株マイスター 元証券マンが調査「結果が出る要因・出ない要因」

 2019/06/14

株マイスター
http://kabumai.com/

株マイスターは「タイムリーな有益情報」と「的確な助言」で安定して利益を積み重ねる事が出来るように、と言っていることから、パフォーマンスには自信を持っていることが伺えます。

そこで、株マイスターの「結果が出る要因」「結果が出ない要因」を元証券マンの管理人が調査。相場環境に対応出来、且つ結果を残すという期待が持てる投資顧問なのか、分析を通して株マイスター在籍アナリストの実力の一端が見れると思います。

 

株マイスター 上昇トレンドの銘柄を選定

それでは株マイスターが3月19日に公開した国際紙パルプ商事(9274)の事例をみていきます。

株マイスターは上昇期間を概ね1~3ヶ月と想定しているようなので、今回の分析期間は6月3日までとしました。

国際紙パルプ商事は、国内外で紙やパルプなどの卸売を手掛ける企業で、不動産賃貸サービスなども取り扱っています。

国際紙パルプ商事の株価推移を見ると、1月中旬に株価が急騰。これはオーストラリアの紙商社であるスパイサーズを完全子会社化で、業績拡大を期待した投資家が買いに集中したからです。

国際紙パルプ商事の株価は、波を形成しながらも上昇トレンドが続いてることがわかります。

 

株マイスター 「教科書通りの決断」で株価上昇

3月19日付近のチャートを見ると、株マイスターが買いと判断した理由が見えてきます。

移動平均線 ゴールデンクロスの発生

国際紙パルプ商事の3月18日のローソク足に注目してください。

株マイスター推奨の国際紙パルプ商事 3月18日にゴールデンクロスを形成

株マイスター推奨の国際紙パルプ商事 3月18日にゴールデンクロスを形成

下ヒゲ陽線を形成していますね。下ヒゲが長いほど反発の強さを表すので、上昇を匂わせるローソク足になっています。

また、5日移動平均線が25日移動平均線をゴールデンクロスをしていたことで、買いを判断したのでしょう。

 

一目均衡表 雲を下抜けずに反発

今度は3月19日より少し前の、3月13日のチャートに目を向けてみてください。

株マイスター推奨の国際紙パルプ商事 3月13日に雲を反発

株マイスター推奨の国際紙パルプ商事 3月13日に雲を反発

3月13日辺りで雲を下抜けずに反発しています。

このサインを見て、株マイスターは上昇転換する見通しを立てていたのでしょう。

案の定、3月19日以降も国際紙パルプ商事の株価は上昇。翌日には306円、4月1日には高値で319円まで上昇しました。

大きな急騰が見られたわけではありませんが、一時推奨後+7%まで株価を伸ばすことができています。

ゴールデンクロス発生という教科書通りの決断が「結果が出る要因」となったと言えます。

 

株マイスター 不安材料は「業績予想・分析不足」

推奨後に株価+7%上昇なら利確出来たはずと思いたいところですが、実のところ損したユーザーも。。

というのも、国際紙パルプ商事の情報公開時に、株マイスターが「10~15%の利益獲得を目指す」と掲げていたからです。

4月1日に319円(推奨後+7%)を記録した国際紙パルプ商事の株価は、4月末から徐々に下落し始め、6月3日には始値262円(推奨後-10%)まで値を下げました。

株マイスター 国際紙パルプ商事 (9274)買い推奨後株価2

株マイスター 国際紙パルプ商事 (9274)買い推奨後株価2

「10~15%の利益獲得」を狙い、4月前半で利益確定をせずに保有を続けていた投資家は、ロスカットに追い込まれた可能性があります。

これは、株マイスターが国際紙パルプ商事の業績予想に注視していなかったことに要因があります。

国際紙パルプ商事は2月14日に第3四半期の決算発表しており、経常利益が2,062百万円(前年同期比14.2%減)でした。

営業利益は1,890百万円(前年同月比2.7%増)のため、当時の業績面は全く悪いというわけではありません。

株マイスター 推奨銘柄 国際紙パルプ商事 (9274)2月14日発表第3四半期決算

株マイスター 推奨銘柄 国際紙パルプ商事 (9274)2月14日発表第3四半期決算

しかし、5月15日の決算発表では、2019年3月期の営業利益が2,280百万円(前年同期比3.5%減)となっており、連結経常利益が2,518百万円(前年同期比18.4%減)と発表されていました。

株マイスター 推奨銘柄 国際紙パルプ商事 (9274)5月15日発表2019年3月期連結決算

株マイスター 推奨銘柄 国際紙パルプ商事 (9274)5月15日発表2019年3月期連結決算

5月15日の決算発表で経常利益まで減少したのは、2月14日に経常利益減が発表されていることからも、それほどのサプライズではなく予想できる範囲内のことです。

ここから察するに、株マイスターはテクニカル面しか見ていないのでしょう。

テクニカル分析だけで売買したこと、これが「結果が出なかった要因」です。

 

見逃した・・?押し目買いのチャンス

今回の分析で、株マイスターは押し目買いのチャンスを見逃した?と思いました。

国際紙パルプ商事の株価急騰後、株マイスターが様子見をしていた期間は約2ヶ月。

1月末~2月頭の間に、株マイスターが押し目買いの判断を下せていたら、「10~15%の利益獲得」を優に超え、+20%以上で利益確定ができていたからです。

もっと早く買う判断を下せていれば・・。チャンスは十分あっただけにもったいない結果となりました。

 

株マイスター 懸念はアナリストの判断力と分析力

分析を通じて抱いた一番の懸念は、株マイスターの判断の遅さです。

国際紙パルプ商事のケースでも、買いの判断まで2ヶ月も要したことが、-10%近くの株価下落の要因の一つです。

そして安全性という面でも懸念を抱いたのが、株マイスターのアナリストがファンダメンタルズ分析を重要視していない傾向が見られたことです。

第3四半期の決算時に経常利益(前年同期比14.2%減)を発表していた国際紙パルプ商事で、1~3ヶ月間で10~15%の利益獲得を狙うこと自体が少々疑問です。

当然、狙っていた10~15%の利益獲得には届きませんでしたし、5月の決算発表で更に株価低下する事態となりました。

この判断力と分析力の懸念がぬぐえれば、株マイスターの利用を検討してみてもいいかもしれませんが、投資顧問業者には、テクニカル分析とファンダメンタル分析の双方を重視して銘柄選定や売買取引を行うところもあります。

直近の検証で銘柄分析が優れていると感じた雅投資顧問のアナリストの実力 と比較してみるのもいいと思います。

 

※過去の分析銘柄

クレステック(7812)の検証

前回検証した株マイスターの進捗です。株マイスターに登録すると、メルマガが送られてきます。

そこに貼られている会員専用サイトへのリンクからログインが出来るようになっています。

そこでは無料推奨銘柄を掲載されていますので、今回はその中から、クレステック(7812)を検証していきたいと思います。

銘柄名クレステック(7812)
買い推奨日2017年12月12日
 
株マイスター 評判 クレステック(7812)

クレステック(7812)

クレステックは、企業の製品取扱説明書、メカニック向け修理マニュアル制作、および印刷を手掛けている企業です。中国や比国など、海外展開をしています。

クレステック(7812)の業績を確認する
株マイスター 評判 クレステック(7812) 業績推移

クレステック(7812) 業績推移

2016年度については、日系メーカーでは、輸送機器・情報機器や一部家電製品などの分野で全般的に新製品の開発も含め概ね堅調であったものの、製品集約が続くデジタル製品を中心とした電器メ ーカーでは、引き続き低調。なお、外資系メーカーでは、医薬品分野が特定地域で堅調に推移しました。

 

既存顧客とは堅調な取引を維持し、また成長戦略である新事業分野でも医薬分野において順調に推移したものの、生活家電など一部では本格的な稼働にはまだ時間を要する状況でした。

 

このような状況のもとで、当連結会計年度売上高は14,879,598千円(前年同期比4.4%減)、営業利益は 691,155千円(前年同期比35.6%増)、経常利益は714,340千円(前年同期比128.6%増)、親会社株主に帰属する 当期純利益は367,790千円(前年同期比100.4%増)となりました。

株マイスター 評判 クレステック(7812)決算

クレステック(7812)決算

2017年度は前年度に引き続き、事業分野の拡大として、新たな業種の顧客との取引拡大、子会社化した大野印刷とのシナジーによる四輪分野での取引拡大、事業領域の拡大として既存顧客に対するマーケティングやアフター マーケットに関わる業務の拡大、ITや新メディアの活用による新しいソリューション の提供に向けて取り組む方針。

 

また、新規取引に向けての生産体制の構築や設備投資を進める一方で、生産量の減少や、製品やサービスの移り変わりなどが起きている拠点では、それに対応すべく体制や設備の見直しを進めるとのこと。

 

連結業績の見通しについては、連結売上高16,500百万円(当連結会計年度比 10.9%増)、連結営業利益755百万円(同9.4%増)、連結経常利益666百万円(同6.7%減)、親会社株主に帰属する当期純利益326百万円(同11.3%減)を見込まれています。

上抜けが甘いタイミングでの買い推奨

株マイスター 評判 クレステック(7812)株価

株マイスター クレステック(7812)株価

株マイスターが、12月12日にクレステックを推奨した理由は、直近の節目であった1,400円を上抜けたことが考えられます。

ただ、大引けに向けた利益確定の売りに押されており、1,400円上の節目をなかなか巻き込めていないように見受けられます。

 

また、12月12日の高値は、11月13日と27日の高値を経由したレジスタンスラインに到達しており、上値は重そうです。これらのことを鑑みると、株マイスターが1,400円を少し上抜けただけで買い推奨したのは軽率なように見えます。

 

望みと言えば、11月10日から下値も切りあがる三角持ち合いとなっているところから、翌11月13日に上値をやや伸ばし、先述のレジスタンスラインは突破しているというところでしょう。

たしかに1,400円際は買いが優勢となっているため、徐々に上値を上げていく可能性はあります。

 

しかし、その上抜けは甘く、結局売り押されて終値は12日とほぼ同水準となっています。さらに11月13日は変化日に当たっており、サイクルから鑑みても、波の上限ということで下降に入る様相も含んでいると言えるでしょう。

 

ヤーマン(6630)の検証

株マイスターのサイトに無料登録すると、大体1日に5通ほどのメルマガが送られてきます。

内容としては、注目銘柄の紹介、過去の推奨銘柄の経過報告、そしてコラムを織り交ぜさり気なく有料コンテンツへの誘導がなされていますね。

メルマガの中には「おいしい材料盛り沢山!全部乗せ銘柄」という過去の推奨銘柄実績を紹介するものもあり、今回はその中に掲載されていたヤーマン(6630)を検証していきたいと思います。

 

株マイスター「おいしい材料盛り沢山!全部乗せ銘柄」掲載内容

銘柄名ヤーマン(6630)
買い推奨2017年7月19日/8,800円
推奨後高値2017年9月15日/14,030円
最終終値2017年10月5日/11,750円

このメールは10月5日の大引け後に届いているので、この時点では、それが最新情報となっています。

売り推奨に関する情報はありませんが、少なくとも10月5日時点では行っていないことが予想されます。

 

株マイスターがヤーマンを選んだ理由は、好業績という材料に着目したということですので、考察していきたいと思います。

 

ヤーマン(6630)の値動きを分析

株マイスター 評判 ヤーマン(6630)株価 買い推奨

株マイスター ヤーマン(6630)株価 買い推奨

テクニカルの観点から株マイスターの買い推奨日である7月19日前後のヤーマン(6630)株価を見ると、以下のことが見て取れます。

  • 7月5日から続いていた上値抵抗ラインを上抜けた日
  • 出来高増加で信用買い残量を超えている
  • 一目均衡表の基準線が遅行線の上抜けることを見込める水準

株マイスターは、これらの要素から株価上昇を見込み買い判断としたのでしょう。

しかし、結局は7月4日の高値を超えることが出来ず波の中の上昇局面での買い推奨となりました。同時に基準線も遅行線と一度は交わるも反落しています。

 

その後、約2か月後にあたる9月15日/14,030円まで株価は推移しています。保有期間は長くなったものの、株マイスターの買い判断は結果的に良い方向に転んだようです。

しかし動意を見て買い判断するのであれば、むしろもう少し高い水準で買い判断をするところでしょう。

 

株マイスターはどこまで織り込んでいたのか?

株マイスター 評判 ヤーマン(6630)株価

株マイスター ヤーマン(6630)株価

株マイスターは10月5日/11,750円時点では売り推奨していないと考察されます。

考えられる売りタイミングは2つありました。

 

①9,000円の水準での売り

9月15日の高値14,030円を基準に9,000円が丁度フィボナッチの逆算で半値の水準となっているので、これをトレンド終了のサインと捉えることもできます。

 

②10月5日終値近くでの売り

株マイスターが仮に9月15日の高値を上昇2段目と見ていたとしても、近年のヤーマンは約2,500円毎のゾーンが形成されており、まさに10月5日の終値はその水準の近くに位置しています。なのでこの辺りでの売りも考えられます。

 

しかし株マイスターはこの2つのタイミングで売り推奨しなかったということですね。ということは、3段目の上昇を狙っている可能性も考えられます。

3段目の高値があるとするなら16,000円辺りがターゲットになりそうですが、株マイスターはそこまで織り込んでいるのでしょうか。

もしそうであれば、時間サイクルで見ても次の上昇まではまだ時間が掛かる可能性が高いため、効率が悪いと考えます。

3段目の上昇を長い時間待つのであれば、動意が見られる他銘柄に切り替えて投資資金を回転させる方が良いのではないでしょうか。

 

もし利用者が、ヤーマンの保有中に他銘柄の急騰が目に入ってしまったとしたら、適切な助言をもらえなかったという被害妄想に陥るかもしれません。

 

ベクター(2656)の検証

今回は、実績表の中でも比較的利益率が高いベクター(2656)の検証です。

株マイスター 評判 ベクター(2656)実績

株マイスター ベクター(2656)実績

銘柄名ベクター(2656)
買い推奨2017年5月22日/424円
推奨後高値2017年6月1日/1,030円
最終終値2017年7月3日/764円
騰落率+142.9%

本来、投資顧問業者の評判や実力を測るためには、銘柄の選定力の他に、買いどころ、売りどころを選定する取引力が鍵となってきます。

しかし株マイスターの実績表を見る限りでは売りどころがわからないため、株マイスターの実力を測る重要な情報が欠けてしまっていることになります。

やはり実績を公開するのなら、「いつ、いくらで売り推奨をしたのか」という情報は載せてほしいものです。

したがって今回は、提供日に騰落率を掛けた値が売値という前提のもとに売ったタイミングを推定・検証してみます。

 

ベクター(2656)株価上昇の理由

まずベクターは、ソフトバンクグループの会社で、オンラインゲーム開発やソフトウエア販売、サイト広告販売を手掛けている会社です。

基本的な商い量は少なく、また材料に反応しやすいセクターであるため、値動きは軽い銘柄だと考察できます。

それだけに今回も含め上昇は突発的です。株マイスターが買い推奨をした5月22日は、ベクターの急騰の始まりとなる日でした。

株マイスター 評判 ベクター(2656)株価分析 買い推奨

株マイスター ベクター(2656)株価分析 買い推奨

ベクターの急騰要因は諸説ありますが、スマホゲーム「小小軍姫」の独占契約ライセンス締結のリリースが一番の要因でしょう。

この翌日5月23日に、4月7日の高値471円と75日移動平均線を越える急伸を見せています。

 

ベクターの財政は、慢性的な赤字が続いています。固定費の削減など様々な対策をしているようですが、売上げ自体の減少が如実であり黒字転換への到達は遠い状態です。

つまり基本的に上昇力がある銘柄ではなく、5月22日のような好材料による突発的な上昇ケースが主流と考えられます

なので、今回のような「独占ライセンス取得」の報道は、買いに入る良いチャンスであったと思われます。

 

5月29日に売り仕切った可能性大

そして5月22日の終値424円を仮のベースとして、騰落率142.92を掛けると605円となります。

なので、売り推奨はおそらく5月29日か6月15日ですね。

上記の株価を見ると、5月29日の安値が605円となっており、他に605円に触れているのは6月15日です。

株マイスター 評判 ベクター(2656)株価分析 売り推奨

株マイスター ベクター(2656)株価分析 売り推奨

ただ6月15日を売り仕切るポイントとして考えると、6月1日の1030円の高値を付けてから605円になるまで下落を見送っていたことになりますので現実的ではありません。

 

それならば、二日連続で値が跳ねて出来高も急騰した5月29日に売り仕切ったと考える方が自然でしょう。

 

売りのタイミングは無難に仕切った印象

売りのタイミングは株価を見てもわかるとおり、先述したように二日に渡り値が跳び、出来高が急騰するも下落が見えたため、600円割れを懸念して無難に売り仕切ったというところでしょうか。

 

たしかに650円手前は、3月前半に頭を押さえられた水準でもあるため、一旦の売りポイントと判断することもあるかと思います。

ただ、上昇トレンド中であの程度の下落なら、再度上昇する可能性も十分考えられました。

実際に株価は5月31日まで続伸していますし、無難に仕切った分利益を獲り逃した感は否めません。

 

他の過去実績もインパクトに欠ける印象

サイトの公開実績を見ると、損切りしている銘柄もありますね。

株マイスター 評判 実績

実績

逆を返せば、マイナスの実績も公開している投資顧問業者は少なく、株マイスターは明瞭な業者とも捉え方もできます。

 

株マイスターがこのような実績を公開する利点は、オープンな姿勢をアピールできること、それと損切りに対するパフォーマンスを顧客に理解してもらえるということですね。

 

たしかに実績表の損切り幅を見ると、損切りに対するルールが確立されているように見受けられます。ただ逆に、利益確定している銘柄のパフォーマンスにはインパクトが欠けるような気もします。

 

「手堅い」といってしまえばそれまでかもしれませんが、昨今は200%以上の実績を叩き出す投資顧問もザラに存在しますので、株マイスターのアナリスト体制から鑑みると、物足りない印象を受けてしまいます。

株マイスターの基本概要

株マイスター 評判 HP

株マイスターHP

まず、株マイスターの運営会社である株式会社SQIジャパンの運営状態を見てみたいと思います。

  1. 登録番号の表記がある ○40
  2. 代表者名の表記がある ○20
  3. 分析者名の表記がある ×
  4. 事業範囲の表記がある ○5
  5. 住所表記がある ○10
  6. 連絡先表記がある ○10
  7. その他、特商法の表記がある○10

合計で95点となりました。

株マイスターのサイト上の特商法の表記には、分析者名が載っていませんが、恐らく代表者である秋山伸之氏であるとの推測が妥当かと思われます。

 

株マイスター担うアナリスト

株マイスターのサイトの印象として挙がるのは、多方面のスペシャリストと提携をしているという点です。

Yahoo株価予想で「投資の達人」として株価予想やコラムを寄稿する小野山 功氏や本村 健氏など、多方面の方々がコンサルタンティングしているとの記載があります。

株マイスター 評判

また、代表の秋山 伸之氏は、FXの出身だそうで、ITバブルやリーマンショック時など、下げ相場でのショートによるアプローチが得意であったそうです。

この秋山 伸之氏の経歴もさることながら、株マイスターはやや異質な投資顧問業者と言えるかもしれません。

 

世間での評判

株マイスターの利用者の意見や評判としてよく耳にするのが、「可も不可もない」ということです。いわゆる、選定銘柄の精度が「良い時と悪い時がある」と言われています。

普通に考えれば当たり前のことなのですが、やはりそれなりの金銭を支払って情報を享受するというサービスなので、捻出できる利益に対して顧客がシビアになるのはいたしかたないことでしょう。

さらには現在、世間には数多の投資顧問が存在しており、本当に精度の高い投資顧問も存在します。業界全体のレベルから鑑みると、どうしても霞んでしまうということなのでしょうか。

 

株マイスターの総評

株マイスターは、買い場も売り場も無難にこなすという印象を受けます。基本的にスイングを多用しているようですが、今回のベクターのようなケースだともったいなく感じてしまいます。

 

また売り買いの判断を見ていても、極端に言ってしまえば個人トレードに似た手法を行っているように見受けられます。

 

無難な分、大怪我も回避しやすいという利点もありますが、昨今の精度が高い投資顧問だとしっかりと利幅を確保してしまいます。

 

株マイスターのプラン料金はスポットでも10,000円~300,000円でした。

投資顧問の利用という観点からすると、いくら安いプランで契約していたとしても費用に見合う利益が獲得できなければ、魅力は感じないと思われます。

 

 この記事のコメント

  1. なな より:

    ここは 詐欺に近い

    金融庁に通告レベル

 コメントを残す

コメントを残す