日本」タグアーカイブ

経済の長期的衰退に陥ってしまった日本…その理由と対策手段

日本が長期的衰退に陥ってしまった理由|これまで終戦後は高度経済成長期によって日本は世界の先進国として並べられる程の国家へと進化を遂げていった。しかし、現在はそこから徐々に下り坂に入っている。なぜ、日本は衰退という流れに陥ってしまったのだろうか?

日本の最低賃金と生産性向上に向けて、何が必要か?

日本の最低賃金問題|現在の日本は世界的に見ても経済規模が大きいのが特徴だが、将来の人口減少が確実であることもわかっているため、生産性を上げるための施策が必要となっている。政府による根本的な企業統合促進政策も強く求められているのが実態だ。

日本の労働実態が少子化・婚姻率の低下の原因に

高齢化と少子化|日本は今、超高齢化社会、少子化社会が問題視されているのは国民も把握している。高齢化が進むことで悲観的に考えている人も少なくないが、社会が変化に対応していくための能力がしっかり構築できていれば、それほど問題ではないという見方もある。

株価暴落と米国市場、気になるアメリカと日本の今後の展開

これまでは適温相場であった|株式市場において「適温相場」と呼ばれる段階から一気に下落し、ニューヨーク市場では混乱が広がった。FRB(米連邦準備制度理事会)の利上げ自体は基本的に株価にとって悪材料となるが、ペースがゆっくりであり米国をはじめ、世界の景気は良い傾向にある。

中国人女性が日本化粧品を購入する割合が増えている、その背景とは?

訪日中国人の消費支出における大半は化粧品|近年、訪日外国人は増加傾向にあり、中でも中国人観光客が多く、爆買いにおける消費がまだ記憶にも新しいのではないだろうか。そんな中、訪日中国人の消費支出で最も多いとされるのが化粧品だ。

人工知能(AI)における日本の失業問題

人工知能による失業の影響とは|目覚ましい人工知能の発達で、今後日本でも失業者が多く出てしまうことがすでに懸念されている。特に人工知能によってこれまで人の手で行っていた仕事内容が自動化されれば、それらに携わる人々は職を失ってしまうことになるのだ。

東京のタワマンが売れない…外国人投資家が日本を捨て、イギリスに移る理由

東京のタワーマンション、ブームは去ってしまったのか|2000年を越えた頃から増え始めたタワーマンションは、今では東京にいくつもそびえ立っている。そんなタワーマンションでは、東京五輪を2年後に控えているということもあり、売却を図っている所有者が多く見られるが、実際のところなかなか売ることができない状態にあるという。

日米株価に生まれる差の要因とは?同方向に動くメカニズムを解説

足並みが乱れつつある日米株価 よく日本の株式市場は、「前日の米国の株価推移を引き継ぐ」と言われています。「ダウが上昇したなら、翌日の日経平均株価も上昇する」といった具合です。 しかし昨今、日米の株価はお互いの歩調に乱れが… 続きを読む »