株式投資を元手10万からはじめるコツ!初心者でも利益を出すには

公開日:  | 0件のコメント

株式投資は、最初の資金が多ければ多いほど良く、少額資金では稼ぐのは難しいと考えている方がたくさんいます。

確かに、株は得をすれば損することもありますが、コツがわかれば初心者でも利益が出せるのです。

元手10万円の少額資金からでも成功させるポイントはあります。

そこで今回は、元手10万円から株式投資を始めるコツについて紹介していこうと思います。

 

銘柄選びをしっかり行う

投資顧問の真理 元手10万

現在は、東証一部及び東証二部・ジャスダック・マザーズなどの新興市場に上場している銘柄の約4割は10万円以下の資金で購入できます

10万円の資金があれば、これらの有名企業の株から検討できるので、ある程度リスクを抑えられるのがポイントです。

 

また、単元未満株を購入すれば、10万円の資金でも分散投資ができます。

単元未満株とは、100株や1,000株単位で売買する訳ではなく、もっと小さな単位で始められる株式投資です。

例えば1,000株単位の銘柄を買う場合、その銘柄が1株500円であれば、1,000株×500円で50万円が必要です。しかし、単元未満株で買えれば10分の1の株数から購入できるため、100株×500円の5万円で買うことが出来るわけです。

単元未満株を利用すると、正規株の10分の1の資金で株式投資に取り組めるので、5~10銘柄を保有して分散投資したいという方にもおすすめです。

 

ただ、10万円の元手を用意しても、どの銘柄を買えばよいのかわからない方も多いでしょう。利益を出すためには、株価が堅実な値上がりが見込めるかどうかが大きなポイントになります。

株式投資では、過少評価されている銘柄も過剰評価されている銘柄も長期的に見ると妥当な水準になると言われています。そのため、マイナスが要因がないのに過小評価されている銘柄は、買っておいて損はありません。

また、バイオや人工知能仮想通貨医療介護などの分野は今後の成長市場と考えられているため、このような成長産業のテーマ株を選ぶのも良いでしょう。

業績が好調で、今後の業績予想を踏まえて順調かどうか見極めて銘柄選びをするのがコツと言えます。

 

損失を抑えるために知っておくべきこと

投資顧問の真理 元手10万

株を実際に購入するか判断する際、1つの基準になるのがテクニカル指標です。

RSI指標をはじめとするテクニカル指標は、簡単に言えば「株が買われ過ぎているか・売られ過ぎているか」を示す指標となっています。

 

一般的に、RSI指標において7割を超えていれば買われ過ぎており、3割を下回れば売られ過ぎていると判断できます。

これを基本として、株価チャートやRSI指標で買いなのか・売りなのかを見極めていくと良いでしょう。

 

しかし、ここで大切なのが、自分なりの売買ルールを持つことです。適当に売買していると、ただの株式投資はギャンブルと化します。

冷静さを失って損しないためにも、チャートの形やいつ売るのかなどの一定のルールを決めておくのがコツです。ルールに則って行えば、規律のある株式投資が行えます。

 

トレードは短期間で資金を増やせる

トレードとは短期間で株価の上げ下げを利用して利益を得る手法で、流動性の高い株式市場で効率的に利益を上げる方法と言えます。

簡単に言えば、たった1日で数百円上げ下げする銘柄はたくさんあるため、それらをピックアップして買って利益を出すやり方です。

損益のバランスを調節して短期間で売買を繰り返すと、10万円の元手でも大きな利益を出せるようになるでしょう。初心者がトレードで成功させるコツは、どんな売買をしたら資金が増えるのか・資金が減ってしまうのかをシミュレーションすることです。

元手が10万円の少額資金の場合、知識もなく株式投資を始めてしまえば一瞬でその資金がゼロになってしまう可能性があります。実際にトレードを始める前にシミュレーションをしてから取り組むと、少ない金額でゆっくり始められるでしょう。

 

急騰銘柄を購入するのも方法の1つ

投資顧問の真理 元手10万

少額資金で利益を出すためには、短い期間で株価が急上昇する「急騰銘柄」を狙うのも良いでしょう。

株価が急上昇した所で利益を得て、下がる前に売るという方法です。短期間で多くの利益を得られるので、資金が少額の初心者の方にもおすすめです。2~5日ほどで買いと売りを行うので、何度も繰り返して1度の利益を多く出せます。

ただ、株価が下がる前にすぐ売らないと損失が大きくなってしまうリスクがあります。急上昇した銘柄は、急落する可能性が高いです。そのため、上昇の勢いが強ければ、下落の勢いも同じように強いと考えておきましょう。

効率良く銘柄を探して、急騰株を買えるよう戦略を持つとリスクを抑えられます。

 

まとめ

ここでは、元手10万円の少額資金で株式投資をするコツについて解説してきました。元手が10万円でも、株式投資で成功させるポイントはあります。

どんなに多くの資金があっても、大損してしまっては意味がありません。まずは少ない資金で株式投資を始める際の手法損失を抑えるポイントを把握した上で、損益のバランスを取っていく必要があります。

そのためには、銘柄選びやトレードに関する知識を身に付け、事前にシミュレーションをして、効率的に利益を出すための準備が大切です。

 

銘柄選びなどに困ったら、きちんと金融庁の認可を受けている投資顧問業者からアドバイスを受けるのも良いでしょう。

特に仮想通貨関連などのテーマ株における選定は投資顧問ベストプランナーが得意です。

無料相談で将来性のある有望株を聞くだけでも有用ですよ。

 

コメントを残す

1 × 3 =