次世代通信網(NGN)の制御システムの開発を担っています。

SIP(通話制御プロトコル)の先駆的存在でもあり、5Gテーマへの関連に直接性が強い企業でもあります。

5G 関連銘柄 ネクストジェン(3842)

5G 関連銘柄 ネクストジェン(3842)

1,450円辺りが買いの入りやすい水準となっているようですが、直近高値はダブルトップを形成しているため、もう一段下落する可能性もあります。

それでも1,000円は強い支持ラインとなっており、到達すれば反発の確度は一層高くなるでしょう。

 

5G関連セクターは息が長い?

IoTによる次世代社会の構想を考えても解るとおり、5G関連銘柄は幅広く、そして大半の企業が関わることとなるでしょう。

したがってセクター全体の環境で言えば、とにかく息が長いということになります。

先に挙げた企業をはじめ、既に次世代社会を見据えた開発に着手している企業は多くありますが、一部の株価への反映は、まだ不透明な目論見の下で起こっていると言えます。

ただ逆を返せば、5G関連セクターの場合、有望銘柄に対して早めに仕込むことができるということでもあります。

これらの企業の開発物の実用の現実味が色濃くなってきたとしたら、株価への反映は凄まじいものになることは想像に難しくありません。

コメントを残す

3 × two =