まだ間に合う!インバウンド関連銘柄の出遅れ株を紹介

公開日:  | 0件のコメント

近年のインバウンド需要の推移は?

 

「インバウンドとは何か」ということを一言で言えば、いわゆる訪日外国人観光客のことを指します。

この訪日外国人による日本国内での消費活動を、インバウンド消費と呼びます。

近年の外国人観光客は飛躍的に増加しており、必然的にインバウンド消費を拡大させることとなりました。

 

インバウンド関連銘柄 出遅れ株月別外国人観光客数の推移

月別外国人観光客数の推移

 

ここ数年、中国人をはじめとした訪日外国人によるインバウンド消費により、高額商品だけでなく、日用品やレジャー関連需要など幅広い分野で売れ行きが増加したことが話題になっていましたね。

訪日外国人が増加している背景にはまず、ビザ緩和受け入れ態勢の整備の充実で、世界的に海外旅行がしやすい環境が整ってきていることが挙げられます。

また、アベノミクス発動以降は、為替相場が円安に向かいやすくなっていたことも、外国人観光客が日本に向かう動機となっていたことでしょう。

 

インバウンド関連銘柄 出遅れ株ドル円

ドル円

 

同時に、世界経済全体が堅調に推移していたことも後押ししていますね。

2017年にはとうとう訪日外国人観光客の数が、過去最高の2,869万人を記録しました。

同年のインバウンド消費額は前年比+17.8%増の4兆4,161億円で、こちらも過去最高を記録しています。

2018年に入ってからも訪日外国人観光客の増加は継続しており、上半期で既に前年比+15.6%増の1,589万9,000人を記録。

2018年は史上初の3,000万人に迫っています

 

インバウンド関連銘柄 出遅れ株訪日外国人観光客2018年1月~11月

訪日外国人観光客2018年1月~11月

この勢いに乗って日本政府は2020年東京オリンピックまでに訪日外国人4,000万人を目標に掲げており、今後一層、訪日外国人観光客は増加すると見られています。

 

インバウンド関連銘柄で今後アガる分野は?

訪日中国人観光客の減少

実は2018年の特に後半辺りからは、インバウンド消費の伸びが鈍化しています。これは主に、「爆買い」を行っていた訪日中国人観光客の減少によるものとされています。

インバウンド需要の増加はまさに、この中国人観光客の爆買いが牽引していたと言って差し支えないでしょう。

 

インバウンド関連銘柄 出遅れ株中国人観光客

中国人観光客

 

しかしこの爆買い現象は、2016年頃から徐々に減少を見せてきます。

その最大の要因は、中国政府による海外購入品の持ち込み課税を強化したことが挙げられるでしょう。
また2016年は、為替相場が一転して円高方向に向かったことも後押しとなったと思われます。

さらに中国国内でも、日本製の商品の販売網が普及しており、わざわざ日本まで行って買い物をするトレンドは萎えていると言えますね。

さらに中国の景況は、2018年に入ってからは翳りを見せ始めています。米国との貿易摩擦も、さらなる追い打ちを掛けていますね。

このような背景から訪日中国人の減少もさることながら、当人達の消費スタイルも変化してきており、今や「爆買い」が「ひと昔前のワード」という様相になってきています。

 

インバウンド消費のスタイルは「爆買い」から「体験型」に

 

ただ爆買いが一巡した要因は、中国人観光客の経済具合だけの問題ではなく、消費のスタイル自体が爆買いから体験型に変化していることも挙げられます。

当時、爆買いのターゲットとなっていたのは主に百貨店でした。

例えば松屋(8237)の2019年2月期第2四半期の業績累計は、やはり訪日外国人の来店増による化粧品、ラグジュアリーブランドの好調を背景に、百貨店業の営業利益が7億円(前年同期比40.4%増)となり全体をけん引しました。

 

インバウンド関連銘柄 出遅れ株松屋

松屋

 

連結営業利益も5億6,700万円(前年同期比0.8%増)となり、従来予想を6,700万円も超過しています。

松屋が同業他社と比較して抜きんでていたのは、まず訪日外国人の半分弱が訪れる東京に拠点が集中していたことが挙げられます。

また、大手百貨店の多くが不動産や建設業などを手掛けているのに対し、「百貨店業」の売上構成比は当時で88.7%と高く、特に爆発的なインバウンド需要が起こった際には、その恩恵を一番受けやすいと言えるでしょう。

では、昨今「爆買い」からシフトしているという「体験型」の消費とは何なのか?

体験型消費とは、爆買いを「もの消費」とするなら「コト消費」ですね。旅行先の国でやってみたいと感じる「ご当地体験」に対する消費を指します。

 

インバウンド関連銘柄 出遅れ株ご当地体験

ご当地体験

 

日本は特に独特な文化が多く、思いつく体験できるものを挙げてみても、着物・舞妓・相撲・茶道・華道・着物・座禅と多様です。

特に京都はこれら全てを包括できるため、「日本で行きたい街」ランキングでは不動のナンバー1となっていますね。

 

インバウンド関連銘柄の出遅れ株

「体験型」消費といってもその範囲は非常に広いですが、基本的に観光あっての分野ではないかと考えます。

もちろんそれに付随して、近隣の飲食店チェーンやそこに至るまでの交通関連企業も恩恵を受けることになりますね。

ただ今回は、体験に一番ダイレクトと言える「観光」というカテゴリで、そこに関連性が深い企業の銘柄を挙げていきたいと思います。

 

デジタルガレージ(4819)

 

デジタルガレージはインターネット関連の事業を展開している企業で、決済関連事業や広告プロモーション事業、ベンチャー投資も行っています。

「価格.com」や「食べログ」を運営するカカクコムを関連会社を有しています。

また2008年にはTwitter社と資本業務提携を行い、Twitter日本語版の運営への協力や日本語版の広告販売も行っています。

他にも、東京、サンフランシスコ、香港を拠点として、デジタルマーケティング、決済、スタートアップ企業への投資・育成事業を展開しており、周辺事業を多角化しています。

さらには、カカクコム、クレディセゾンと共同で設立したDG Labというオープンイノベーション型の研究開発組織の運営も行っています。

デジタルガレージは体験型インバウンドの分野では、観光地案内アプリの提供を行っています。

インバウンド関連銘柄 出遅れ株デジタルガレージ(4819)株価

デジタルガレージ(4819)株価

デジタルガレージの株価は、2018年の下半期に入ってからそこまでの上昇の調整に入っています。

2018年12月で直近安値を付けてから反発しており、ここまでの下落のサイクルを崩しています

現時点では、2017年9月の上値を抑えた2,250円辺りが支持されている模様です。

下余地を残しているため、もう一段下げる可能性も考えられますが、2,000円辺りは元々がデジタルガレージにとっての低位であるため、買いが活発化してくると予想できます。

 

エイチ・アイ・エス(9603)

 

海外旅行、および国内旅行の企画・販売・手配を行う総合旅行会社です。

日本国外への格安航空券の販売が主軸業務ですが、1990年頃から自社企画の海外パッケージツアー商品も販売するようになり、現在はグループのホテルなども保有しています。

業態がインバウンド需要の恩恵も大きく受けることになりますが、これに加えて長崎ハウステンボスの運営という直接的な事業も展開しています。

インバウンド関連銘柄 出遅れ株エイチ・アイ・エス(9603)株価

エイチ・アイ・エス(9603)株価

2015年8月からのレジスタンスライン、2017年4月からのサポートラインによりトライアングルを形成していましたが、2019年1月22日に明確に上方へ上抜けています。

既に目先のポイントである、2017年12月に上値を抑えられた4,200円に迫っていますが、2018年7月からの上昇は堅固であるため、突破する見込みが大きいと思われます。

したがって、その上の高値である4,700円付近がターゲットとなってきそうです。

 

東武鉄道(9001)

 

交通・流通・住宅・レジャー等、多くが関連会社で構成されている東武グループの中核企業です。

東武スカイツリー株式会社の筆頭株主でもあり、ホテル等、周辺の再開発を推進中。他にも日光など、沿線観光に力を注いでいます。

東武鉄道は、観光に関するあらゆる分野を手掛けており、まさに周辺のインバウンド供給を一手に担っていると言えますね。

 

インバウンド関連銘柄 出遅れ株東武鉄道(9001)株価

東武鉄道(9001)株価

東武鉄道の株価は、2018年に入ってから調整地合いに入っています。

2018年12月にサポートラインをさらに下にブレイクアウトし、2,800円の安値を付けています。

当水準は2017年4月の支持ラインでもあり、直近の安値を付けた時は乖離が広がっていたこともあり、一旦の底を打った可能性があります。

 

インバウンド関連銘柄の今後の株価は?

 

インバウンド分野と言っても幅広いので、関連セクターによっても株価推移が異なるので一概にどうという予想はできません。

しかしインバウンド需要銘柄に共通して言えるのは、東京オリンピックという巨大な需要が控えていますので、買い所をある程度精査して判断できれば途中の上下動はあれど2020年までは比較的安心して保有していられるのではないかと考えられます。

 

インバウンド関連銘柄 出遅れ株東京五輪

東京五輪

コメントを残す

thirteen − 9 =