馬渕磨理子 フィスコアナリストの経歴や活動状況 元証券マンが解説

 2020/03/19

馬渕磨理子さんはフィスコリサーチレポーターとして、個別銘柄の分析を行っています。

活動範囲は銘柄分析に留まらず、コラムの執筆やセミナーの登壇など多肢にわたります。

そこで、元証券マンの管理人が馬渕磨理子さんの経歴や活動状況を紹介。

馬渕磨理子さんの最新情報を受け取りたい方は、ご一読いただけますと幸いです。

馬渕磨理子 高学歴で華やかな経歴

馬渕磨理子さんのプロフィール・経歴から紹介します。

本名馬渕磨理子(まぶち まりこ)
生年月日 / 年齢1984年4月27日 35歳
出身地滋賀県
出身大学同志社大学法学部卒 / 京都大学公共政策大学院
資格認定テクニカルアナリスト
職歴・FISCOアナリスト (2015年3月1日~)
・日本クラウドキャピタルマーケティング (2018年2月1日~)
・FUNDINNOエンジェル投資家
SNSTwitter
Facebook
インスタグラム
公式公式サイト
アメブロ
メディア実績PRESIDENT
日刊SPA!
・週刊SPA!
・日経CNBC
・ダイヤモンドZAI!
・産経新聞
Yahoo!ファイナンス
・週刊女性
・マネックス証券(テレビCM)

 

馬渕磨理子さんは京都大学公共政策大学院の修士過程を修了。

その後、医療法人で資産運用・管理を行い、財務・経営分析力を培いました。

現在はフィスコで個別銘柄・市況の分析をする傍ら、ベンチャー企業でマーケティングに従事。

不定期でメディアのコラム執筆や、セミナーで講師もしています。

引く手あまたの馬渕磨理子さんは、多忙な業務を熟しているのが伺えますね。

余談ですが、馬渕磨理子さんは2008年ミス同志社大学に選ばれています。

評判通りの美貌で、美人アナリストとしても投資家から注目されているようです。

「投資の女神」と呼ばれている向後はるみさん のように、今後も業界を盛り上げてほしいと思います。

 

3種類のSNSの特徴

馬渕磨理子さんはTwitter、インスタグラム、Facebookの3つのSNSから情報発信しており、各SNSで役割が異なります

すべてのSNSを活用する必要はないので、自分に合ったサービスを利用して下さい。

Twitter
馬渕さんが気になっている記事を拡散。タイムリーな情報もツイート
Facebook
主に1日の概況を記述しています。株・仮想通貨の相場観も発信
インスタグラム
メディア掲載の紹介やプライベートを写真で配信

 

ブログはリニューアル 公式サイトは更新停止

馬渕磨理子さんの発信情報を受け取りたい方はアメブロをブックマークしましょう。

ブログ内容は、馬渕磨理子さんに関する情報中心。

マーケットの知見だけでなくメディア掲載情報やセミナーの開催告知を確認することができます。

更新頻度は不定期ですが、馬渕磨理子さんの動向を把握するため、SNSと合わせて抑えるのがいいと思います。

※公式サイトは2019年10月4日から更新停止中。

 

馬渕磨理子 テクニカル・ファンダメンタル2つの分析法を活用

下記のツイートをご覧ください。

3月の日経平均株価をテクニカル・ファンダメンタルから分析をしていました。

テクニカル分析

3月17日:フィボナッチ分析で株価動向を予測

 
ファンダメンタル分析

3月13日:PBRで相場の過熱感を観測

馬渕磨理子さんは「テクニカル分析をメインとした為替相場が得意」と発言しているものの、しっかりファンダメンタル分析も行うようです。

認定テクニカルアナリストの資格を持つだけあり、多角的な分析が行えるのでしょう。

さらに画像も添えた丁寧な解説です。

事例はツイッターでしたが、馬渕磨理子さんは複数の分析視点を持っているので、分析方法も学びながら情報活用できるでしょう。

 

銘柄選びは外的要因重視

2020年1月1日公開の日刊SPA!で、馬渕磨理子さんがお宝銘柄を選んでいました。

結論から言いますと、馬渕磨理子さんは外的要因を踏まえながらテーマ株を選定します。

・2019年12月5日 政府の大型補正予算案決定。国土強靱化関連銘柄に注目
・2020年11月 米国大統領選挙。この年の後半に株高が停滞すると予測

国土強靱化関連銘柄の出遅れ株に目を向けていました。

下記はその一例です。

インフラ整備公共事業が拡大するため、ゼネコン関連は経済対策の恩恵を受けやすい。中でもITを導入し、ICT化を推し進める企業が伸びると思います。たとえば『自律制御システム研究所(東マ・6232)』。同社は世界初の商用ドローン専業メーカーで、’19年11月には日本郵便が福島県内で始めた郵便局間のドローン輸送に機体・システムを提供しています

引用元:ボーナス全張り!“補正予算”関連のお宝銘柄/馬渕磨理子

1月1日情報公開のため、大発会の1月6日を自律制御システム(6232)の買い日とした場合、株価は始値3,225円。

3月18日現在は終値1,799円のため、騰落率-44.2%です。

コロナ相場の影響で結果は散々ですが、株高が続いていたら上昇していたかもしれません。

相場が落ち着いた頃に、再度検証をしたいと思います。

 

馬渕磨理子 複数の情報源から活用を

馬渕磨理子さんは媒体やSNSによって情報発信の内容が異なります。

そのため、投資家によっては不要な情報もあるでしょう。

情報が多すぎることでかえって投資を邪魔する可能性もあるので、まずは必要な情報源を絞ってみることをおすすめします。

 この記事のコメント

口コミはありません

 コメントを残す

コメントを残す