新生ジャパン投資 推奨銘柄から「未来予測」の実力を分析

 2020/09/17

新生ジャパン投資
https://shinseijapan.com/

「大化け期待株の候補銘柄」を提供する新生ジャパン投資は、高山緑星氏が代表を務める投資顧問業者です。

高山緑星氏と言えば「未来予測」を武器に2036年までの相場予測が完了したと豪語。

株価先読みに絶対の自信を持っていますが、どうやら世間の評判は芳しいものではありません。

そこで、新生ジャパン投資の「未来予測の実力」を考察するため、元証券マンが新生ジャパン投資の推奨銘柄を分析

大化けする期待を持てるのか、利用者の評判も合わせて紹介します。

新生ジャパン投資の検証

新生ジャパン投資は8月13日にアミファ(7800)を推奨しました。
※紙やプラスチック製品の雑貨の企画・卸会社。大手100円均一が売上の大半。

推奨理由は下記の通りです。

 新生ジャパン投資 推奨理由

・人気のセカンダリー銘柄 ※2019年9月19日ジャスダック市場に上場
・ヒット商品「カスタムノート」で上方修正に期待
・巣ごもり特需関連の本命格に予想

業績期待、テーマ性を重視したファンダメンタル分析からアミファを選定したことが伺えます。

しかし、8月14日大引け後の第3四半期決算では経常利益2億6800万円(前年同期比23.4%減)に減少、同利益を4%下方修正しました。

新生ジャパン投資の分析予想とは真逆の決算発表です。

同社の悪材料の公表を受け、株価はマドを開けて下落しました。

アミファ(7800)の株価チャート

アミファ(7800)の株価チャート

新生ジャパン投資の推奨通りに投資を行った場合、ロスカット目安値でも売ることのできない投資結果となりました。

端的に言いますと新生ジャパン投資の分析力不足です。

巣ごもり関連商品はさておき、行楽、レジャー、パーティーなど、人々が集うシーンで使われる商品は軒並み販売量が落ち込みました。

前回の第2四半期決算時点では業績好調、通期計画の進捗率123.2%と上回っていたことで問題視できていなかったのでしょう。

目先のヒット商品のみに期待した感は否めません。

また、テクニカル分析でチャート分析すると過熱感も出ていました。

アミファ(7800)の株価チャートをRCIで確認

アミファ(7800)の株価チャートをRCIで確認

当時の株価はすでに高値圏であることを示しています。

新生ジャパン投資の推奨レポートにテクニカル分析を行った記載はないため、独自のファンダメンタル分析のみで判断した可能性が高いです。

「未来予測の実力」はおろか「投資顧問業者の実力」から見ても新生ジャパン投資は注意する必要があるといえます。

検証結果を踏まえ、未来予測より先進技術に頼る方が投資勝率を上げるには現実的です。

例えば、株式市場の周期を先読みして上昇期待銘柄をいち早く抽出する循環物色アナライザー は誰でも簡単に扱える銘柄選定ロボです。

株式投資に役立つ機能を備えているので目を向けて見るのもいいと思います。
 

新生ジャパン投資の評判

新生ジャパン投資の口コミは「勝てない」「詐欺」などのネガティブな評判が目立っています。

会員を騙すような行為を新生ジャパン投資が働いている訳ではありません。

先述の銘柄分析結果のように、推奨銘柄が目標通りに株価上昇しないため、利用者から否定的な評判が散見されるようです。

下記、利用者の口コミの一部を引用しました。

新生ジャパンからの指示にきちんと従ったのにも関わらず2銘柄塩漬けです。自分で損切りしたのも2銘柄利確できたのが1銘柄あるにはありますが買値の5%程度上昇ですからね。使えなさすぎ。

引用元:【優良】投資顧問&株情報サイトを分析

(3997)トレードワークスが短期で2倍以上になると言われたのに嘘ばっかりじゃないか!

引用元:株予想会社比較NAVI

情報を横流ししていることはかなり有名ですよね。投資を助言するプロが、そんなことをしだしたらもう終わりですよ。

引用元:株情報サイト・口コミ・評判.com

口コミを見る限り「言っていることと違う」と失望する個人投資家が多いように思えます。

無論、絶対に負けない投資法など存在しないため、ある程度予測を外すことは許容できますが、上記評判は新生ジャパン投資をフォローできる内容ではありません。

さらに銘柄予測を外してもなお、営業活動を継続している様子。

2年半以上、利益が出るどころか代替銘柄、損切りの連続。それでも毎日のように「勝てる」「とっておき」などとメールが来て、金を出せと言わんばかり。ラジオに出ていても詐欺師です。

引用元:株式投資の真理

投資のプロとして有益情報を提供できずに有料プランへの勧誘を続けているのであれば、詐欺と言われても仕方ないかもしれません。

 

新生ジャパン投資 無料サービス

新生ジャパン投資に会員登録をすると、無料で3つのコンテンツが利用可能です。

 新生ジャパン投資 無料サービス

朝刊
市場営業日の毎朝8時40分頃に配信。全体相場の流れ、銘柄情報を記載

夕刊
市場営業日の毎夕4時40分頃に配信。国内マーケット動向から、翌営業日に役立つ情報を記載

無料銘柄相談
所属アナリストが保有銘柄、購入検討中の銘柄の見通しを提案

中でも注目は「朝刊」と「夕刊」。

「朝刊」は前日の米国・欧州株式市場の動向やマーケット指標を紹介してくれるため、寄り付き前に日本市場の動向予測に活かせます。

新生ジャパン投資の相場観も付いているので、参考にしてみるのもおすすめです。

「夕刊」は当日の日本市場の振り返りです。

日経平均株価の変動要因を、海外主要指数を交えながら解説。

また、目立った変動をした業種・個別銘柄を取り上げているので、特に短期トレーダーの方は明日の予測材料に活かせるでしょう。

全体相場動向を把握するコンテンツとしては、利用価値があるのではないかと思います。
 

無料推奨銘柄に「注意」

新生ジャパン投資の「朝刊」には毎日1銘柄、無料推奨銘柄情報が記載されています。

丁寧に「推奨要因・買値・売値・ロスカット値」も添えてあるので、銘柄選びの参考にしようとする投資家もいると思います。

そんな投資家の方へ3点忠告です。

1:未来予測に期待しすぎない

銘柄分析の結果、新生ジャパン投資は下落トレンドに推奨をしていました。

買い直後に含み損を抱える結末となったので、リスクヘッジとして大量買いは避けることをおすすめします。

2:買えない場合がある

下記は4月21日の朝刊に載っていた医学生物学研究所(4557)の詳細です。

 医学生物学研究所(4557) 推奨詳細

前営業日終値:3,750円
エントリー値目安:3,750円~3,862円
利確値目安:4,125円
ロスカット値目安:3,487円

新生ジャパン投資は新型コロナウイルス抗体関連として同銘柄を買い予想。

決め手は4月20日引け後、ニューヨーク州が新型コロナウイルスに対する抗体を測定する、研究用試薬の取り扱いを開始すると発表したことによります。

つまり、新生ジャパン投資は材料を確認した上で銘柄選定を行ったようです。

この材料により医学生物学研究所に買いが殺到。

始値4,080円を記録し、新生ジャパン投資が定めるエントリー目安値では買うことができませんでした。

医学生物学研究所(4557) 4月21日株価推移

このように、すでに個人投資家が注目している銘柄も交じっていることを覚えておいて下さい。

3:動意しない場合がある

下記は4月9日の朝刊に載っていた三桜工業(6584)の詳細です。

 三桜工業(6584) 推奨詳細

前営業日終値:684円
エントリー値目安:684円~704円
利確値目安:752円
ロスカット値目安:636円

新生ジャパン投資はアフターコロナの全固体電池関連本命格として買い予想をしました。

しかし、同銘柄のチャートを日足で見ると横ばいに推移しています。

三桜工業(6584) 4月9日~ 株価推移

確かにアフターコロナを想定した先読みのため、動意付くのはまだ先かもしれません。

大幅な株価変動はないので資産への影響も微々たるものでしょう。

ただ、資金ロックが生じています。

たとえ含み損にならなくとも、日本株全面安のチャンス相場で資金ロックはいけません。

他銘柄に投資する機会を失っています。

毎日銘柄推奨をしてくれる点は評価できますが、必ずしも期待できる訳ではないので自己責任で臨んで下さい。

 

ログイン・退会方法

新生ジャパン投資の利用者から「ログイン・退会」方法が分かりずらいという評判が見受けられたので、あわせて紹介します。

ログイン方法

新生ジャパン投資にログインするには下記ページにアクセス。

新生ジャパン投資 ログインページ

お持ちのログインID・パスワードの入力で完了です。

退会方法

新生ジャパン投資を退会するには、会員自ら電話またはEメールにて申請を行う必要があります。

新生ジャパン投資 退会方法

電話 :0120-965-633
Eメール:info@shinseijapan.com

退会したい旨を伝えるだけで問題無いので、都合の良いやり方で行って下さい。
 

新生ジャパン投資 有料サービス

新生ジャパン投資では7つの契約プランが用意されています。

※A~D及びFは募集停止中。
 
<A>レポート会員

■料金
21,600円(1ヶ月) /216,000円(1年契約)
■提供情報
投資情報をホームページ有料サイトで掲示、またはFAXで送付(1週間に1回以上)

 
<B>日経225先物・為替成功報酬会員

■料金
32,400円(3ヶ月) 成功報酬純利益の32.4%
■提供情報
Aに加えて、電話・電子メール・FAX・文書・面談によって、日経225先物及びオプションと外国為替に対する売買助言。会員の投資相談有り。

 
<C>成功報酬会員

■料金
・32,400円(3ヶ月) 成功報酬純利益の32.4%
・324,000円(6ヵ月)成功報酬純利益の21.6%
・540,000円(1年)成功報酬純利益の21.6%
・報酬体系は個別対応 (成功報酬法人会員専用)

■提供情報
A,Bに加えて、電話・電子メール・FAX・文書・面談により、売買の助言を行う。会員の投資相談有り。デイトレから短期・中期・長期投資まで対応。中長期ポートフォリオを形成。

 
<D>髙山緑星の売買指示ライブ中継会員

■料金
・54,000円(1ヶ月)
・162,000円(3ヵ月)
・324,000円(6ヵ月)

■提供情報
東京市場の取引時間前後および取引時中に、国内の有価証券の買い推奨および売り推奨をライブ配信。ホームページにレポート掲載(週に1回)

 
<E>髙山緑星の未来予測銘柄会員

■ホットストックコース(単発契約)
■料金
・25,000円(30%)
・30,000円(40%)
・45,000円(50%)

■提供情報
提供銘柄の目標株価期待値30%~50%のものが該当<
■スペシャルホットストックコース(単発契約)
■料金
・50,000円(60%)
・65,000円(70%)
・95,000円(80%以上)

■提供情報
提供銘柄の目標株価期待値60%~80%以上のものが該当
■ストラテジーストックコース(期間契約)
■料金
・150,000円(1ヵ月プラン)
・390,000円(3ヵ月プラン)
・690,000円(6ヵ月プラン)

■提供銘柄数
・6銘柄以上/1ヶ月 (1ヵ月プラン)
・18銘柄以上/1ヶ月 (3ヵ月プラン)
・36銘柄以上/1ヶ月 (6ヵ月プラン)

■提供情報
契約期間中、プランごとの当社が推奨する情報をメール等の電子媒体等の方法により公開

 
<F>定額会員

■料金
・2,160,000円(1年)

■提供情報
A,Bに加え、電話・電子メール・FAX・文書・面談により随時、売買助言。会員からの投資相談有り。デイトレから短期・中期・長期投資までの投資サポート。中長期ポートフォリオを形成、会員の資産形成を目指す。

 
<G>髙山緑星の【勝ち株ホットLINE】

■料金
・39,800円(1ヶ月)

■提供銘柄数
・4銘柄以上/1ヶ月
■提供情報
月額会員制の銘柄配信サービス・月額課金サービス。配信はメール(もしくはLINE)。主にデイトレ~スイング目線の銘柄を配信。利益確定時、ロスカットや追加買い時などには適時フォロー情報配信。
ストリームメディア・コーポレーション(4772)の検証

 
新生ジャパン投資は12月30日にストリームメディア・コーポレーション(4772)を推奨。
※テレビ、モバイルなどを通じた韓流スターのコンテンツ事業を主体。一部タレントグッズなどの物販も行う。

推奨株価の記載はないため、当日の終値280円を基準に分析を進めます。

下記、チャートをご覧ください。

丸で囲っているローソク足に注目です。

推奨日直前で「はらみ線」が出来上がり株価下落していました。

ストリームメディア・コーポレーション(4772) はらみ線

はらみ線とは、前日のローソク足に翌日のローソク足が収まっている状態を指します。
※「陽線・陰線」の組み合わせ、はらみ線の「形成位置」でトレンドの読み方は異なる

相場に反対の力が現れ、勢いを戻そうという状況です。

売買の勢いの均衡を読み、株価が上放れるか下放れるかを判断するテクニカル分析の1つです。

また、はらみ線は「高値圏・低値圏」で現れるのか、「陽の陰はらみ」※1「陰の陽はらみ」※2なのかで見方が異なります。
※1 前日陽線で翌日陰線の組み合わせ ※2前日陰線で翌日陽線の組み合わせ

今回は「陽の陰はらみ線」です。

同銘柄のはらみ線は「高値圏」で、「前日の陽線(25日)」が「翌日の陰線(26日)」を包み込んでいます。

これは買い方が売り方に押され、株価上昇の勢いが衰えていることを現します。

つまり、下落トレンドの示唆です。
 
はらみ線の翌日も陰線

下記の通り、はらみ線の翌日も陰線を形成していますね。

ストリームメディア・コーポレーション(4772) はらみ線の翌日は陰線

「陰線のはらみ線」の次に、さらに「陰線」が続くのは重要なポイントです。

売り圧力が強くなりゆるやかな下落トレンドを示唆します。

新生ジャパン投資が緻密なテクニカル分析をしていれば、このタイミングで買い推奨を出すことはなかったでしょう。

案の定、翌日から株価は下落。

推奨日(12月30日)の終値280円に対し、1月27日現在は終値211円。騰落率-24.6%となっています。
 
未来予測は失敗

テクニカル分析もさることながら、新生ジャパン投資は未来予測も失敗しています。

ストリームメディア・コーポレーションの推奨日は12月30日の大納会です。

新生ジャパン投資は年始のフラッシュ・クラッシュを考慮していなかったのでしょうか。
※「瞬間急落」を意味する相場用語

フラッシュ・クラッシュは長期連休明けに起きやすく、1年前の年始も波乱相場となりました。

それだけ大納会の買いはリスクが高いということです。

そして、昨年同様、2020年の株式市場は波乱の幕開けとなりました。

年末年始の閉場期間(12月31日~1月5日)後、1月6日の株式市場は米国・イラン紛争の影響を受けます。

紛争を不安視する投資家は市場から撤退、日経平均市場は2019年11月21日以来、約1ヶ月半ぶりに23,000円を割り込みました

日経平均株価 2020年1月株価

続いて、中国の武漢市で新型肺炎のコロナウィルスが発症。

1月22日には市場の影響が顕著になり、世界経済鈍化への懸念が強まって株の投げ売りが起きました。

株価下落に影響する要因が多い月でしたね。

新生ジャパン投資がどのような未来を見据え、12月30日に推奨を出したのか…。

ストリームメディア・コーポレーションも外的要因を受けながら株価下落した訳ですから、未来予測は出来ていなかったと言えるでしょう。

新生ジャパン投資の成功例・失敗例

 
新生ジャパン投資の特徴と言えば、高山緑星氏の未来予測。

「2036年までの相場を先読みしている」と豪語しており、株価動向を掴めているのだとか。

にわかには信じがたい話のため、新生ジャパン投資の推奨銘柄を確認すると、やはり必ずしも未来予測ができているわけではなさそうです。

今回は推奨事例から、未来予測の「成功例・失敗例」を紹介します。

 
新生ジャパン投資 大化け株の「成功例」

大化け株の成功例はUUUM(3990)です。
※ゲーム実況動画などを提供するYouTube・YouTuber関連のテーマ銘柄です。
 

新生ジャパン投資 UUUM(3990)株価 買い判断

新生ジャパン投資 UUUM(3990)株価 買い判断

新生ジャパン投資がUUUMの情報提供をしたのは、2018年11月30日株価3,830円。

一目均衡表の雲を上抜け、上昇サインを見せていました

これは11月29日に、任天堂(7974)の著作物の取り扱いに関して、包括的許諾を継続することで合意した発表があったためです。

任天堂から許諾を受けているYouTube関連の企業は、世界的にもUUUMだけでした。

新生ジャパン投資がUUUMを選んだのは、旬なテーマ性を持っている銘柄であることに加え、好材料による株価上昇を狙ったと推測できます。
 
外的要因は度外視 決算発表まで保有

新生ジャパン投資 UUUM(3990)株価推移

新生ジャパン投資 UUUM(3990)株価推移

12月25日はトランプ大統領のツイッター発言をきっかけに、あらゆる市場で株価は下落。

日経平均株価も2017年9月以来、約1年3ヶ月振りに20,000円を下回りました。

しかし、UUUMの株価はさして影響を受けません。

上昇サインが機能していたことと合わせて、1月11日に控える19年第2四半期決算に期待していたためでしょう。

新生ジャパン投資の予想通り、19年第2四半期決算は明るい内容でした。

連結経常利益は7.2億円(前年比2.9倍)に急拡大し、通期の同利益を8.4億円→10.9億円(29.6%増)に上方修正しました。

これによりUUUMの買いが集中。

翌日の株価急騰に乗ることが出来ました
 
ひと足早くに売り判断

新生ジャパン投資 UUUM(3990)売買利益 騰落率

新生ジャパン投資 UUUM(3990)売買利益 騰落率

UUUMの株価は2月14日に高値更新。

新生ジャパン投資も同日に売り判断を下し、騰落率79.4%を挙げたようです。

ちなみに翌日は大陰線を形成。

日経平均株価の続落により、利確売りする投資家が多かったのでしょう。

UUUMの取引では相場動向を見極め、理想的な売買タイミングを取れたと評価できます。

 
 新生ジャパン投資 大化け株の「失敗例」

新生ジャパン投資は、2018年8月1日にメルカリ(4385)を推奨。

株価4,730円で買い推奨を出しました。

新生ジャパン投資 メルカリ(4385)株価 買い判断

新生ジャパン投資 メルカリ(4385)株価 買い判断

一部の投資家の間では「4,000円が株価反発の目安」という見解があり、新生ジャパン投資も「4,000円を割る可能性は低い」と推測していたのかもしれません。

しかし、8月10日以降、新生ジャパン投資の予測に反してメルカリ株は下落

8月13日には反発ラインの4,000円を下回りました。

これは、8月9日の18年6月期連結決算発表によるものでした。

連結最終損益は70.4億円の赤字(前期は42億円の赤字)に赤字幅が拡大。

6期連続赤字となったことで、投資家の失望売りが続いたためです。

新生ジャパン投資の未来予測では、企業の業績までは予測できないのかもしれません。

 
ロスカット判断は苦手

新生ジャパン投資 メルカリ(4385)株価 売買利益 騰落率

新生ジャパン投資 メルカリ(4385)株価 売買利益 騰落率

18年6月期連結決算発表による株価下落はしばらく続き、トレンド転換したのは12月中旬頃。

約4ヶ月もの間、下落トレンドとなりました。

新生ジャパン投資が売り推奨を出したのは2019年1月11日の株価2,010円。

買値4,730円のため、騰落率-57.5%の取引です。

新生ジャパン投資がもっと早い内にロスカット判断していれば…。

「高値で買って安値で売る」結果となり、残念な投資判断でした。

 
ロスカット後に株価は回復…

新生ジャパン投資 メルカリ(4385)株価 売り判断後

新生ジャパン投資 メルカリ(4385)株価 売り判断後

皮肉なことに、新生ジャパン投資がロスカットした直後に株価は上昇

2019年2月には株価3,400円台まで回復しました。

新生ジャパン投資がロスカット判断を下したのは株価2,010円です。

もし、株価先読みの未来予測ができていたのであれば、あと1ヶ月は待ちたかったところです。

売買タイミングは失敗した事例でした。
 
必ずしも成功しない、新生ジャパン投資の未来予測
新生ジャパン投資の未来予測は「成功例・失敗例」があるように、必ずしも個別銘柄が大化けをする訳ではなさそうです。

メルカリの失敗例を見ると、先読みが出来ているようには思えません

株価反発ラインが機能することはなく、騰落率-57.5%で損切り後に再び上昇トレンドに反転する局面でした。

新生ジャパン投資のような未来予測はせずに、独自の分析方法を用いて上昇株の提供に務める投資顧問業者 もいるので、比較しながら利用を検討するのもいいでしょう。

 

新生ジャパン投資 未来予測には期待し過ぎず

新生ジャパン投資の未来予測は「不発」に終わることが分かりました。

推奨銘柄の選定理由、投資結果を分析すると、銘柄分析のあまさが目に付きます。

高山緑星氏のネームバリューに惹かれて情報活用すると痛い目を見るかもしれないので、まずは無料推奨銘柄の株価動向をしばらく観察した後、利用検討するのがいいと思います。

もしくは他の投資顧問業者と実力を比較するのもおすすめです。

例えば、一人ひとりに投資状況を「見える化」して投資戦略を立てる投資顧問AIP は、今勢いのある投資顧問業者の1社です。

きっとあなたの株式投資の質を高められると思います。

【特選】証券マンおすすめのスクリーニングツール

 この記事のコメント

  1. 匿名 より:

    この投資顧問なおさら信頼できない、
    本当に痛い目に会いました。含み損抱えている。

  2. 匿名 より:

    新生ジャパンに加盟して数年間、一度たりとも利益なし。損切りして代替えの銘柄を薦められて・・・。その銘柄も全く利益でない。前池社長の先見性は直近では寄与せずじまいでした。ここは絶対辞めといた方がいい。ガサネタ、嘘情報だけで客を騙して営業している。前池は詐欺師です。如何にもいかがわしい髭で客を騙してもっともらしい嘘偽り情報の発信者です。
     

  3. 被害者 より:

    2年半以上、利益が出るどころか代替銘柄、損切りの連続。それでも毎日のように「勝てる」「とっておき」などとメールが来て、金を出せと言わんばかり。ラジオに出ていても詐欺師です。

  4. 経過報告 より:

    2016年5月に「短期利益確定…」という銘柄購入から代替銘柄、補充銘柄で7連敗。その後、現在は5銘柄が継続中です。銘柄1は±0、銘柄2は-22%、銘柄3は+9%、銘柄4は-63%、銘柄5は-20%。一度も利益確定できていません。ロスカットや代替のタイミングが遅く、資産は当初の3割程度に目減り。金取る資格・才能はないですね。同じ口コミを他のサイトにも投稿。削除されているようなら、そのサイトも怪しいと判断できますよ。継続的に投稿します。

  5. 経過報告 より:

    2016年5月に「短期利益確定・・・」という名目で推奨銘柄を購入。すぐに損切り、その後の代替銘柄、補充銘柄の経過報告。代替銘柄Aは-40.8%、代替銘柄Bは-62.3%、代替銘柄Cは早々に損切りでそのまま。その後の補充銘柄Dは-30.4%、補充銘柄Eは-44.3%、補充銘柄Fは-15.2%、補充銘柄Gは+20.8%、補充銘柄Hは-32.9%ですべて継続保有を推奨とのこと。その他、補充銘柄1つは損切りの指示、補充銘柄1つは上場廃止。1勝9敗の成績でも「30日で結果を出す銘柄」みたいなメールを毎週のように送ってきます。ちなみに同様の口コミを他のサイトにも投稿したので、削除されているようなら、そのサイトの信憑性もそんなもんですよ。定期的に投稿します。

  6. 匿名 より:

    買った2銘柄が続けてストップ安、代替銘柄が今日赤字決算発表。
    登録のない投資顧問でもここまで外さないでしょう。
    登録してるからといって安心はできないことがよくわかりました。
    電話すると1年や2年持っている人がいるから勝率はわからないと言われ絶句しました。10ガバーをみなさんが持っているのでしょうか?

  7. 経過報告 より:

    2年7か月前に「短期利益確定・・・」で推奨銘柄をすぐに損切り、代替銘柄①は-54%、代替銘柄②は-63%、その後の補充銘柄①は-20%、補充銘柄②は-43%、補充銘柄③は-15%、補充銘柄④は-42%、補充銘柄⑤は+4%です。こんな状況でも本日送られてきたメールには「“爆発寸前”と見て良いと思っています。ポンと乗って、ポンと降りるような動きも期待出来るようになってきました。」とあり、更に推奨銘柄にお金を出せと。ちなみに同じ内容を同じ日に他の口コミサイトにも投稿しています。削除されているようなら、その投稿サイトの信頼度もその程度かと参考になるのでは。月1くらいで経過報告します。

 コメントを残す

コメントを残す