エンベロープの見方 株式投資の実践で「見極める術」を元証券マンが解説

 2018/07/25

エンベロープはテクニカルツールの1つで、移動平均線を使って株価動向を予測する指標です。

移動平均線と乖離率(かいり)の上下線を設定して、株価推移を先読みするものです。

そこで、元証券マンの管理人がエンベロープの見方を解説。テクニカルツールの中でも簡単に使える指標のため、あなたの株式投資に活かして下さい。

 

エンベロープとは?

エンベロープは「包む」という意味を持ち、「乖離率の上下線の範囲内で株価が動く」という見方をします。

エンベロープには株価が上下しても移動平均線に戻ってくる性質があります

そのため「移動平均線から株価が離れても反発(反落)して戻ってくるだろう」と予測が立てられるわけです。

チャート図で見ていきましょう。

例として25日移動平均線(青)に対し、±5%(赤)・±10%(緑)のラインを引いてみました。

エンベロープ 25日移動平均線に±5%・±10%乖離線

エンベロープ 25日移動平均線に±5%・±10%乖離線

±5%(赤)・±10%(緑)のバンドは25日移動平均線(青)に並行しながら動きます。

このバンドにローソク足がタッチする時を見極め、現在の株価は移動平均線からどれだけ乖離しているのか確認していきます。

それでは、エンベロープの見方に触れていきましょう。

 

エンベロープの見方 「順張り」「逆張り」の判断方法

エンベロープの基本的な見方は、移動平均線を軸に、

・ローソク足が下のバンドにタッチすると上昇する買いサイン
・ローソク足が上のバンドにタッチすると下落する売りサイン

というように判断をします。

実用例を見ていきます。

「順張り」で使用する方法

エンベロープ -10%のバンドにタッチ

エンベロープ -10%のバンドにタッチ

上の図の丸で囲った下ヒゲ陰線を見てみましょう。

安値が移動平均線より-10%乖離したバンド(緑)にタッチしているのが分かりますね。

その後、株価が反発しているのが分かるので、順張りの買いサインであったと言えます。

 

「逆張り」で使用する方法

エンベロープ +10%のバンドにタッチ

エンベロープ +10%のバンドにタッチ

上の図の丸で囲ったローソク足を見てみましょう。

移動平均線より+10%乖離したバンド(緑)にタッチしています。

移動平均線から株価が離れると、移動平均線に戻る力が強まるので、逆張りの売りサインだと判断できます。

 

エンベロープの見方 銘柄選びの2大ポイント

続いて、エンベロープを上手に活用できる銘柄選びのポイントを2つ紹介します。

 ポイント

1:出来高が多い銘柄を選ぶ
2:バンド幅内で反転する銘柄を選ぶ

 

1:出来高が多い銘柄を選ぶ

エンベロープを実践するなら、出来高が多い銘柄を選びましょう。

エンベロープは株価の上下から乖離率を読んで判断する指標で、出来高が多いほど精度が上がります

そのため、まずは流動性が高い銘柄を探すことから始めてみてください。

投資経験の少ない投資家は、日経平均採用銘柄 から探してみるといいでしょう。

 

2:バンド幅内で反転する銘柄を選ぶ

次に、バンド幅内で反転する銘柄を探してみましょう。

下のチャートを見てください。

この銘柄は約半年に渡って、バンド内で株価の上下を繰り返していました。

エンベロープ 株価が一定間隔で推移する銘柄

エンベロープ 株価が一定間隔で推移する銘柄

チャートを見ても分かる通り、同様の値動きが続くと、その後も継続する値動きとなる傾向があります。

同一のバンド幅の中で何度も株価上下すると、先読みがしやすいので、売買サインを見逃すことなく取引を実践できると思います。

 

エンベロープの見方 乖離率設定の注意点

バンドの乖離率は自身で設定ができます。

乖離率を自己設定することで、エンベロープがよりきれいな形で表れるように調整できます。

エンベロープが機能していると、反発(反落)を見極める精度が上がります。

しかし、乖離率の設定値を誤るとバンド内に納まる形で表示されないので、適切な売買サインを逃すこともあります。

下の図は、左が機能しているエンベロープ、右が機能していないエンベロープです。

エンベロープ (左)機能している (右)機能していない

エンベロープ (左)機能している (右)機能していない

 

エンベロープの見方 ポイントまとめ

エンベロープの見方のポイントをまとめます。

・バンドにタッチで売買判断
・出来高の多い銘柄を選ぶ
・外側のバンドで反転を繰り返す銘柄を選ぶ

エンベロープの見方はシンプルなので、売買サインの判断は簡単にできると思います。

重要なのは銘柄選びと乖離率の設定です。

エンベロープに適した銘柄を見つけるため、できるだけ「出来高が多く」「外側のバンドで反転」している銘柄を選んでください。

バンドもローソク足がバンド幅に納まるように設定をしなければ、エンベロープは機能しません。必ずバンド幅に収まる形で調整をするようにしてください。

また、テクニカル分析には「トレンド系」「オシレーター系」のテクニカルツールをセットで使えると、投資精度が向上して、より効果的です。

エンベロープはトレンド系なので、例えばMACD などのオシレーター系も合わせてみることもおすすめします。

 コメントを残す

コメントを残す