300万円を寝かせるのはモッタイナイ!おすすめの資産運用法を紹介

 | 0件のコメント

これまでコツコツと貯蓄し、300万円の大台に乗った方もいらっしゃるかと思います。

ある程度貯蓄が貯まってきたら、さらなる貯蓄を目指す前に資産運用について知っておきましょう。今回は貯蓄が300万円できた時に知っておきたい、資産運用のポイントについてご紹介していきます。

 

預金が300万円を超えると税金がかかるのは本当?

預金 300万 税金

基本的に貯蓄をしている方は、普通預金の口座を活用しているかと思います。しかし、預金が300万円ほど貯まってきた時に気になってくるのが税金です。中には1つの銀行の預金が300万円以上になると税金がかかってくるという噂を耳にした方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、300万円を1つの預金口座に入れていると税金がかかります

そもそも、普通預金に限らず郵便局・銀行などで行われている預貯金の利息には、「利子所得」と呼ばれる所得税15%・住民税5%の合わせて20%の税金がかかるようになっています。

ただし、65歳以上の方や障害を持つ方などマル優制度を活用できる方の場合、残高が1人350万円以下だと利息に税金がつきません。利子所得というのは利息に対しての税金です。

そのため、例えば三菱UFJ銀行に300万円を預け入れていた場合、現在の普通預金の金利は0.001%なので利息は30円になります。利息30円の20%分が税金になるので、6円分が税金で引かれるということです。そのため、税金が引かれると言っても大きな負担になるわけではありません

 

普通預金に預けておくよりも資産運用を検討しよう!

預金 300万 税金資産運用

それなりに貯蓄が増えてきたら、おすすめしたいのが資産運用です。

そのまま普通預金に預けていても良いのですが、先程もご紹介したように銀行の金利はかなり低いため年間の利息はほとんど付きません。もっと資産を増やしていきたいと考えているのであれば、資産運用をぜひ始めてみましょう。

 

資産運用はどうやって始めれば良いのか?

資産運用と言われても、まずは何を始めればいいのか分からないという方も多いはずです。

そこで資産運用の初心者におすすめの資産運用をご紹介しましょう。

 

①まずは定期預金から始めてみる

せっかくここまで貯めたお金を投資によって失いたくないという方は、定期預金から始めてみましょう。定期預金は普通預金のように自由にお金が引き出せないものの、普通預金よりも利息が高めになっています。

定期預金の金利も各金融機関によって異なるため、それぞれ金利や元本保証付きかなどを比較してみましょう。

定期預金を始める時期としておすすめなのが、6月12月です。この時期はボーナスがもらえるタイミングであり、多くの金融機関で定期預金を始めてもらうための高金利キャンペーンを実施している可能性があります。

そういったキャンペーンもうまく活用してみましょう。

 

②月1000円から投資を始めてみる

預金 300万 税金投資

「投資は始めてみたいけど、損失のリスクが拭えない」、「投資で大損してしまうのではないか」と考える方も多いでしょう。

実際、投資というのはリターンがある一方で、リスクも持っているものです。投資では基本的にリターンが大きければその分リスクも高くなってくるので、まずはローリターン・ローリスクの投資から始めてみると良いでしょう。

ローリターン・ローリスクの投資にも様々な種類がありますが、おすすめはネット証券を活用した投資信託です。

投資というと数十万円程度元手が必要になってくると感じる方は多いかと思いますが、実際にはワンコインや1000円という少額から始められます。近年多くの証券会社では、こうした少額のプランを用意しているのですが、ネット証券は最低積立金額をより小さく設定しているケースが多いです。

毎月1000円からならハードルも低くなりますし、余裕が出てくればもう少し投資金を出して行ってみても良いでしょう。

株は自分で銘柄を選んだり、売買のタイミングを自分で見計らったりする必要がありますが、投資信託であればリスク分散に加えてプロが投資を行ってくれるため、株投資の初心者にも安心して行えます。

 

③iDeCoを始めてみる

iDeCoというのは個人型確定拠出年金のことで、老後資金を自分で捻出する代わりに税金の負担が軽減されるという制度です。

毎月iDeCoを活用して投資信託を行っていくと、購入した金額分の税金が軽くなったり、iDeCoで利益が出ても税金がかからなかったり、将来受け取る時の税金が優遇されていたりするなど、様々なメリットを持っています。

ただ、老後資金を目的にしているため、原則60歳以上になるまでお金を引き出すことができません。将来のために資金を貯めておきたいのであれば、iDeCoは使える制度だと言えるでしょう。

 

少額の資産運用に慣れたら株式投資もおすすめ

預金 300万 税金投資

せっかく貯めた300万円をただ貯めておくだけなら、さらに余剰金を増やしていきましょう。

資産運用というと難しくイメージされる方も多いかと思いますが、意外と簡単なものです。自分で勉強をしなくとも投資のプロに任せるサービスもたくさん存在します。

私のおすすめは投資顧問を利用して株式投資を始めてみることです。投資のプロの助言内容を実行して投資を行う方法ですが、これまでも数多くの業者を分析しTMJ投資顧問は非常に優れています。300万円から1000万円以上を目指せることも推せる理由の1つです。

適度にプロの助言も聞きながら、計画を立てて資産運用するようにしましょう。

コメントを残す

nineteen − 12 =