アレス投資顧問の成功報酬型 仕組みを元証券マンが解説

 2019/02/04

アレス投資顧問の有料サービスは「成功報酬型」を採用していますが、その契約内容がちょっと不思議です。

本来、成功報酬型と言えば、契約期間中に発生した利益の一部を利用料金として支払うものですが、アレス投資顧問の成功報酬型は「成功報酬」と合わせて「会費」まで必要となります。

そこで、元証券マンの管理人がアレス投資顧問の成功報酬型を見ながら、計算の仕方をまとめていきます。

アレス投資顧問 成功報酬型の内容を整理

アレス投資顧問の成功報酬型を初めて目にした時、「割高でないのか?」と率直に感じました。

冒頭でも触れましたが、取引利益の一部を「成功報酬」としてアレス投資顧問に支払うだけでなく、契約時に別途「会費」が発生します。

「成功報酬」しか取らない投資顧問もある中で、アレス投資顧問は「会費」名目の費用が掛かってしまうわけです。

「会費」を余裕で回収できるほど、良い結果がでれば問題ないかもしれませんが・・。

まずは、アレス投資顧問の成功報酬型の内容を見ていきましょう。

 

成功報酬型 4パターン準備

成功報酬には「トライアル会員」「スタンダード会員」「プレミアム会員(180日)」「プレミアム会員(360日)」の4つが用意されています。

アレス投資顧問 有料サービス

アレス投資顧問 有料サービス

トライアル会員(キャンペーン)
契約期間 :30日
報酬額  :10万円(会費)+成功報酬金
提供銘柄数:1銘柄(値上がりが見込まれる推奨銘柄)

スタンダード会員
契約期間 :90日
報酬額  :20万円(会費)+成功報酬金
提供銘柄数:4銘柄(投資価値が高いと判断される推奨銘柄)

プレミアム会員(180日)
契約期間 :180日
報酬額  :60万円(会費)+成功報酬金
提供銘柄数:13銘柄(投資価値が高いと判断される推奨銘柄)

プレミアム会員(360日)
契約期間 :360日
報酬額  :100万円(会費)+成功報酬金
提供銘柄数:24銘柄(投資価値が高いと判断される推奨銘柄)

それぞれの違いはというと、サポートを受けられる契約期間と提供銘柄数が異なります。

提供銘柄の上昇期待値も少し変わるみたいですね。助言者の「阿部 隆さん」「矢野 恵太さん」「齊藤 浩友さん」で担当を分けているのかもしれません。

アレス投資顧問 助言者

アレス投資顧問 助言者

仮にトライアル会員を例に挙げると、30日間で「10万円(会費)+成功報酬金」分の利益を上げられなければ、赤字となってしまいます。

アレス投資顧問から上昇率の高い銘柄を受け取れるのか、はたまた購入株数を積まなければいけないのか。どちらにせよ現時点ではハードルの高い「成功報酬型」と評価させていただきます。

続いて成功報酬金の内訳をチェックしてみましょう。

 

成功報酬金 売却利益の20%

アレス投資顧問の成功報酬金は、契約期間中に推奨銘柄を売却(空売りの場合は買い戻し)した場合に発生します。
※例えばトライアル会員なら30日間、スタンダード会員なら90日間

「それなら契約期間後に売ればいいのでは?」とも考えますよね。でも、アレス投資顧問は契約期間内に値騰がる銘柄を分析、提供してくれるため、下手に推奨銘柄を保持し続けることで塩漬けする可能性もあるわけです。

では、アレス投資顧問の成功報酬金は、具体的にどのくらい掛かるのかを確認します。

結論からいいますと「利益-取引手数料」の20%を成功報酬金として、アレス投資顧問への支払いが必要となります。

アレス投資顧問 20%

 

例えば、売却利益10万円、取引手数料200円の取引が発生したとします。

その場合「(10万円-200円)×20%=19,960円」が成功報酬金となります。

1,000円未満の端数は切り捨てされるので、19,000円が成功報酬金、純利益は81,000円です。

 

通算損益がある場合は発生なし

アレス投資顧問は「損が出た際にはその損を埋め合わせるまで、成功報酬金が発生することはありません」と掲げています。

通算損益とは、端的に言うとロスカットした場合です。ロスカット額を他推奨銘柄の利益で±0にするまで、成功報酬金を取りませんということですね。

例えば、売却利益10万円、通算損益5万円、取引手数料200円の取引が発生したとします。

その場合「(10万円-5万円-200円)×20%=9,960円」が成功報酬金となります。

1,000円未満の端数は切り捨てされるので、9,000円が成功報酬金、純利益は90,000円です。

アレス投資顧問の成功報酬型のイメージは持っていただけましたでしょうか?

こちらではアレス投資顧問の事例に成功報酬型を当てはめたので、取引結果を見ながら「会費」+「成功報酬金」がお得なものかを確認していただけたらと思います。

 あわせて読みたい

 

 

 コメントを残す

コメントを残す