今の相場でハイリターンを狙える株を分析 循環物色アナライザー

 2020/12/04

循環物色アナライザー
https://junkan-toushi.com/

循環物色アナライザーは、”今の相場で買うべき株”がひとめでわかる銘柄選定ロボです。

次々と移り変わる株式市場の循環をデータ分析。今の相場でハイリターンを狙える株を選別します。

相場や日経平均の変動を心配することなく、有望株への投資に集中できると評判です。

循環物色アナライザー 成果に差を生む銘柄選び

独自理論に基づく予測分析で勝てる銘柄を導き出している循環物色アナライザー。

投資成果がグンと伸びる銘柄選びを実現しています。

12連騰で年初来高値を更新したダントーHD、ダブルバガー達成かというオークファン。

循環物色アナライザーが予測分析した銘柄の株価上昇が数多く確認されています。
 

循環物色アナライザーの際立つ分析精度

循環物色アナライザーが今までの銘柄分析との違いを生んでいるのは、その分析精度の高さ。

理論上で優れた分析法でも実際の投資で通用しなければ意味がありません。

その点、循環物色アナライザーが選んだ銘柄の実績は圧巻です。
 

 循環物色アナライザーの銘柄実績

レノバ(9519) ↑309.8%
1180円(9/16) ⇒ 4835円(1/13)

ツインバード(6897) ↑248.3%
603円(10/14) ⇒ 2100円(1/8)

メドピア(6095) ↑92.4%
4600円(9/23) ⇒ 8850円(1/4)

アステリア(3853) ↑70.4%
723円(9/15) ⇒1232円(12/1)

フジプレミアム(4237) ↑62.8%
333円(12/9) ⇒ 542円(1/13)

 
これらの銘柄が抽出された時期の相場を振り返ると、9月はボラティリティが高く不安定、10月は底堅い値動きでした。

その中で、ハイリターンを狙える騰落率の高い銘柄を選別した循環物色アナライザー。

使うと使わないで投資成果に差が出るのも当然です。

循環物色アナライザー

https://junkan-toushi.com/

▷ 体験版を申し込む


 

注目される銘柄の予測を実現

ハイリターンを狙える個別銘柄の予測ができるのは、循環物色アナライザーが最新技術と統計学を駆使した独自システムで、段階的な分析を行っているからです。

株式市場の変動に影響する要因は様々。その要因に関する情報だけでも膨大な量になります。

膨大な情報から1回のデータ分析で適切な個別銘柄を選定するのは至難の業。精度が低くなるのは容易に想像できます。

循環物色アナライザーは、

株式市場の循環

銘柄タイプ

個別銘柄

と段階を分けることで分析の精度を保ち、注目される銘柄の予測を実現したのでしょう。

循環物色アナライザーの解析の流れ

循環物色アナライザーの解析の流れ

循環物色アナライザーの予測力の高さが、はっきりと見て取れた銘柄があります。

ウェストホールディングス(1407)です。
 
■ 循環物色アナライザー 解析の流れ

株式市場
グロース株・バリュー株が物色されていると循環物色アナライザーは解析。

銘柄タイプ
当時、バイデン氏が米大統領選挙で優勢。上昇期待値の高い再生可能エネルギー関連株が注目されることを解析。

個別銘柄
ウェストホールディングス(1407)を選別。

その後、騰落率+98.5%(2,745円→5,450円)を記録しました。

ウェストホールディングス(1407)の株価チャート

ウェストホールディングス(1407)の株価チャート

このように段階的に解析を行い、ハイリターンを狙える個別銘柄を予測分析する循環物色アナライザー。

株価に影響を与える要因の分析も終わっているため、相場や日経平均の変動を気にする必要はありません

あとは循環物色アナライザーが分析から導き出した“これから注目を集める銘柄”に投資するだけです。

循環物色アナライザー

https://junkan-toushi.com/

▷ 体験版を申し込む


 

今の相場で結果を残せる銘柄を選別

結果に差が出ると評判の「循環物色アナライザー」の最大の特徴は“今の相場”で買うべき株の選別が行える点です。

世にある株のスクリーニング機能は、PBR、ROE、売上高成長率、自己資本比率などの株価指標を基に、条件に合った銘柄が残る仕組みです。

しかし、今買うべきなのかを測る株価指標はないため、今は買わないほうがいい銘柄まで残ってしまうことがあります。

 

株式市場の循環サイクルを読み取り

循環物色アナライザーは、指標のない市場の変化を読み取るため、ニュース、企業情報、業種、セクター、各市場…変動要因に関するありとあらゆる情報をデータ分析機能と融合。

株式市場の移り変わりも予測して“今の相場”で買うべき株を選別します。

例えば、オークファン(3674)
※商品在庫管理や再流通ECのサービスが成長中の企業

新型コロナのトレンドにあわせて経営戦略を打つ同社を、循環物色アナライザーは急騰する前にスクリーニングしました。

オークファン(3674)の株価チャート

オークファン(3674)の株価チャート

夏の新型コロナ第2波からますます企業の倒産、失業者の増加をアルゴリズムが予測。

これから倒産企業の商品在庫処理や副業ニーズが増えることを算出して、中古市場が株式相場で注目されることを解析しました。

オークファンは中古市場向けサービスを中心に業績を伸ばしている企業。

好業績に期待できるのはともかく、時価総額300億円以下の成長企業のためテンバガー化も夢ではありません。

相場の循環サイクルを読み取れば、株価指標だけでは埋もれてしまう”今買うべき銘柄”の選別が可能ということ。

これなら、高値掴みのリスクも少なく思い切った投資が出来ます

また世間的には注目度の低いお宝銘柄や出遅れ株が選定されることもあります。

例えば、田中化学研究所(4080)。

出来高の少ない同銘柄を循環物色アナライザーは選定し、翌々営業日から株価は急騰。

田中化学関連(4080)の株価チャート

田中化学関連(4080)の株価チャート

田中化学研究所は株探の人気テーマにもランクインする電気自動車関連です。

世間の注目は高かったのでいつ急騰してもおかしくない中、なぜか享受しない出遅れ株でした。

結果的に時間差で物色されたことが急騰理由ですが、投資家の関心が低い有望株も選別できるのは循環物色アナライザーの強みでしょう。

循環物色アナライザー

https://junkan-toushi.com/

▷ 体験版を申し込む


 

循環物色アナライザーのレビュー

循環物色アナライザーが搭載する独自開発の分析機能があれば、投資家の間で評判になるのも不思議ではありません。

どこに魅力を感じる投資家が多いのか、循環物色アナライザー利用者の声を見てみましょう。

ソフトを買って出てきた銘柄を買うだけなのでとても簡単でした。それだけシンプルなのに驚く程効果があります。今月折返し地点の今日で、月間利益率が150%を超えてるのですから驚きです。

引用元:株的中.com

9月抽出のオークファンでは何度か売買して利食いを繰り返してるけど、抽出された当時から見れば遂に上昇率100%を超えてきましたね。このソフトは勝率80%以上って事ですが、どのくらいの期間で集計してるんだろう…?2か月や3か月スパンで見れば80%どころか90%以上な気がします。

引用元:口コミ株予想.net

3倍弱なら充分すぎると思ったのは俺だけだろうか。俺は1ヵ月で60%ちょっといったところで売却してしまったから、ホールドし続ければ良かったと後悔してるよ。その分他に出てた銘柄でプラスはとれてるけど。1つの銘柄で3倍とかいくと気持ちいいだろうね。

引用元:株予想会社 比較NAVI

かんたんにハイリターンを狙える株を知れることが利用者から高い評価を受けています。

銘柄分析不要、相場予測不要。

循環物色アナライザーが抽出する株をただ買って保有するだけで、これまでの投資成績を上回る投資家も少なくないようです。

着々と循環物色アナライザーの知名度が上がっていることにも納得できます。

循環物色アナライザー

https://junkan-toushi.com/

▷ 体験版を申し込む


 

ウォーレン・バフェットも循環相場に対応

株式市場の”循環物色”は、変化が激しい相場環境で重要度が増しているファクターと言えます。

8月末から日本株を買い始めた著名投資家ウォーレン・バフェット氏の動きは、コロナ禍で循環物色が起きていることを象徴する出来事です。

ウォーレン・バフェット氏の投資会社にあたるバークシャー・ハザウェイは、割安化した日本5大商社(三菱商事、伊藤忠、三井物産、住友商事、丸紅)株を発行済み株式数の5%超えまで購入、9.9%まで買い増す可能性を示唆しました。

日本市場でも循環物色が起きたのが外食産業。

事の発端はヴィーガン人口の増加を見込んだ米国マクドナルドを中心とした代替肉使用の公表です。

代替肉使用の公表を受け、米国株のビヨンド・ザ・ミートの株価が上昇。
※植物由来のバーガーパティやソーセージを開発製造する米国企業

この市場の変化に反応した国内外の投資家が、日本国内の代替肉を扱う企業の投資に参入しました。

外食産業に循環物色が起き、代替肉のレトルトカレーを販売する森永製菓、大豆を使ったビーフジャーキーを開発する亀田製菓などが注目されました。

このように相場の循環は市場で日々起こることです。

頻繁に発生する株式市場の循環サイクルを解析する機能を搭載した循環物色アナライザーは、有望株を探すのに理に適った銘柄スクリーナーと言えます。

循環物色アナライザー

https://junkan-toushi.com/

▷ 体験版を申し込む


 

スクリーニング条件は人工知能が最適化

循環物色アナライザーは、資金が集まりそうな個別銘柄を選別するシステムが組まれています。

PBR、ROE、売上高成長率、自己資本比率など各株価指標の条件設定で結果に差が出るスクリーニングツールと違い、ディープラーニングを続ける循環物色アナライザーは、”今買うべき銘柄”を選別するための条件を最新鋭のAIが自動で最適化。

ツール名 解析者 条件設定 投資知識
循環物色アナライザー AI 不要 あれば良
スクリーニングツール 自分 必要 必要

※銘柄を絞る条件設定は自分で行う必要があるため

極端に言えば、株式投資の知識や経験がなくても有望株が分かるのです。
 

相場の循環を使ったスクリーニングは循環物色アナライザーだけ

循環物色アナライザーの特徴は、株式市場のあらゆる循環を解析するシステムを搭載している点です。

循環物色アナライザーもスクリーニングツールも、財務、コンセンサス、株価パフォーマンスなど、様々な株価指標の数値を基に有望株の選定を行います。

しかし、市場の循環物色を測る指標はないので、株価指標の数値だけで選別を行うスクリーニングツールは、時に今買うべきではない銘柄まで抽出してしまう事があります。

例えば、木村化工機(6378)。

木村化工機(6378)の株価指標※はPER10.1倍、PBR1.12倍、ROE14.5%、ROA5.6%
※会社四季報2020年1集より

経営効率は良好、割安性も十分なため有望株と言ってもおかしくありません。

しかし肝心の株価推移はというと、コロナ禍で株価下落後から横ばいの状態。本当に有望株かというと疑問が残ります。

他のスクリーニングツールと一線を画す機能を搭載する循環物色アナライザー。どんな個別銘柄を抽出するのかは、その目で確かめて下さい。

循環物色アナライザー

https://junkan-toushi.com/

▷ 体験版を申し込む


 

循環物色アナライザーの料金プラン

循環物色アナライザーは「長期モデル」と「短期モデル」の2つの料金形態を用意。

提供銘柄タイプ、利用期間が異なるので、自身の投資スタイルに合わせてプランを選んでみて下さい。
 

料金プラン①:長期モデル

循環戦略66
循環物色アナライザーの循環戦略66

循環物色アナライザーの循環戦略66

■価格
1,200,000円(4週間) 2,400,000円(12週間)/3,600,000円(24週間)
■提供銘柄範囲
バリュー+グロース+ディフェンシブ銘柄+テーマ+空売り+材料株
■概要
・弊社が考える株式市場の全てのサイクルで「最適」とAIが判断した個別銘柄を抽出
■抽出銘柄数
最大50銘柄
■ピックアップ銘柄
2銘柄
■利用期限
初回起動から最短4週間、最長24週間
■配送時期
弊社着金確認が完了後、最大4日

循環戦略56
循環物色アナライザーの循環戦略56

循環物色アナライザーの循環戦略56

■価格
800,000円(4週間) 1,600,000円(12週間)/2,400,000円(24週間)
■提供銘柄範囲
バリュー+グロース+ディフェンシブ銘柄+空売り+テーマ
■概要
・5種類のタイプから、AIが今後期待出来ると適切に判断できた銘柄を抽出
■抽出銘柄数
最大50銘柄
■ピックアップ銘柄
2銘柄
■利用期限
初回起動から最短4週間、最長24週間
■配送時期
弊社着金確認が完了後、最大4日

循環戦略46
循環物色アナライザーの循環戦略46

循環物色アナライザーの循環戦略46

■価格
400,000円(4週間) 800,000円(12週間)/1,200,000円(24週間)
■提供銘柄範囲
バリュー+グロース+ディフェンシブ銘柄+空売り
■概要
・4種類のタイプから、AIが今後期待出来ると適切に判断できた銘柄を抽出
■抽出銘柄数
最大50銘柄
■ピックアップ銘柄
2銘柄
■利用期限
初回起動から最短4週間、最長24週間
■配送時期
弊社着金確認が完了後、最大4日

循環戦略36
循環物色アナライザーの循環戦略36

循環物色アナライザーの循環戦略36

■価格
200,000円
■提供銘柄範囲
バリュー+グロース+ディフェンシブ
■概要
・3種類のタイプから、AIが今後期待出来ると適切に判断できた銘柄を抽出
■抽出銘柄数
最大50銘柄
■ピックアップ銘柄
2銘柄
■利用期限
初回起動から4週間
■配送時期
弊社着金確認が完了後、最大4日

 

料金プラン②:短期モデル

投資戦略:材料株
循環物色アナライザーの投資戦略:材料株

循環物色アナライザーの投資戦略:材料株

■価格
500,000円
■提供銘柄範囲
材料株
■概要
・新製品や新技術の開発などをきっかけにして人気を集めている銘柄
■抽出銘柄数
最大20銘柄
■ピックアップ銘柄
2銘柄
■利用期限
初回起動から1週間
■配送時期
弊社着金確認が完了後、最大4日

投資戦略:空売り
循環物色アナライザーの投資戦略:空売り

循環物色アナライザーの投資戦略:空売り

■価格
200,000円
■提供銘柄範囲
ディフェンシブ+トレンドフォロー
■概要
・国内3700以上の銘柄からAIが「次に下降トレンドを迎える銘柄」を予測
■抽出銘柄数
最大20銘柄
■ピックアップ銘柄
2銘柄
■利用期限
初回起動から1週間
■配送時期
弊社着金確認が完了後、最大4日

投資戦略:DTF

循環物色アナライザーの投資戦略:DTF

循環物色アナライザーの投資戦略:DTF


■価格
150,000円
■提供銘柄範囲
ディフェンシブ+トレンドフォロー
■概要
・AIが値動きの安定した銘柄、トレンドフォロー(順張り)に適した銘柄を抽出
■抽出銘柄数
最大20銘柄
■ピックアップ銘柄
2銘柄
■利用期限
初回起動から1週間
■配送時期
弊社着金確認が完了後、最大4日
投資戦略:PR
循環物色アナライザーの投資戦略:PR

循環物色アナライザーの投資戦略:PR

■価格
50,000円
■提供銘柄範囲
バリュー+グロース+ディフェンシブ
■概要
・AIがリターンリバーサル(逆張り)に適切と判断した銘柄を抽出
■抽出銘柄数
最大20銘柄
■ピックアップ銘柄
1銘柄
■利用期限
初回起動から1週間
■配送時期
弊社着金確認が完了後、最大4日

 

循環物色アナライザーの申込み手順

循環物色アナライザーを活用するには3つの手順を踏みます。

①:公式サイト の赤枠「メールアドレスを入力」欄にメールアドレスを入力
②:「無料体験を申し込む」をクリック
③:返信メールに記載されているURLから必要な情報を入力

以上で申込み完了です。

ちなみに申込みを済ませると、循環物色アナライザーの1週間無料版が利用可能

気軽に解析システムの精度を体験できます。
 

循環物色アナライザー 元証券マンも活用したい銘柄選定ロボ

目まぐるしく変わる現在の株式市場において、相場の循環を先読みするプログラムは有用です。

AIが学習を繰り返すことで日々精度を高めながら”今後注目を集める銘柄タイプ”を識別、次に来る上昇期待銘柄を予測するシステムに評判が集まるのも納得できます。

株式市場はまだまだ不安定な状況です。

循環物色アナライザーを活用して、銘柄選びの質を上げてみるのもいいと思います。

循環物色アナライザー

https://junkan-toushi.com/

▷ 体験版を申し込む

 この記事のコメント

口コミはありません

 コメントを残す

コメントを残す