投資顧問四季の無料銘柄、極東産機(6233)は勝てる?

 2018/12/21

四季~SHIKI~
https://shikid.jp/

最近、投資顧問四季の無料銘柄である極東産機(6233)を推奨された利用者からの苦言がネット上に見られます。

内容は推奨後に極東産機の株価が下落し続けているというものです。

そういった評判は他の投資顧問でも見かけますが、四季に関してはそれだけでは済ませられない理由があります。

それは四季が無登録業者であり、銘柄推奨を行う資格を有していない点です。過去の検証では、四季が有料で会員に銘柄を推奨しているという口コミも多く確認できているため、ブラックな業者であることは間違いないでしょう。

 

今回の極東産機は無料銘柄だったので、法令違反に該当するとは言えません。しかし、含み損を起こしているのあれば利用者側からすると被害そのものです。

一方、雅投資顧問は同銘柄を推奨し+906,000円の利益確定で手仕舞いしましたが、今回の四季の推奨経緯はどのようになっているのでしょうか。

 

具体的な銘柄や推奨された日も判明しているので、値動きからその推奨精度を他の投資顧問と比較・分析してみたいと思います。

 

IPO利益確定後のタイミングで買い推奨

極東産機は、2018年9月27日に上場したばかりの企業です。405円の公開価格に対し初値は696円。

その後、利益確定売りで600円を割り込むもセカンダリーでも人気化し、3日連続でストップ高、10月3日には1,597円まで躍進します。

投資顧問四季 無料銘柄 比較 極東産機(6233) 株価

投資顧問四季 無料銘柄 極東産機(6233) 株価

10月3日の1,597円が極東産機の現在(2018年12月18日)までの上場来高値でもあります。

それ以降はダブルトップを形成して、株価は下落の一途を辿ります

 

投資顧問四季の投資判断を検証

四季は下落の最中である11月14日に買い推奨を行ったそうです。極東産機の値動きを見ながら、買い判断の経緯をひも解いてみましょう。

 

買い判断した根拠を推測

投資顧問四季 無料銘柄 比較 極東産機(6233) 株価2

投資顧問四季 無料銘柄 極東産機(6233) 株価2

四季が、この日を買い場と判断した要素は、寄付きが買い気配となったことだと推測できます。当日は上場日から33日目の変化日でもあり、5日移動平均線を上抜けて寄り付いたことで反転を目論んだのでしょう。

 

この5日移動平均線を上抜けていった場合、確かにいったん上がることもあり短期で見れば買い場ともとれます。

しかし、少しでも横ばい・下落が見えれば上がらない可能性も十分にあります。

 

そして、実際にはこの後もダウントレンドは継続していきました。

 

ダウントレンド継続!長期での視点に欠けた投資判断

そもそも値動きの全体をよくよく見ると14日の寄付きは動意と見るには乏しいですね。11月14日の値は2日前の高値から1円高いだけで、5日移動平均線を突破していると言うには無理があります。

投資顧問四季 無料銘柄 比較 極東産機(6233) 株価3

投資顧問四季 無料銘柄 極東産機(6233) 株価3

案の定、寄り付きから後は下げ一方向で、高値寄りの安値引けとなっています。ダウントレンドは継続しているわけですから、翌日から再び下落基調が再開されています

四季の投資判断は11月14日単日の判断としか考えられません。いわば「木を見て森を見ず」といった長期での分析視点に欠けた買い判断ですね。

 

雅投資顧問の極東産機(6233)推奨と比較

では、今回の極東産機に対する四季の売買判断は他と比べて評価できるものなのか…。

実際に同じ銘柄を推奨していた投資顧問と比較してみます。

 

上場来安値を捉えた雅投資顧問

実は極東産機は、かつて雅投資顧問も売買推奨していました。と言っても、四季とは参戦時期が全然違います。

当サイトでも既に雅投資顧問の極東産機の売買は検証しましたが、IPO利確売りで値下がるタイミングをしっかり拾っています。この時の買い推奨値はほぼ上場来安値の水準です。

投資顧問四季 無料銘柄 雅投資顧問 極東産機(6233)売買推奨との比較

雅投資顧問 極東産機(6233)売買推奨との比較

 

最良の投資効率でされた売買判断

対して、売り推奨はまさに上場来高値を付けた10月3日にされています。つまり、現時点での極東産機の株価の頭と尻尾を取っているわけですね。

 

値動きの推移を見ても、間3日がストップ高張り付きで全く無駄がありません。言ってみれば、買い場から売り場までほぼ一直線に上昇していたことになります。

これは、四季の推奨判断と比べて圧倒的に時間単位での投資効率が良いと言えます。たった4日で株価が2.6倍です。

 

当サイトでも雅投資顧問の株価検証は何度か行っていますが、その中でもこの極東産機の推奨はトップクラスで良い内容だったと言えますね。

 

投資顧問四季の極東産機(6233)推奨の総評

今回は四季の極東産機における投資判断を雅投資顧問の推奨と比較してみましたが、その差は一目瞭然でしたね。

 

まず狙い所が全然違いますし、雅投資顧問は+145.1%という利益を確定したのに対し、四季の利用者は未だ損失を含んだまま極東産機を保有しているようです。

雅投資顧問が極東産機を投資対象としていた期間がまさにピークであり、四季が目を付けたときには既に「時遅し」といったところでしょうか。

 

先にも述べましたが、そもそも四季は無登録業者なので真剣に利用すること自体が愚行です。

とはいえ、同じ株式を扱っていながらここまで差があることには改めて驚かされるものです。投資顧問選びは慎重に行うべきと切に思うところですね。

 コメントを残す

コメントを残す