投資顧問ベストプランナー 行政処分の理由は3つの法令違反

 2019/09/11

投資顧問ベストプランナー
https://best-pln.com/

————————————————————–————————————————————–

【追記: 2019/9/11 】

2019年9月10日、投資顧問ベストプランナーを運営する株式会社スマートアセットマネジメントが行政処分されることが分かりました。

7月頃より、投資顧問ベストプランナーのサイトにアクセスできない状況だったのも、財務局の検査でなんらかの法令違反が発覚していたからでしょう。

今わかっている検査結果は大きく分けて3つです。

1.顧客に対しての虚偽告知
例:責任者の高見英治さんが選んでいない個別銘柄を、あたかも選んだように表示

2.誤認を引き起こす広告表示
例:個別銘柄の買い推奨後の高値日を、売り推奨日として記載

3.内部管理態勢に不備
例:顧客獲得や収益の拡大、当社の知名度を上げることを優先

どんなに投資結果や評判が良かろうが、法令違反行為は許されません。

投資顧問ベストプランナーは、投資顧問業界をけん引する一社であっただけに残念です。

これから下される行政処分と向き合い、指摘を受けた問題をしっかり対処してほしいと思います。

 

————————————————————–————————————————————–

【追記: 2019/8/9 】

投資顧問ベストプランナーのサイトに現在アクセスできません。

今のところ原因不明ですが、電話は繋がるようなので、サービスをご利用中の方は電話でお問い合わせしてみることをおすすめします。

電話番号:03-6231-1509

何か最新情報が入り次第、お知らせをいたします。

————————————————————–————————————————————–

※これより以下は、2019/6/4に執筆した内容です。
実力診断で分析した倉元製作所(5216)の売買も、買い推奨後の高値日を売り推奨日としていた可能性があります

 ↓  ↓  ↓

 

投資顧問ベストプランナーとは、日本株式投資に特化した銘柄調査や個別銘柄の売買に有益な情報を提供、顧客の利益の最大化を行うという投資顧問サイトです。

評判は概ね良好で、推奨された銘柄で材料発表があって高騰したという口コミもあるようです。しかし、トレードの結果いかんではその評判も噂レベルに過ぎません。

そこで投資助言会社としての実力を投資顧問ベストプランナーが備えているのか、元証券マンの管理人が事例から実力診断したので、結果も合わせてご覧ください。

 

投資顧問ベストプランナー 「低位株」を選定

投資顧問ベストプランナーが今回推奨したのは、倉元製作所(5216)。

倉元製作所が5月15日に発表した「貸倒引当金戻入益の計上に関するお知らせ 」を受けてのことです。

特別利益5,000万円計上により、倉元製作所の赤字業績が黒字転換へと急改善されるポジティブ材料に期待をしたのでしょう。

ただ、当材料だけが理由で個別銘柄を推奨しているとしたら不安です。

そこで、投資顧問ベストプランナーの銘柄選びに問題はなかったのか、テクニカル面からも分析をしていきます。

 

ボリンジャーバンド -2σ付近で十字線

週足でボリンジャーバンドを見てみると、3月末の株価下落以降にバンド幅が大きく広がっており、ボラティリティが高い状態であることがわかります。

その状況下で、5月7日~13日のローソク足は-2σ(シグマ)に接近しており、且つトレンド転換を示す「十字線」に近い状態となっていました。

投資顧問ベストプランナー 推奨銘柄 倉元製作所(5216)  株価 ボリンジャーバンド

倉元製作所(5216) ボリンジャーバンド

底値付近での十字線ということもあり、倉元製作所が近いうちに株価上昇する可能性は非常に高かったことがうかがえます。

 

RSIで売られ過ぎを把握

30%以下になると「売られ過ぎ」の指標といわれるRSI。

3月末~5月中旬の間、倉元製作所のRSIは20%以下を示す日も見られました。

投資顧問ベストプランナー 推奨銘柄 倉元製作所(5216) RSI

倉元製作所(5216) RSI

約2ヶ月間も売られ過ぎが続いていると、いつ買いが集まってもおかしくない状況です。

底値圏で発生したローソク足の十字線、RSI20%を下回る売られ過ぎの指標を見ながら、投資顧問ベストプランナーは好材料が出ることを待っていたのでしょう。

黒字転換となる好材料が出たことで、投資顧問ベストプランナーは倉元製作所を買い推奨したと考えられます。

 

投資顧問ベストプランナー 相場の過熱感を察知

投資顧問ベストプランナーが売り判断を下したのは、倉元製作所の相場の過熱感によるものと推測できます。

それは、ローソク足がマド開け後に売り推奨をしたことからもわかります。

 

ボリンジャーバンド +3σに接触も売却はその3日後

買い翌日の5月17日の時点で、ボリンジャーバンドは既に+3σ(シグマ)を抜けています。

つまり、下落トレンドへの転換サインとも取れますが、投資顧問ベストプランナーは売り指示を出しませんでした。

その判断が功を奏し、翌営業日の株価はさらに上昇。更に+3σを上抜ける形となったのです。

倉元製作所(5216) ボリンジャーバンド2

倉元製作所(5216) ボリンジャーバンド2

+3σに接触しながらも、倉元製作所が株価下落しなかった理由はなぜか…。

それは、倉元製作所が低位株で個人投資家が手を出しやすかったからと考えられます。

連日の急騰状況を見て、個人投資家の買いがまだまだ入ると投資顧問ベストプランナーは予測したのだと思います。

つまり、個人投資家の動向も加味して、投資顧問ベストプランナーは相場の過熱感を判断していたと考えられます。

 

RSI値80%で売りを判断

過熱感のある相場の中で、売りを判断したポイントになったのが、RSI値ではないでしょうか。

投資顧問ベストプランナー 推奨銘柄 倉元製作所(5216) RSI2

倉元製作所(5216) RSI2

5月20日にRSI80%まで上がっているのが分かります。

RSIは70~80%を抜けると過熱感を帯びて株価が反転しやすく、20日時点でそのサインが出ています。

投資家の動向と相場の過熱感を読みつつ、RSI値から株価反転は近いと判断し、投資顧問ベストプランナーは21日に倉元製作所を売り推奨したように思います。

 

懐疑的な見方が強い銘柄で勝つ 投資顧問ベストプランナーの投資力

倉元製作所は、液晶用ガラス基板の加工を専業としていて、スマートフォンの液晶や有機EL部材の開発などを手掛けている企業です。

投資家からは、赤字続きの業績で黒字化すら懐疑的に見られており、株主からも諦めムードが漂っていたほどの銘柄でした。

投資顧問ベストプランナー推奨前 倉元製作所ホルダーの声

投資顧問ベストプランナー推奨 倉元製作所ホルダーの声

 

赤字続きの業績で打開策もなし

倉元製作所の業績を見るとわかるのですが、近年赤字が続き、2018年12月期の通期業績も営業利益・経常利益・最終利益とマイナス計上でした。

主力のガラス基板加工が顧客の内製化によって、受注減少から脱却ができていないことが要因です。

投資顧問ベストプランナー 推奨銘柄 倉元製作所(5216) 業績

黒字転換の対策案の発表もなく、さらには2019年2集の四季報で「18年12月末債務超過、1年以内に解消できなければ上場廃止」になると、倉元製作所の経営危機が周知の事実でした。

 

好材料でも、投資家の不安ぬぐえず

諦めムード漂う状況下で発表されたのが「貸倒引当金戻入益の計上に関するお知らせ」のIRです。

5,000万円の特別利益の計上によって、2019年12月期第1四半期の売上営業損益率が、前年同期比-17.6%から0%に急改善。最終損益も3,000万円の黒字転換。

しかし、投資家の意見は賛否両論で、これで倉元製作所の上場廃止の危機がぬぐえたとは信じられない様子が見受けられます。

倉元製作所のIR発表後 賛否両論の声

倉元製作所のIR発表後 賛否両論の声

それもその通りで、黒字転換したとはいえ、資産売却などによって一時的に黒字になっただけです。

倉元製作所の本業は依然として非常に厳しいものに変わりはありません。

買ったら売り圧が先行して「塩漬け」になる
倉元製作所が倒産した場合、株が「紙切れ」になる

といったリスクを恐れていたのかもしれません。

これらの懸念点を投資顧問ベストプランナーがどう判断したしたかまでは分かりませんが、短期的なチャンスを逃さずトレードを成功させた点は評価が出来ます。

 

投資顧問ベストプランナー 実力診断結果

投資顧問ベストプランナー 推奨実績 倉元製作所(5216)

181.2%上昇という結果はもちろん、倉元製作所を選び取引に踏み切った投資顧問ベストプランナーの決断力は秀逸でした。

・IR、決算発表で混乱する投資家を尻目に、迅速な決断ができる分析力
・低位株という特徴を活かした状況に合わせた見極め
・投資家心理を読みタイミングを逃さないトレード

ボリンジャーバンド+3σ(シグマ)を触れたから即売るという単純な判断ではなく、投資家心理を読み切って利幅を伸ばした取引は経験の賜物と言えるでしょう。

 

投資顧問ベストプランナー 銘柄選びは「新興株」が中心 

投資顧問ベストプランナーの事例を見ると、ジャスダックに上場している銘柄から選んでいる傾向が目立ちます。

ジャスダック市場は個人投資家が多く、保有比率は約7割ほど(東証一部で約3割)と言われています。

投資顧問ベストプランナーは、個人投資家の動向を読みながら銘柄選びをすることも多いので、ジャスダック市場の銘柄を選ぶ傾向が高いと思います。

 

 ジャスダック市場の特徴

発行株式数、時価総額が少なく値動きの軽い銘柄が多いので、材料1つで株価変動しやすいのが特徴です。

そのため、個人投資家の資金だけでも、1銘柄に集中するとストップ高になることもあります。

 

 材料を見逃さない投資顧問ベストプランナーの体制

投資顧問ベストプランナーの事例を見ると、材料発表前後に推奨することが多いです。日々企業分析を怠らず、個別銘柄の材料を見逃さないよう徹底していると考えられます。

材料発表後の投資家心理を先読み、個人投資家動向を予測することで、市場が動き出す前に推奨することができているのでしょう。

 

投資顧問ベストプランナー 銘柄選びまとめ

投資顧問ベストプランナーの銘柄選びの特徴です。

・ジャスダック市場の新興株が多い
・個人投資家の動向を加味した取引

投資顧問ベストプランナーを好んでいる投資家は、上記のような銘柄で恩恵を受けているのでしょう。

 

関東財務局の調査により、投資顧問ベストプランナーが助言実績に関する虚偽告知をしていた事がわかりました。

つまり売買を分析した倉元製作所も、事実に基づいた実績かどうかも不明となります。今後、投資顧問ベストプランナーには行政処分が下されるようなので、その内容が分かり次第、更新致します。

 この記事のコメント

  1. あま より:

    んー。
    プランに入ろうか迷ってます

    • 板倉 より:

      今はご存知の通り、相場環境も良くなってきているので、どのプランに参加しても利益出ると思いますよ。
      私は今ロイヤルとマスターを同時併用していますが、期間契約とスポット契約の一番高い情報なので。
      失礼かもしれませんが、まだそれほど資金が無いのであれば、最初は安いので良いと思います。
      ただ相場環境が悪くなったらあまり安い情報じゃ保証できないんで、やるなら今だと思いますよ。

  2. 匿名 より:

    マークライズを指示通り5月7日に買い。直後に1度目の窓を開け月跨ぎ4日には二度目の窓を開けた。
    7日に利確+85万乙。1ヶ月で二度も窓を開け埋まらなかったのは初の経験でしたよ。

  3. モンジャラ より:

    資金的にロイヤルプランには参加できないんですが、
    下のクラス・短期急騰プランはいかがでしょうか?
    実際に参加している方の声をお聞きしたいです。

  4. 匿名 より:

    サイバーエージェントS高です。26日に買い指示があって買ってみたのですがまさか翌日にS高になるなんて思わなかった。最低単元で買ってたから後悔です。9日の勝負銘柄には全力投資で参入して取り戻そうと思います。

  5. うちだ より:

    今日のロイヤルプランに参加してます。突然の急騰で驚きましたw寄り付きから+15%も上昇するこんな銘柄自分じゃ絶対仕込めないですわwこんな情報サービスあるなら誰でも参加するわなw

  6. じあるふぃ より:

    どこもかしこもで高評価受けてるロイヤルプランだけど
    もうすぐ参加できなくなるみたいだよ。
    ここの掲示板じゃその情報が書き込まれてなかったんで教えておきます
    以上~
    私は先月更新して半年先まで契約済みだから安泰

  7. 匿名 より:

    私も「3441 山王」銘柄の推奨を受けました。私は23日の買い場を逃し、翌日の24日に1000株購入しました。売りは自己判断で30日に売却をして約1.7倍の利確。たらればですがもう少し保有していれば2倍は見込めたのでそこが悔やまれます。初利用且つ短日では十分な結果です。

    • くろ より:

      匿名さん。。私は、ある顧問会社が音信不通になり、、これが悪徳投資顧問だったのか、、いまだにわからずに悩み中です。
      ベストプランナーさんに相談して、今日、少し少額のプランから依頼してみようと思い決断したところです。
      ベストプランナーは、信頼できるとお感じになられましたか?

    • くろ より:

      今日、、契約しましたが、誠実な顧問でしょうか?
      どなたかアドバイスお願い致します。

      • M より:

        くろさんも音信不通になったのですか、、自分も経験アリます。その顧問会社から推された証券は日が経つごとに落ちていき、多少戻したところで仕方なく損切りしました。当初は本当に落ち込みましたね^^;

        その点、ベストプランナーは体制が整っている気がします。不安定な相場も体験しましたがサポートも手厚く、無事に利確することができましたよ。100点満点のカンペキな顧問会社が存在するかは分かりませんが、少なくとも自分は良い会社に巡り合えた気がします。

        くろさんのご参考になれば嬉しいです

        • エヴァン より:

          ここの投資顧問の利用を検討しています。
          使用してる方の声を聴きたいです。

          • アズナブル より:

            10月頃から利用していますが、あまりの凄まじさに書き込みにくるのが遅れてしまいました(笑)
            悪評を書き込みにくるのは早いのに、結果を出してもらった投資顧問に対してのお礼は遅れるという…
            自分が薄情な人間だったと思い知らされました。
            何を隠そう、投資顧問で成功したのは今回が初めてですので、喜びが先行しすぎてしまい、代表の高見さんや担当の坂井さんへの直接的な連絡は済ましたものの、ベストプランナーを知るきっかけとなったこの掲示板への書き込みは忘れていました。
            YKTの内容や、省電舎などなど、1週間2週間で2倍や3倍になるような、超短期急騰銘柄が売りな投資顧問です。
            それらをつなげることで、爆発的な複利投資を成功させているサイトでした。
            複利投資なんて、ただの理想の絵空事とばかり、机上の空論とばかり思っていましたが、実際に手元で起こると本当に興奮しますよ。

            電話対応も素晴らしく、一切の文句の付けようのない投資顧問でした!
            自信を持って最高だと言い切れますよ!

            あ、ちなみに参加したのはロイヤルプランです!
            期間契約のプランの中で、一番上のプランですね。
            初参加なのにかなり背伸びしました

          • よっぴ より:

            エヴァンさんに返信です。私は貴社サイトのロイヤルプランというサービスを利用しています。毎週水曜日に1銘柄の紹介を受け、5営業日保有し、平均30%(1.3倍)を指値で利食います。1カ月契約であれば5週間(5銘柄)で利益回収率はは、30%(1.3倍)×5銘柄=150%(2.5倍)です。これを3カ月契約の場合、6カ月契約の場合と計算すれば利益率は出ますので暇なときに計算してみてください。ちなみに私は2017年10月から3カ月契約に参加して、計算通りの成果を得られました。売買は成り行きではなく指値なので売り遅れること、買いそびれることはほぼほぼありません。専任担当者が必ず配属されますが、とても親切で話しやすい方ばかりなので安心していいと思います。トータル的に貴社サイトの評価としては◎です。参加することをおすすめしますよ。

          • クマちゃん より:

            せめてこのプランはどうでした?最近どうでした?とか、具体的な質問した方がいいよ。あなたのその質問じゃたぶん誰も何も答えられない。ちなみに私はロイヤルプランしか参加したことないけど、現時点で7週銘柄を受け取ってて、一度の損失も出てないよ。他プランはわからないけど、さすがに損失0のプランがある投資顧問が出してる情報だから、悪いのは無いと思う。

          • DEENEED より:

            とにかく誇大広告が無い。テンバガーが出る!大化け銘柄が出る!とか謳ってるところはたいてい嘘。金商登録すら無いところばかり。
            ベストプランナーは現実的というか、関東財務局の監視下なんで、不可能なことを公言したら罰則が発生するらしい。
            そういうのも気にしなかったり、上手い交わし方ばかり考えるところもあるんだろうけど、ベストプランナーは生真面目みたいだからね。
            だから結果として有言実行してくれる唯一無二の投資顧問になってるんだと思うよ。

 コメントを残す

コメントを残す